アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おっぱい3種の神器~私バージョン~

母乳育児をしていきたいと思ったのは早々と高校生の頃から。ある意味早熟!?(笑)
(私の高校では大学の講義形式の選択式授業が多く、成績もレポート1本のみ。「母と子の絆」という授業を選択した際、母乳育児のことや、胎児のこと、子どもの心理学など年間通じて学んだことが、今でも役にたっています。でも現実に体験するのが一番の学びですわーね。)

その中で母乳育児のメリットを学んだ私。色いろな理由で母乳育児できなこともあると思いますが、選べるならば、許されるならば母乳を選択が私のモットー。
さすがに、乳腺炎についてまでの知識はなかったけれど、できるだけ、おっぱいトラブルを回避できる方法は・・・と考えていたときに先輩ママさんLさんから教えていただいたハーブティー↓。
d0150199_5244531.jpg出産当日から飲み始めました。midwifeもほめてくださるほど、最初からおっぱいの出はよく、また最初の2日ほどはパンパンに張ったものの、今は張ることなくおっぱいだけが出るという状態です。私はこのハーブティーのおかげだと思ってます。日本でも結構有名なようで、某女優さんとか、作家さんもこのお茶の恩恵にあずかったとか。マリエン薬局HPはこちら


d0150199_5235234.jpg
そしてこちらのニップルシールド。おっぱいの出には問題ないのですが、左右のおっぱいの大きさ・乳首の長さが違うため、右側のおっぱいと大将Mは吸えません(涙)そこで登場したのがこちら。たまたま友人が使用しなかったものをくれたのですが、これが役にたってます。
でも、これって長い間常用するものではないのですが・・吸う力が以前よりついてきたとはいえ、これなしでは大将Mは右側おっぱいを吸ってくれません・・。
先日もMidwifeがこのニップルシールドなしで、右側おっぱいを飲ませようとしましたがギャン泣き!抵抗、おっぱいと戦う・・・・。Midwifeもこれにはあきれて、「もうずっとこれ使ってなさい」と言う始末・・・。外での授乳はこれつけてると結構大変なんですけど・・・・(涙)
いずれにしても、こちらの品がなければ、わが子は片側おっぱいのみで育てるしかなかったので、ニップルシールドさま・さまです、はい。


d0150199_5215345.jpgただ、買ってみた、搾乳機。案外これがよかったかも。おっぱいを保存しておきたいときや、張りすぎてしまったときは便利ですね。電動のもあるようですが、私は手動でOKです。中古品¥300でGET。もともとは¥3990くらいするようです。それはいかんせん高いな~。


神器入りさせてもらえなったのはこちら・・・(苦笑)だって、これつけてると、わが子が中でばたばたしたりするのを見るのが大変で、結局邪魔でとってしまうパターン・・。おされなストール
風ケープも今じゃぁただの布切れ・・・。おーのー。
d0150199_2104014.jpgd0150199_211999.jpg

現在、半裸の大仏状態で授乳育児しております。こんな授乳ではお外や友人宅に
お邪魔して、さらっと洋服めくって授乳は絶対無理・・・(涙)

どなたかアイディアありませんか・・・?

授乳って奥深い、たかが授乳、されど授乳な日々です。
[PR]
by nachimama83 | 2008-10-17 02:22 | *妊婦・ママグッズ・情報