アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0150199_5214127.jpg大将の時ほど、というよりもこれまで、ほぼほっぽりぱなしのパー子さんだった、太陽に、インプットなるものを本格的に開始しました。とはいっても、時間にしたら10分~15分。彼女の気がのらないときは、そこでSTOPというようなこともよくありますが、やはり少しでもいいので、毎日し働きがけするということが大切なんだなぁと感じ瑠今日この頃。ある意味、inputしたものが、大将の時よりも早めにoutputをする感じがしています。早いものだと、ことばカードで教えた言葉がその場で出てきたり、2~3日後に出てきたり・・・全て数字をtwoと言いながら・・指さしたり・・・(英語ですが)太陽は太陽の吸収の仕方があるように感じます。

この時期はやはり基本的にひたすらinputの時期で色々な言葉・音・色・形・はたまた匂いになじむということが大切だと思っているので、太陽の興味がありそうなものから、一緒に遊ぶかたちでinputしています。基本的には二人で遊ぶという感じ。

以下、毎日のinput

●フラッシュ(七田式の数カード)
●本 5冊程度(※本来は多ければ多いほどいいのですが・・・)
●あいうえお表歌いきかせ
●数字表 きかせ
●ことばカード(太陽が興味のありそうなものに、知らないことばも混ぜながら)
●KUMONの教材の読み聞かせ(本の読み聞かせと同じです)
●数字盤(1~10を置く練習)

******************
時間に余裕があれば、以下のことをプラス

●パズル(2ピースのかたちあわせ)
●色あわせゲーム(赤は赤 緑は緑 黄色は黄色と色分けして遊ぶ)


本人的にはやはり、お兄ちゃんがやっていることをどこまでも真似たいという気持ちが強いので、うまく導けばプリント導入もスムーズに運ぶかもしれません。今は、はさみを使いたがって、まだ・・・さすがに早いと思うので、色々とダメダメダメといってる状態ですが・・・。はさみも・・やってみますかね・・・?うーーちょっとそれはまだ後かな・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-15 05:22 | *月齢インプット・知育遊び
以前、左の後車輪を発注する際、右側も一緒に注文しようと言ったのに
旦那がまだ、壊れてもいないし、そんな必要ないよといって、左のみだけ
発注。左車輪が届くのを待っているうちに、やはり右側の後輪のゴムが裂けてきた。
ほらぁああああいわんこっちゃない!

2回分の送料がもったいない!と私。


でも、なんとかまた、こうして右側の後輪も新しいのに付け替えれたので
これからはしばらくは大丈夫でしょう・・・。


でも・・・・でも・・・今度は前輪のゴムがダメになるかな?



相変わらず、私のブログはベビーカー購入で迷われている方が多くのぞきに来てくれているようなので、誤解されないために、お伝えいたしますと、この後輪取替えは第1子が2008年10月に生まれ、それからほぼ休むことなく毎日使用し、第2子が生まれても、続けて使用し続け4年以上経過した際の、取替えなので、購入そうそうではございません。また、イギリスの地ですので、でこぼこ道等も平気で押し続けた結果です。けして、後輪がやわだったわけではありません!これだけ使っていればねぇ~という感じです(苦笑)

あしからず!
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-11 08:41 | *bugaboo bee

知ってか知らずか・・・

先日のこと、太陽が大将の同級生のママのおなかを指差して
「Baby ねんね~」と言ってきました。

その周りには赤ちゃんはおらず、実はそのお母さんのおなかには
赤ちゃんが!そう、妊婦さんです。でも、そのお母さん、中国系のママでまだおなかは目立っておらず(コートを着ているということもあり)イギリス人からすると妊婦にはまるで見えない細さ。


でも、しっかり太陽には何か見えているようで、

もう1回私が聞き返してみると、

「Baby ねんねぇ~」とママのおなかを指差しながら言ってました。

おなかの中の様子が見えているのかな・・・。やはり、太陽さんはまだあちらの世界に近いのかしら・・?と思わされた出来事でした。


で、最近・・・私の3人目ちゃん希望を知ってか知らずか・・・このBABY人形を肩身離さず・・・・自分のBABY CARにこうして乗せております。傍から見ても、一瞬ぎょっとするみたい(苦笑)私自身もちょっとぎょっとします・・・・

d0150199_61687.jpg


しばらくは・・・おとなしくしてよう・・・っと。
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-11 06:19 | *スピリチュアルな出来事

Nurseryでの大将の様子

ターム毎にNUrseryで子どもがどんな様子なのかを知らせてくれる、お知らせ会のようなものがあります。ここでは面談はなく、子どもたちの様子が詳細にファイルに記録されており、こんな働きがけをすると、大将が「●●」と言った。●●をしたなど、その様子がファイリングされています。先日はそのお知らせ会に参加してきました。時間にすれば30分間設けてありますが、実際は10分くらい、子どもと二人、イスに腰掛け、一緒にこのファイルを見て、その時の様子を聞いたり、本人が説明したり。そこに先生が巡廻しているので、質問があれば、直接先生に聞くという感じです。個人面談は入学当初の1回きりですが、現時点では私はあまり問題がありません。

基本的に大将が楽しく通っていれば、もうそれで90点なので、これまで先生方にどうして欲しいとかといった要求や、また相談は何もしてきませんでした。ただ、下記のように具体的に彼がNurseryで過ごしている様子が分かるのはやはり親としては嬉しいことです。

~~先生と話て初めて知ったこと~~

*英語のサウンドをクリスマス後から習い始めているようで、少しお友達の名前が読めるようになってきた。(家では全く何もしていません)
*数字の見積もりのことをまだ言われる。私としてはもう十分出来るようになってきたと思っていて、というより、ある程度は大事だけれど・・・・。次は10のかたまり、要は3と7 とか2と8とか 1と9というような
10の分解の理解提示された。
*毎日刺激があって、楽しそうに通っているということを伝えると、やはり先生方も大将に対して刺激を与えるのが大変と言っていた(苦笑)彼の興味を持つようなことをしてあげないと、やはりつまらなさそうというか、とにかく常に刺激を求めてますとも説明される。先生方が仕事中、それにくっついて回ることもしばしばで、彼に対しては、お仕事として、他の子を助ける役回りなども与えているよう・・・・。いずれにしても先生方の力によって、家では満たしきれない彼の知的好奇心だったり欲求を満たしてくれているのは、とてもありがたいなと。

自画像                            形を学ぶ
d0150199_220211.jpgd0150199_8331663.jpg

問題解決                           遠足時
d0150199_2211642.jpgd0150199_2214461.jpg

お絵かき                        コスプレデー
d0150199_2223392.jpgd0150199_63372.jpg

数に対して
d0150199_2285753.jpg

これは良く分からないのですが・・・先生自身も説明しにくいので、今度は写真入で説明しますとのことでした。旦那が見ても良く分からないらしい・・・。現時点ではもう少しさらに出来るようになっているとのこと。私の感覚としては、英語と日本語だと、日本語を使用しながらの数感覚のほうが高いと思う。でも、これでもそれほど心配しておらず。最終的には頭の中で、数感覚が高められ、見積もりだの、計算の答えが出ればいいと思っているので・・・・。ただ、この理解度は明らかに日本語で算数の問題をしているときよりかは低いなと。

ロールプレイ(BABY CLINICの先生役)
d0150199_2204393.jpg入学してから1ヶ月ほど経った時に、先生に別室に呼ばれ・・・・「つかぬことをお伺いしますが・・・・そんなことはないと思うのでですが・・・・大将君にお兄さんって亡くなられていますか?」と質問されたことがあります。まさに、このロールプレイをしていた時だと思うのですが、最初は作り話だと思っていた先生ですが、あまりにも信憑性のある話に・・・それも毎回その話が出てくるので、私に確かめたかったようで・・・。もちろん大将が第1子で、兄はおらず、大将が生まれてきてから、「死」に直面したことは未だなく、(日本に住んでいるひいばぁが他界しまいましたが、記憶にはあらず)この「死」ということを用いてロールプレイし続けたようです。昔から、イマジネーションに富んでいるということはpre school時代も指摘を受けたことなのですが、今回はさらに拍車がかかって、先生を信じ込ませてしまったんだなぁと(苦笑)架空のお話しが好きだったり、自分で物語が作るのが好きなようです。悪いほうには流れていってほしくないですね、狼少年のように・・・。でも、基本的には素晴らしいことだなぁと思ってます。
やはり、こういう力は相手の痛みだったり、相手の立場を慮る力につなげていって欲しいと思います。


以前、大将の第1言語は日本語として認定され、それを補うために、毎日無料でNurseryに通えるサポートを受けたとき、複雑な気持ちでしたが、今や、もう本当に良かった良かった、Nursery様様といったところです。
また月~水で学んだことを、木・金で復習できるため、彼の英語力向上にもなっているようで、(他の完全ネィティブちゃんに比べると・・・どうなんだろう・・・と思ってはいますが)Nurseryに助けてもらっています。
親としてはこのNurseryが1年で終わってしまうのが、本当に残念です。




来週はお父さん・叔父さん・おじいちゃんweekということで、ダディとNurseryで朝食、遠足に行く予定です。
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-09 18:01
12月には恒例のクリスマスのバレエを観にいき(今年の演目はシンデレラでした)1月は夏に観たシリーズのThe Gruffalo's childを友人家族とともに観に言ってきました。やはり、バレエ鑑賞は好きなようですが、2月もアラジンのバレエを観にいきたいと大将は口にしたのですが、日本里帰り+上海旅行に向けて、節約なので、今回はごめんよーーーといったところです。

d0150199_747235.jpg最近感じることは、彼の持っているエネルギーと発散する場所(好奇心を満たす場所・時間)がちょうどつりあってきたということです。彼にとっては今通っているNurseryがとにかく、刺激に満ち溢れ、新しいことを吸収できる喜びを感じているようにも思います。次に通う小学校もこういうようなところだといいなぁ・・と。かなり情緒が安定している感じがします。母のほうが、2児の育児でいらいらしちゃったり、もうつんけんしている感じで、反省すること多しの毎日です。



d0150199_7482391.jpg1月はなんといっても大雪で、そり遊びが楽しかったです。太陽はギャン泣きでしたが(笑)私も、大将と楽しみました。以前は赤ちゃんで、やはりあまり雪を楽しめなかっただけに、彼の成長と時の流れを感じた1日でした。


最近の日本語の音読力はこんな感じです。次の教材がかなり難しくなるけれど・・・ついていけるかなぁ。ちょっと音読力が気になりますが、先に進めてみるか、また復習するか迷っているところです。この動画では顕著に分かることは、使い慣れていない言葉(わかい・せんせい)になると途端に先読みが出来ずに、すらすらと読めなくなります。せんせいもいいにくそうですし、どこで区切って読んでいいのか分かりにくいのだと思います。

ひらがなを練習していた当初は、とめ・はね・はらいは最低限は教えましたが、あまり厳しく要求してきませんでしたが、ここ最近はとめ・はね・はらいプラスバランスをとること、それぞれの線の長さ等意識するように声がけしています。


(七田式より)
とりあえず、七田式の問題は楽しく、解いているようです。最近は設問文がよくわからないと、自分で読み返して、なんとか理解しようとする姿勢が見受けられます。
d0150199_7415232.jpgd0150199_7431173.jpg

これまで、図形問題は全く取り組んでこなかったので、図形問題が新鮮らしく、楽しんでといています。ただ、定規というものをこれまで使用したことがなかったので、このようなお手本と同じ図形になるような問題の時に初めて定規を使いました。やはりこれも慣れなのでしょうが、1回もさせたことがなかったな・・・と改めて思ったり。以前ナーサリーで指摘された、個数をカウントしなくてもある程度、何個と答えられる力(見積もる?)があがったように思います。先日12個くらいの像か何かの絵を見て何個?と聞くとぱっと12と答えられるようになっていたので、あーー力がついてきたんだなぁと思いました。


また算数とは関係ありませんが、カレンダーをほぼ理解したようで、30日、もしくは31日になると、次の月に移行すること覚え、今では私にあとちょっとで新しい月になるねぇ~なんて教えてくれるようになりました。ということで、1月から始まり12月で1年が終わるという年の概念がほぼ確立したようです。そこに四季が含まれていることも、理解した模様。ただ・・・d0150199_617946.jpgちょっと気になるのは時間の概念で、昨日以前のことでも、なんでも「昨日」と言ってしまうこと。ここらへんの時間の感覚はどうしたらつくんでしょうかね・・・。(私は一応カレンダーを見せながら話をしていますが・・・)


問題はKUMON。+1から始まり現在+7まで来ました。この年齢で足し算をすると、以前していた足し算を忘れてしまうということ。KUMONの算数では、1回1回足し算を個数でイメージして、計算させません。例えば4+3をリンゴが●●●●4個と●●●3個でいくつ?というような考え方はさせず(ダメと言っているわけではありません!)基本的には数列の4の次の次の次の数という答えの導き方です。極端にいえば、4+3=7と暗記させてしまうので、以前暗記したものが、忘れてしまうということが多々あります。(※もちろん、最終的には全部覚えますが)新しい箇所をしていると、以前暗記したものを忘れやすいので、以前の部分も忘れないようにと、

d0150199_7385040.jpg彼にはさらに課題が増えてしまうのですが、彼が忘れやすいところpick upして解かせるようにしています。でも、考えれば去年の2月はまだ、数字がうまくかけないで、ひーひー言っていたことを思い出してみれば・・・・大将、本当よく頑張っているなぁ。親が言うのもなんですが・・・土日もクリスマスも正月休みもなく、風邪ひいていたってKUMONは1年中稼働中です。お休みがないのは大将なんだね。でも、本当よく頑張っている。プリントの進度をいつも考えてしまいがちだけれど、こうして、毎日・毎日地道にコツコツと頑張れる力というのが、素晴らしいと思います。手前味噌もいいところですが・・・。あとは太陽さん、うーーーんお兄ちゃんのようにはうまくいかない感じが今からぷんぷん・・・におう今日この頃。太陽さんにも重い腰をあげて、すこーーしインプットをはじめました。また、時間があれば、その様子をUPしたいと思います。
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-07 08:21 | 4歳~5歳
お騒がせしておりますが・・・3人目ちゃんの妊活に関してはしばらく、2年くらいお休みしようと思ってます。というより、そもそも、妊活を初めたわけでもないのですが・・・・。年齢だけで考えれば、もうアラフォーに突入していくので、そんなに悠長なことは言ってられないのですが、ただ、やはり現時点では課題が多すぎるので、その課題をこの1年~2年?でクリアしていき、もし、もし、もし、可能であればもう一度3人目ちゃんを考えてみたいなと。昨晩旦那とも話したのですが、彼自身、何が何でも、絶対ダメ!と言っているわけではないのですが、やはり現時点で快くGOサインがだせる状態でもないということで・・・・。これから恐らく何度も何度も話し合いを重ねていくと思います。ただ、笑ってしまったのが、私は経済的なこと(毎年の里帰り代、子どもの教育費(私学の中学を受験させるのか、公立1本に絞るのか)が問題の7割で2割が私たちの体力的なこと1割が子どもたちへの愛情分割?問題かと思っていましたが、旦那は経済的なことはそこまでの割合ではないらしく、5割が私の精神状態で残りの5割に経済的なこと、体力的なこと、そして愛情的なことらしいです。ということで、夫婦であっても、課題に感じていることが違ったりして・・・。私は自分の精神状態なんて、課題、問題にさえ入っていなかったわけですが、旦那が何より感じるのは、会社からの帰宅後、自分がただいまを言う前から、第1声がヒステリックに「もぉおおお!!いやぁああああ!」というのは聞きたくないらしい・・・・。はい、ごもっとも(苦笑)そんなヒステリックになることもあるのに、第3子なんて考えている私が信じられないらしく・・・私は私で、それと、3人目ちゃんとはまた別問題という定義で・・・夫婦で考え方が折り合う日はくるんでしょうか・・?

私なりに

①自分の中で子育てで後回しにしてきてしまった、自分なりの課題(英語)に対して成果をあげること。(今年は日本に里帰り中にTOEIC イギリスに戻ってきたらCmbridegeの英語テストを受験予定。(※TOEICは大将が半年の時に受けて以来・・・4年ぶり?)

②また、一旦自分の身体を健康体に近づける。(体重管理も含めて)

③経済的な見通しをもう少し具体的に考えていき、旦那も納得させられるだけのプランが発表できる状態になったら!


いずれにせよ・・・私の中で3人目という考えが生まれてきたというのは、恐らく、太陽の一番手のかかるピークが過ぎたのかもしれません。もちろん、まだまだオムツはついているわ、ダミー中毒だわ・・・癇癪がすごいわ・・・日本語は全く話さないわ・・・と途方にくれることも多し・・・言い出したらキリがない育児闘争・・・。

でも、考え方、進路が少し見えてきたようで、一時のもやもやはなくなりました。また、3人目ちゃんを考える前に今目の前で子犬のようにじゃれあっているこの二人に集中して、自分なりの課題を一つずつ解決していきたいと思います。
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-06 05:45

・・・・・。

ここ最近、痛烈に3人目が欲しくなることがあります。頭では2人で十分と思っていたはずなのですが・・・。


どうしても3人目が欲しいと思ってしまうのです。この想いは一体どこからやってくるのでしょうか・・・?最初に思ったのはなんと、太陽を生んで数ヶ月経った頃。まだ手元に小さい赤子がいるにも関わらず、またもう一人出来るなら欲しい!と思ってました。ただ、これは授乳による、ホルモンのせい?かな?とも思ったり。ほとぼりもさめていたのですが・・・。ここ最近また私の中で3人目ちゃんが欲しいという想いが・・・。周りの友人が妊娠したと聞くと、ものすごくうらやましく思う自分がいます。どうしてなんだろう・・・。二人目は予想以上に手がかかっているし、育児が楽!なんて思ったことはなく、日々は文句たらたらの私なのに・・・なぜ・・・。自分でもかなり戸惑ってます。


種提供者である、旦那ははなから相手にしてくれません・・・・・。もう2人で十分だろう・・・と。言われなくてもわかってるわい!と私。でも、なぜか・・・3人目の想いにとらわれていて、それを一緒に考えて欲しいわけです。説明されなくても、経済的なことにしても、私達夫婦の体力的なことにしても、こうして双方の親族から離れて暮らしている、助けが全くない状況にしても・・・色々な意味で3人目というのは私達の現状からすると厳しいわけで。また、私自身のこれからの人生ということも、考えなければいけないのでは?とも思っているのも確かです。これは、本当にそれぞれの考え方ですが、私はやはり出来るのであれば、人生の中で子育てというものを経験してみたい、育児を通じて自分の子どもたちと真剣に向き合う時間が欲しい、要は母親になる人生が選択できるのであれば、選択したいと思っていました。ありがたくも、その願いが叶い、現在1男1女の母として生活しています。人生の中で子宝に恵まれたのは、本当にありがいたいこと、尊いこと、とても素敵なことだと思ってます。日々の子育てではそんな風に素敵な余韻に浸れることは少ないのですが・・・。ただ・・・・それだけ(育児)で終了していいのかな・・・と思う自分もいて・・・子育てがひと段落したら、また自分の中で一花咲かせたいという想いもあるのも確か。仕事する(お給料をもらう)ということに限定はしていなないのですが、家庭だけではなく、また何か、社会と接点をもち、出来ることならば、何かのお役に立て、自分もやりがいがあるようなことが出来たら・・・な・・・と漠然ではありますが、大将を産んだときからその想いが消える日はありませんでした。3人目を授かったとしたら、またそれは時間的に一つ持ち越しなわけで・・・・。3人目ちゃんを真剣に神様にお願いするのか、いやいや、私自身のこれからの人生プランを強く推し進めていくための準備期間に入るのか・・・頭の中はくるくるです。



3人目を真剣にどうするか考えてしまう自分がいます。(こんな風に考えるようになったのはやはり太陽の夜泣きが落ち着いてきたからかな・・・?って今でも1回は目を覚まして泣いてますが・・・。大将はすでにこの時点で一晩中寝てくれていたので、そういう意味ではまだまだ楽ではないのですが・・・。)


そもそも・・・・子どもは天からの授かり物で、自分がどうこうするというものではない!とおっしゃる方もいるでしょうが・・・・。実は私の身体の中には子作りSTOPのための小さな装置が入っています。(イギリスではこうしたものも、無料なんです。)
普通に自然に待っていたら、子宝には恵まれません。ある意味人工的に天からの授かり物を拒否している状態で、こちらの装置をまずはずさなければいけないわけですが・・・。(※当初は3人目はもう希望しないということで装着時は夫婦合意のもと病院で装着しています。はずす時もまた、これは夫婦間で真剣に話し合わなければ、勝手にはずすことは許されないでしょう・・・。


一男一女をもうけて、さらにもう一人授かりたいという私のこの想いは・・・どかから来ているのかな・・・。贅沢?3人目を希望することは贅沢でしょうか・・・?しばらくすれば、またおさまるのだろうか・・・。途方もない想いでいっぱいです。まさか自分が3人目を欲しいなんて思う日が来るなんて・・。


こんなひとり事をブログに載せるのはどうかな・・・と思いながら・・・・。以前ブログにコメントを下さった方で、後悔したくないから3人目を妊娠→出産しますというような内容をいただいたのですが、その方の後悔したくないという意味が今はすごーーく分かるような気がしてます。。。。

この先、どういう道を歩んでいっていいのか・・・うーーーんちょっと悩んでおります。里帰りして、少し頭を冷やそうかなぁ~と。でも、妊婦の友人みたら、それこそうらやましくてうらやましてく、おなかに噛み付いてしまうかも(笑)妊婦友人ちゃん、気をつけて~!!!!
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-03 07:08
大将がbabyの時から、通わせてみたかった習い事を増やしました。Tumbletotsです。日本でも最近はあるみたいですね。

d0150199_7211575.jpgお転婆さかりの太陽には上ってジャンプして、でんぐり返しして・・・と、もってこいではないか?と常々考えておりました。またこちらの冬場は特にお天気が悪く外遊びできないので、室内でも発散できるようなところがあれば・・・・と。で、ようやく連れていってみました。(大将の時から連れていってみたかったのですが、お昼寝の時間とうまく合わず、結局1度も参加したことがありませんでした)


d0150199_7214756.jpg本人はまんざらでもなさそうですが・・・。私としては75点くらいかなぁ~。これはお稽古事というより、器具を借りて遊ばせているという感覚に近いです。将来的には体操(器械体操)できるような感じにつながっていくらしいのですが・・・。KUMONをのぞき、お稽古事の中では1回の単価が一番高いのです・・・。年会費もいるし・・・その割には・・・なんかちょっとお得感やら、習い事感が感じられないのは・・・おそらくインストラクターがただ、器具の補助をしていて、5分間くらい一緒に歌を歌っての45分間。充実感が今ひとつ足りない・・・感じ・・・とぶつぶつ言っている私ですが・・・。とりあえず、今タームは通わせ、里帰り時はお休み予定。で、こちらに戻ってきたら、やはり未だに気になっているBaby Sensoryのほうに連れていってみようかな・・・と。(※それに比べて最近のRhythem timeはリニューアルしたようで、なんだかいい感じですって、私だけかな・・・?そう感じているのは。)


でも、もうこれで、子どもの習い事はSTOP!送り迎えに時間の都合つけなど、これ以上は私には出来ません。太陽が(リズムタイム・tumble tots・Baby swimming)大将が(ダンスレッスン・サッカー・プール)これ以外にKUMONということで、しばらくは習い事は増やさないというより、もうお財布的にも時間的にも厳しいかなと。どれが最終的に残っていくかな・・・・?
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-01 07:28 | *習い事*