アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アイルランドでの結婚式

5月に旦那の唯一のきょうだいである、私にとっては義妹が遂に結婚いたしました。2年ほど前から旦那さんとともに、オーストラリアに移住しています。旦那さんも、義妹もアイルランドのコーク出身ということで、オーストラリアやスペイン等々検討はしたようですが、結婚式は地元のアイルランドであげることにしたようです。

ということで、結婚式がメインで私たちもホリデーで約1年ぶりに私たちもアイルランドへ帰りました。


式ではうちのちびたちは、Page boy and Flower girlというお役を頂戴したわけですが、太陽は我々心配していた通り、本番ではバージンロードを歩くことを拒否し、大将だけがお仕事を務めたわけです。


義妹のこだわりも良い意味で強いので、子どもたちはもちろんのことですが、家族の着るドレス・スーツも色々と指定があって、ほーーーーーーーーーーーーーーんとに大変でした。子どもたちのものなんか、サイズもうまくあわなかったりで、何度お店に返品したことか・・・。私は花嫁でも何でもないのに、まぁ、結婚式が終るまで、というより、式前の準備でかなりストレスフルでした。。。。。。もう、こんな式は絶対に参加したくない!!!と旦那にストレスをぶちまけるも、「これで最初で最後だから、我慢してください」との一言。本当、これで最後であってほしい。もう1回、式を挙げることのないように、心から彼女の結婚を祈ったアイルランドホリデーでした(苦笑)
そんなこんなでしたが、義妹のドレス姿は美しかったです。おめでとう、義妹よーーー!

d0150199_2058866.jpg


アイルランドはまだまだ家族・familyの絆が色こーーーーーーーーーーーく残っているので(イギリスよりはるかに濃いです!)アイルランドの毎日はひたすら親族に会う日々でしたが、旦那は満足のようでした(笑)私はゆりアレルギー勃発で、義妹の結婚祝いに届く花たばほとんどに、ゆりがはいっており、顔がパンパンにはれあがったり、はたまた、あまりにすることがなく、暇すぎて、蕁麻疹が出たりと、相変わらずでしたが、M家にとっての今年の1大イベントが終了して、みなほっとしています。でも、私の今年のイベントは日本への里帰りです!楽しみ~♪
[PR]
# by nachimama83 | 2014-05-31 20:55 | ママの出来事・お出かけ

Digger Land

久しぶりの・・・ブログ更新ですが、何とか元気に生きております。まぁ、日々大したことはしていないのですが、あっという間に過ぎていきます。。。。。


このハーフタームの頭に友人家族と一緒にDiggerlandへ行ってきました。前泊して、当日朝一ので乗り込みました。お天気は正直、良くなかったのですが、それでも、カッパ着ながら十分楽しみました!
d0150199_6455893.jpg

日本ではこういうアミューズメントパークはないかもしれませんが・・・。イギリスの太っ腹!JCBといって、イギリスの重機メーカーが、自分のところの重機をそのまま、遊具として使わせるParkです、かなり本格的というか、ほとんど本物だと思われます。を、子どもと操縦したり、はたまた乗ったりと、体力消耗が激しかったのですが(笑)ここで写真はないのですが、ブルトーザーを操縦したのが、一番の思い出です。(かなり怖かった;笑)大人でも十分楽しめます!
d0150199_6453485.jpg



この旅行をオーガナイズしてくれた友人に感謝とともに、TESCOのバウチャーで4人分のチケット代がフリーであったこともありがたかったです。
d0150199_6464529.jpg

子どもたちも大大満足の非常に楽しい1日となりました。
[PR]
# by nachimama83 | 2014-05-29 06:52 | ママの出来事・お出かけ

はまってます。

最近・・・手ごねパン作りにはまってます。ちょっとこげ、マヨネーズのせすぎと家族には不評・・・
いいもん!負けないのだぁ!
d0150199_433591.jpg

[PR]
# by nachimama83 | 2014-04-18 04:33 | ママ made
d0150199_753117.jpg(クリスマスの時の太陽)
かなり成長記録を更新していないので、どこからさかのぼっていいのかも、分からなくなり・・・もう、いいや、記録なんてやめてしまえぇ~という自分もいるのですが・・・・(というか、そういう気持ちが続き、今日の今日まで来てしまいました)
が、やっぱりとりあえず、何でもいいから記録しようと思い、振り返りというより、現時点のことをつづろうと思います。


d0150199_763891.jpg(ダディ大好きの巻き)☆性格について非常にユニークで個性が強いなぁ~というのが、この2年半の印象。最初に彼女の個性の強さを思いしったのは、はいはいが出来るようになった頃。夜泣きが始まるとなぜか、泣いて怒って、自分で私たちのBEDを抜け出し、廊下まではいはいし、廊下でうつぶせになって泣き続けること。迎えにいかねば、何時間でも底で泣き続けるという、とんでもない0歳児でしたが、今もそんな感じです。お兄ちゃんの時は、言えば分かるという人だったので、言っても分からない(いや、理解したくない、都合よいことしか吸収しようとしない)太陽には色々なしつけの面でもかなり時間がとられるように感じています。でも、なんだろう・・・二人目ってかわいいのでついつい・・・甘くなっている気が・・・。特にダディは完全に娘の支配下におかれており、それにじゅうじゅう気がついていますが、全く抵抗することも出来ず、この写真のように、完全にノックアウト状態です。なんじゃこりぁあ!?

大将と太陽ではキャラが違いすぎて、もう完全に子育ても1からと感じる日も多いのですが、共通していこともいくつかはあるかな。その大きな一つとして、大将も太陽も、何時間でも一人遊びできること。これは、かなりすごいなといつも感じています。親としては・・・ありがたく、かなり助かっていることもあります。兄妹はもちろんけんかはしょっちゅうですが、仲はかなりよく、大将に彼女が出来ようもんなら・・・太陽の怒りとジェラシーが大変そうだなぁ・・・と今から思います。

反対に・・・ソーシャライズという意味では、あまり友人を作っていこうとするタイプではないので、pre schoolでも好きなお友達は1人のみ。しかも、それも年上の男の子で、その男の子というのは、大将がそのpre schoolに通っていたときに大将4歳、男の子2歳ジャストということで、よーーく面倒をみてあげていた男の子だったのです。そんなことは知る由もないのですが、兄妹のテイストってどこか似ているんでしょうか?お兄ちゃんがお気に入りだった年下の男の子(太陽にとっては年上のお兄ちゃん)が兄妹そろって好きってなんか不思議だナァ~と。同じ臭いでもあるのでしょうか?

大将も幼少の頃はかなり人見知りで、私を離れなかったのですが、それにも増して、太陽はshyでなかなか同年代の子には心を許さないなぁ~というのが、私の印象です。この先、お兄ちゃんのように、少しずつでもいいから、お友達を作れるようなタイプになっていってほしいなぁ・・と。


☆言葉について
そもそも、私も旦那も小さい頃は言葉が遅いほうだったようで・・・。遺伝するかどうかは分かりませんが、やっぱりそうなんだぁ・・という感じ。女の子だからおしゃまだから=お話し上手ってことではないようです。たどたどしく一生懸命話そうとする姿も非常に可愛くて見ている分には♡をくすぐられることも多いのですが・・・
ここ最近までは英語がものすごく強く、日本語がほとんど出てこない状態でした。私が言っている日本語については基本的に理解できている感じでしたが、返事は全て英語だったので、お兄ちゃんの時以上に、日本語で返事が出来るよう、毎回、その都度訂正していることが多いと感じています。ただ、訂正された際、嫌がらずに日本語で話そうとはしてくれるので、そこは救いかな。こういう一つ一つの積み重ねが、バイリンガルを育てるのだ!と私も頑張るのですが、気を緩めると、子どもの英語くらいは理解できてしまうので、やはり英語に流れがちです。ママもしっかりせねば。
ただ、ここ最近文字を読むことにはかなり興味が出てきたようで、日英問わず、何が書いてあるかどうか知りたい様子。


本・歌は大好きです。だからこそ、本当はそこからもっと伸ばしてやればいいのだろうけれど・・・・。なかなかかまってやれない。5分・10分でいいのにねぇ~。家にいると、ついつい家事やらお兄ちゃんの指導が中心になってしまっています。ただ、彼女は自分で自分を育てるというようなことをするタイプで、日本語の歌もそんなに直接教えたわけではないけれど、歌える数はけっこうあるなぁ~と。歌が鳴る日本語のおもちゃを一人で聞いてはマスターして、随分歌えるようになりました。

☆夜泣き・睡眠について
2歳になるまで1日も朝まで寝たことがなく、最低1回は夜泣きしていた太陽ですが、2歳半を過ぎたあたりから、夜泣きはしないで、私達のBEDにもぐりこむことが多くなりました。ただ、夜泣きはしないまでも、半分夢を見ながら、私達のBEDで怒り狂うことも多く・・・それで何度も私が起されるということがあります。あーーー早く一人で自分のBEDで寝てほしいなぁ~。


☆食について
書きたくないが・・・生まれからこの方、食欲が治まるということがなし、pre schoolにいってから治まると思ったけれど、それもなし。ひたすら食べたい食べたいという彼女の欲望をどう抑えるのか・・・これま課題・・・。


☆プリント学習について☆

2歳半からはちゃんとしなきゃと思いつつ、なかなか毎日プリントを学習すると言う子が出来ない。気分のむらもあるし、こちらがそれにつきあえるほどではない。それでもここ最近はKUMONを毎日するというリズムが随分ついてきたようで、自分からするっ!という日もかなり増えてきた。
ひらがなは単体では随分前から覚えていたけれど、単語で読むことが出来ずにここ数ヶ月過ごしていたけれど、随分と読めるように。

d0150199_644081.jpg数字はある意味、お兄ちゃんよりセンスがあるようにも思うが、この先どうなるか。数字を書きたがり、運筆練習はしたがらない。まだ1-10までしか数唱は出来ず、30まではちょっとあやふやな感じ。お兄ちゃんの時はもっとしっかりやっていたし、この時期は30まではちゃんと数唱できて、表を見ながらなら50までは出来ていように思う・・・・・ここでも母の手抜きがばればれ・・・。


☆トイレトレーニング☆
去年の夏で一旦STOPしてしまったトイレトレーニング。うんちは完全にトイレできるようになっていて、うんちのお漏らしはなし。(※お兄ちゃんとは逆)おしっこはぜんぜん、トイレでする気がない・・・。9月のナーサリー入園までに・・なんとかせねば・・・いや、日本里帰りまでになんとかしたいのであります。



もう3歳が迫ってきているーーー!!色々な意味でなんとかせねば!!
[PR]
# by nachimama83 | 2014-04-03 06:53 | 2歳半~3歳
正直、私が学習していた時代は国語教材400枚ではなかったので・・正直Ⅱの部分はもっと読み物感覚教材で考えていたけれど・・・(しかも、できれば1回学習なんて思っていたけれど・・・)何何!!このⅡ教材ってすごいな・・・。基本は2回学習で進んでいるけれど・・・。大将の語彙力や漢字の読み書きの定着を待とうとすると、2回学習では正直・・心もとない感じ。

日本に住んでいるわけではないので、国語は学年相当をKEEPし、学習継続できたらそれでもう上出来!とは思っているけれど、AⅠ教材復習3回 AⅡ教材復習2回の1日5枚学習だと、1教材終了するのに、通算1000枚学習することに。AⅠ・Ⅱ教材終了するのに・・・約7ヶ月かかるのであります。必要ならばそれはしょうがないと思うけれど、一旦AⅠは2回学習で進めてみて、ダメなら最後に1-200の総復習を入れるか検討中。

自分は学習したことないけれど、教材が絵本と連携していて、読解問題・漢字学習とよく出来ているなと関心する。でも、海外に住む5歳児が学年を越えてこの分量を学習といのは、インプットする量が1回に多い気も正直している。でも、やはりこれをせずには前に進めないのではないか・・・と思う今日この頃。実は、算数以上に苦しいことも。頭を働かせても、分からない語彙は教えてもらうまで分からない。読解できていないところは、こちらが読み聞かせるように読み、さらに紐解くように、質問してあげないと答えられないことも多々ある。

こんな風に進ませていて・・・よいの・・・?どこかで、大きく一度ぐっと復習することは、算数以上に大切かも。

メモを付け忘れていたので、あくまでこちらは回想記録として残します。


(学習スタート5歳何ヶ月・・・?記録なし・・終了時5歳4ヶ月)
(視写1-5×2回学習)
AⅡ1-10  視写1 「おおきなかぶ」この話は知っているので、読みも比較的スムーズ。

AⅡ11-20 視写2 「11匹のねこ」大好きな本なので、よく知っているので、学習は楽しそう。でも、カタカナの書き写しがあり、時間がかかる。

AⅡ21-30 視写3 「おじさんのかさ」独特のフレーズがあり、それを書き写すときに間違えることあり。

AⅡ31-40 視写4 「あひるのバーバちゃん」「あんぱんまんとばいきんまん」学習する前に読み聞かせしたということもあって、音読はあまりうまく出来ないように思う。視写をすることに何の意味があるのだろうと思ってはいたけれど、読んだ(知っている)文章を書き写すってやはり意味のあることなのかも・・と思う。(うまく説明できないけれど)

AⅡ41-50 視写5 「カレーライスはこわいぞ」 絵本としてはこれま読み聞かせしていた本より少し長い。でも、話の内容は好きなようで、学習も楽しそう。

AⅡ51-60 すいせん図書「はれときどきぶた」私も小学生の時に大好きだった絵本。大将も続きをわくわくして聞いたいた。感想文・・・何を書いていたか、母忘れる。でも、ものすごく印象的だったようで、シリーズを読んでみたいとのこと。

AⅡ61-70 短文づくり1 「おやつがほーい どっさりほーい」以前本を読み聞かせしたこともあるのに、本の内容を理解していかなった大将。プリント学習しても、主人公が泥で作ったおやつを本物のおやつだと思ったいた大将。がっくり・・・。この人の読解力はどうなっているんだ・・・。

AⅡ71-80 短文づくり2 この箇所はなぜか難しかったよう。名前がピーター、スージーとあるけれど、英語名なのに、日本語発音で読むものだから、スージーが妹の名前だということが理解出来なかった模様・・・。(でも、絵本を読んだときには理解していたんだけれど・・)設問に答えられていても、おもちゃのわにと答えないといけないところを「わに」のみ答えたり、きちっと正解を記入することを伝える。

AⅡ81-90 順序づけ1 「しろいうさぎとくろいうさぎ」花の名前クロッカスが分からなかったりと、細かいうさぎの行動の描写が理解できていないよう。そういった部分は親の説明が必要。また、問題自体がここは大将にとっては難しかったようで時間がかかる。ストーリーの順序づけする部分を間違える。2回目の学習時もやはり、ちょっとこの10枚は難しい感じ。確かに設問の答え方がいつもと何か違う気?紛らわしい?と思うのは私だけか?親子共々、この10枚は苦手かも・・・。

AⅡ91-100 順序づけ2「ふしぎなたけのこ」 昔のプリントでも学習した内容なので、話はきちっと理解できている模様。でも、「たけのこがのびるのに飽きてたけになる」という表現が分かりにくかったよう。そこで問題を間違えることも。インターネットでたけのこと、竹の違いを見せて説明する。

AⅡ100-110 順序づけ3「ジャックと豆の木」唯一、我が家にない絵本。それでも以前学習していたこともあり内容は理解しているようだけれど、おばさんがとジャックがという主語を入れ間違えること数回。特に宝を盗む場面?内容理解が本当は出来ていないのかな・・と思うこともしばしば・・。

AⅡ111-120 順序づけ4「ぼくにげちゃうよ」絵本だけれど、内容的には大人が理解しそうな愛情物語。とりあえず、問題としてはこなしいるが、母親の「お前が●●するなら母さんは●●になってお前に●●しますよ」という文章をみると、誰が誰に何をするのか、分からなくなっている感じ。漢字の部分が2回学習しても定着せず。最後は出来ない読み方「女子」「男子」「父母会」「多い」など私がメモして、数日間、何度も質問することに。それ以外の定着はない感じ・・。漢字定着問題はまた大きな課題だな。

AⅡ121-130 順序づけ5「どうぞのいす」毎回プリントを渡されるたびに、自分の好きな話か、そうでないかまず確認する大将。とりあえず、「どうぞのいす」はかなり小さい時から読み聞かせしていた本なので、話も単純なストーリーということもあり、また話を理解している分、比較的スムーズに進んだ。当たり前といったら当たり前なんだろうけれど・・・読み聞かせの威力を感じた10枚。

AⅡ131-140 順序づけ6「くまさぶろう」絵本なのに、奥が深いな・・・と思わされる内容。最終的にくまさぶろうは人の心までも盗めるようになるのだけれど、そこが理解できているか問われる問題あり。絵本の読み聞かせの時は、ねほりはほり、大将が絵本の中身を理解しているかはいちいち確認しないけれど読み着替えの場合は、現時点での彼の理解力で絵本を楽しめばそれでよしとしているので)実際、こうした国語問題になると、話しの内容をしっかり理解していなければ、答えられないわけで・・・。読み聞かせとしての絵本と、問題に出てくる絵本とは別ものだ・・・と感じる母。

AⅡ141-150 順序づけ7「きいろいばけつ」正直、親の私がこの絵本にはあまり理解出来ない、共感できない・・・心に響かない・・・ということで、大将としても読み聞かせ後はあまり反応がなかった絵本。読み聞かせしていても、登場人物の気持ちが大きく動かず、気持ちの変化がゆっくりというか・・そういう意味で内容も読み取りにくいように思う・・・。正直、解答の部分も●●の子というものが多すぎやしない?

AⅡ151-160 すいせん図書「おしいれのぼうけん」 これまでの読み聞かせの中では1番長い本で回にわたって本を読んだ。本人はこれまでの推薦図書の中で一番好きなようで、学習以外でも本を読んでもらいたがった一冊。

AⅡ161-170 書き順1
AⅡ171-180 書き順2 他の問題集でも、「外国人」を「がいこくひと」と読み仮名を降り続け、何度訂正させても頭に入らないものだから・・・私キレそうになる。いや、きれてしまった。こんなことでキレていては、この先、全く持たない(私の平常心)バイリンガルが漢字を学習し、定着させる(読める・書き取りできる)がこれほどまでに大変なものだとは・・・。でも、繰り返しの学習しか方法はない・・・。
AⅡ181-190 書き順3
AⅡ191-200 すいせん図書「モチモチの木」 古本の中でもちょっとお高めなので、購入をためらっていただけれど、結局最終的に購入した1冊(自分自身が、小さい頃読み聞かせしてもらって、強烈に内容を覚えている1冊でもあったから)大将はどう感じるのか私自身が反応を知りたかった1冊。物語りをなんとなく捉えてはいる様子で、可でもなく、不可でもなく・・・といった反応。これは光村図書の3年生の教科書にも載っていた。出てくる表現も昔の表現が多く、読んでいる私もかなりつっかえた。繰り返し読み聞かせは続けようと思う。

AⅠ・AⅡ終了教材OK.
[PR]
# by nachimama83 | 2014-04-03 06:51 | *KUMONの国語