アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

チャリティー

ちょっと嬉しいことがあったので。生活ブログと同じ内容のものを載せたいと思います。

太陽が生まれて1年が過ぎ、新生児の洋服や、新生児GOODS諸々我が家では必要ないものが増えてきて、特に引き取り先も見つけられず困っていました。私の知り合いに初産の方がいれば、そのままそっくりお渡しできるのですが、大将よりも年上のお子さん、もしくは同じ年で、第2子も似たような時期に出産しているため我が家の新生児GOODSの行き先ありませんでした。

ただ、こちらも大将の時は一人目ということもあって、それなりに高価のものを購入したりお祝いでいただいたりと、処分するには心が痛むというか・・・。また友人から譲り受けて我が家がかなりお世話になった数々の品々を無碍にすることなんてもってのほか!もちろん、最終的に引き取り手がいない場合はチャリティーSHOP行きではあったんですが・・。出来るならこれらの想いと思い出が詰まったものは知り合いの人に譲り渡したかったのが本音です。

結局、そういう該当する方もいないので、そろそろ月1回自宅前に回収しに来てくれるチャリティーSHOPに引き渡そうと考えていた矢先、出かけ先のHarboneで赤ちゃんのGOODSや年齢の低い子どものGOODSを取り扱うチャリティーSHOPのBarnardo'sを見つけたのです。

ここにならば、我が家のGOODSを寄付してもいいなぁと思い、夏休みのある日車のトランクだけでは入りきらない我が家の赤ちゃんGOODSはじめ、思いいれのある洋服等を寄付しました。普通はここまでなのですが・・・・2ヶ月が過ぎた頃、チャリティーSHOPから1枚のレターが届きました。d0150199_193657.jpgd0150199_1941335.jpgなんと、私達が第1回目に寄付したGOODSの売り上げ総額が£72.39(日本円で1万円弱くらいかな)になったというお知らせでした。 これまで多くをチャリティーSHOPに寄付してきましたが、それがいくらの総額になり、団体に貢献したかどうかは知ることがなかったので、なんだか感動しました。お役に立てた感に包まれたというか・・・。お財布から£70を寄付することは非常に難しい我が家の家計状態ですが、こうして貢献できたことに、嬉しく、また私達が使っていたGOODSそして、まだ使えるGOODSが本当に必要としている人の手元にお得なプライスで渡ったということも、同時に嬉しかったです。

第2回はすでに寄付したので、またこれもいつか報告が来るのだと思います。こちらの国では募金とか寄付という行為が特別なことではなく、人々の日常生活になじんでおり、助け合いの精神が根付いていることは素晴らしいなと日々感じています。我が家もチャリティーSHOPから日々たくさんの恩恵を受けているので、これからも持ちつ持たれつの関係でやっていけたら嬉しいです♪
[PR]
by nachimama83 | 2012-09-17 05:29
d0150199_23263942.jpg生後14ヶ月もあっという間突入であります。はやっ!!ここ最近色々なことシステムが分かってくる?ちょっとずつコミュニケーションらしきものがとれるようになってきました。彼女の成長を見ていると、お兄ちゃんがいる分、色々な刺激が入ってくるため、理解することが早い部分と、彼女なりのこだわりやら、特性?があるため、お兄ちゃんよりも成長的にゆっくりしている部分と、双方あるので、ものすごく興味深いな~と。

*ベイビーサインを急に使うようになる。(太陽の場合、大将のように熱心に使っていなかったので、ちょっとびっくり)
*きらきら星のメロディーをひたすら一日中歌う。(ここ最近は落ち着いてきて1日数回ほどになりました)
*ものすごい食欲。
*昼寝基本的に1日1回1時間のみ。
*夕方になると、キッチン仕事している私の足にしがみつき抱っこ抱っこ抱っこ。ほとんどキッチン仕事が出来ません(大将の時もこういうことあったなぁ・・・・)


色々とお兄ちゃんと違うことは多々あるけれど、やはり一番ママとして堪えるのが、昼寝時間が圧倒的に短い、1日1回の40分のみ・・・・。はいはいするようになってから、若干昼寝の時間が増えて、1日2回40分という日が2ヶ月ほど続いたけれど、これもあっけなく終了・・・。午後のお昼寝をしないと、夕方からは体はふらふらで疲れて、機嫌が悪いわけで・・・。それなら、昼寝してちょうだい!という親の意見を無視し、夜の8時半までは起きているという感じ・・・。眠りが浅いんですね。
d0150199_2327991.jpg
1日のスケジュール
5;55 この時間に必ず目を覚ます→授乳
7;00 完全にBEDで起きる
7;30 朝食
8;00-12;30 遊び+milk1回(120ml)
12;30 昼食
13;00 昼寝
14;00 起きる→milk
14;30 おやつ
15;00-18;00 遊び
18;00 夕食
19;30 お風呂
20;30 就寝


夕方になると、疲れもあって、大将と太陽が二人で泣いていることも・・・。そういう時はママも疲れてしまいますが、こんな日がなつかしく感じられる日が来るのかしら・・・。おっぱいの回数も1日1~2回となってきました。ただ、ここから自分は卒乳をしてくれる雰囲気はないので、生後15ヶ月で断乳を目指します。
[PR]
by nachimama83 | 2012-09-16 05:02 | 1歳~1歳半

☆3歳10ヶ月の振り返り☆

3歳10ヶ月はちょうど夏休み期間ということもあって、普段会えないお友達に会って遊んだり、家で工作したりと時間を過ごしました。
d0150199_1975640.jpg大将が夏休み期間楽しかったことは、公園の中に仮設ビーチが出現し、そこでの砂遊びやビーチバレーをボランティアの人に教えてもらうことでした。仮設ビーチってとてもイギリスらしいなぁという感じがします。子どもがいない時は外から見ていましたが、今や子ども二人引き連れてシャベルにバケツにと、私も母親やっているなぁ~なんて思ったり。我が家のちび子も、かなり砂遊びは楽しいらしく、片時もお兄ちゃんから離れず楽しく遊んでおりました。

d0150199_1984280.jpgお兄さんに相手してもらったのが相当嬉しかったらしく、時間終了までバレーボール(もどき)をして遊んでもらいました。サッカーだけでなく、球技は基本的に何でも好きな大将です。



それから日本からのお土産でいただいたお寿司キット!かなり楽しかったです!
d0150199_1945070.jpgd0150199_195881.jpgd0150199_1953088.jpg
d0150199_1954457.jpg

いくらの感じがかなりリアルですぅ~。味も本物のお寿司だったらなぁ~。それから、この夏休みはケーキ作りのリクエストもかなり多く、太陽が昼寝をしている隙をねらって、焼いたりもしました。

d0150199_539959.jpgお勉強のほうですが・・・。予定していた進みからは随分遅れをとっていますが、現在もひらがな書きの練習中。ひらがな書きはお友達の名前が書ける、お手紙がかけるということで、書けるようになることが嬉しいようです。国語プリントは物語を中心に音読10枚、算数は+2と+3が混同しているため復習しています。早く暗記して欲しい~!!もうそれしかない!先に進めたい母です。カタカナは全て読めるようになったので、ひらがな書き終了カタカナ書きに移っていきたいと思います。プリントを仕上げる時間がかかってきてしまうため、算数のプリントはNurseryに行く前に10枚仕上げるようにしていますが、そうでなくても忙しい朝。この時間を確保するのが本当に大変です(涙)でもこうしないと、帰宅してきてから、2科目+ひらがな練習する気力が残っていないので、朝1教科仕上げていくことが必須となっています。


それから、前回も書いたのですが、最近、第1次反抗期!?がやって参りました。とりあえず「ノーー!」と言って自分の意見を曲げないのです。彼のことなので、全部理屈は分かっていても気持ちがおっつかない時は「NO!」と言って断固、自分の意見を曲げないので、何をするにしてもものすごく以前より時間がかかっています。これも、それも彼の成長なんでしょうが、母も父も疲れてしまったり・・・。かといっては急にものすごくすねてみたり、もう訳分からん!やめてくれ~~!!といった感じです。

また、ここを抜けると、ぐっと成長するんでしょうね。なんとか凌いでいきたいと思います。
[PR]
by nachimama83 | 2012-09-15 05:44 | 3歳半~4歳

教育費について・・・

あーー先輩ママが言っていたことが、どんどん現実に・・・。子どもが成長するに連れて、やはり教育費がかかってきますねぇ~。

教育費を捻出することが、これまで以上に大変に・・・。現在大将はpre school費の保育費以外に、3つの習い事費が発生。(水泳のレッスン、サッカークラブ(今月末から開始)DANCE CLASS)下の太陽は2つ(水泳とrythem time)に通います。太陽は別として、大将の習い事は本人がやりたいかどうかを一度確認し、毎回タームごとに継続希望かどうかを本人質問しています。(こちらとしても習わせるものは、彼が興味がありそうなものを選んでいるつもりですが)それ以外に習い事ではないものの、日本語習得に必要な学習プリントや本の購入だったりと習い事以外にも教育費の出費は0ではないです。年齢がさらに上がれば、お友達との交際費だとか給食費だとか、どんどん出ていくので、安くなることはない気が・・・。

一家の収入に対する教育費の割合ってどれくらいが健全なんでしょうか(笑)出来るなら、本人たちがやりたいと思うものはやらせてあげたいとは思うものの、正直、予算は限られているわけで・・・。家計から教育費に捻出するため、家計簿とにらめっこです。

ただ、一ついえるのは、どんなに大変といっても、日本のお稽古事よりは、イギリスの習い事のほうが敷居が低く、月謝も安い(1回£4.5~£6くらい 現時点のレート 円換算で600円弱~780円くらいかな・・?)ので、なんとか通わせることが出来ています。これが日本だったら、厳しいだろうな・・。

冷静に考えてそういうベネフィットが高いので、私達一家がイギリスに根付きつつあるのも確かです。日本であれば、私達の収入でこれだけの習い事をさせるのは厳しい、無理だと・・・。
イギリスでの子育てでつくづく思うのは、日本でいう習い事よりも、もっーと楽ちん(気軽)で習うというより、遊びの延長で、楽しむためにあるという感じ。この雰囲気は基本的に大好きです。ただ、何事も高みを目指していこうとすると、そういう指導技術を持ったきちっとした教室を探していかないといけないのだなぁと思います。

また・・教育費が1番頭が痛いですが、習い事をさせればさせるほど、送り迎えのスケジュール調整も発生してきます。子どもが増えれば増えるほど、スケジュールは多忙化していきますね。


この金銭的にも肉体的にも精神的に、いっそうハードとなっていくこの子育て修行(笑)楽になる日はくるのか?なつかしく思える日にはすっかりおばぁちゃんとなっているんだろうな・・・。

あーーー自分だけに時間もお金も使えていた時代が懐かしい反面、家族で生きていくってこういうこと!と強く実感する今日この頃でしたぁ。宝くじ!!あたって欲しいなぁ~(笑)
[PR]
by nachimama83 | 2012-09-13 00:55 | *習い事*
まだNurseryが始まって1週間、しかも慣らし保育のため、実際の動きだとか
これからのカリキュラムだとかは良く分かっていないのですが・・・。

ただ、見学会、そして慣らし保育の1週間Nurseryに通わせて思ったことは、楽しく学ぶ機会を与えられるのであれば、是非与えてやりたいなと。

d0150199_4471711.jpg


そもそも、物事の仕組みを知りたいという好奇心が強い大将にはやはり、色々と新しいことをインプットしてくれるこのナーサリーは、彼の成長にとって非常に大きな存在となりつつあります。

見学会と慣らし保育の実質2日間でパソコンのマウスの使い方をマスターした大将。(Nurseryには子どもたちが使ってよい5台のパソコンがあります。1台とか2台のNurseryは見たことがあったのですが、5台はすごいな・・と。)家ではパソコンは子どもたちは触ってはいけないものとなっていますが、きちっと教えればもうマウスくらいは使えるんだ・・・とちょっとびっくりしました。私がそういう機会を提供してこなかっただけなんだなぁと。

また、Nurseryの壁に掲示してあった昨年のカリキュラムや子どもたちの写真で、日本の小学校でいう生活科のようなことをしていました。二酸化炭素削減やリサイクル・環境保護について、貧困について(アフリカの子どもたちの生活)、世界の文化について(私のように国際結婚している家庭のママなどの発表?)野菜等を育てながら、栄養、健康について学ぶ機会があったり、氷で出来た絵の具で遊んでみたり・・・と。もちろん、3歳・4歳の子どもが学ぶことなので、導入の部分に過ぎないのでしょうが、私が幼稚園の年少の時にこんなことを学ぶ機会があっただろうか・・・?ただ、幼稚園の外を走り回り、お絵描きに粘土、工作があり季節の行事で終わったなぁ・・・と。それはそれで楽しかったし、幼稚園が大好きでしたが、このNurseryのような考えること、学ぶことはものすごく少なかったなぁと。写真を見ていると、3・4歳の子どもで、真剣に考え、アイディアを出したり、それに基づいて行動したりしている様子を見ると、3・4歳児も色々出来るのだなぁ~と。このNurseryで大将が1年過ごすことで、彼の好奇心がより刺激され彼の成長を即すであろうと、親として期待が膨らんでしまいました。1番大切なのは、大将が楽しみこと。楽しい!!ということが何より大切です。そんな楽しく学べる機会を提供できるのであれば、本当に親としては嬉しいな。

ただ、一概にこのNurseryがどの子にも良いのかというと・・果たしてどうなんだろう・・・かと。まだ大将が赤ちゃんの頃先輩ママさんが、そこのお子さんにはNurseryはあわなかったと。時間やカリキュラムがしっかりと決められていて、それに基づいて行動することが難しかったという話を聞いたとき、大将は果たしてどうなのかな・・と大将が0歳児の時に漠然と考えていました。現時点では、大将の場合、やはり知的好奇心が強いので、その刺激を満たすにはpre schoolよりもこのNurseryのほうが良いだろうと思ったこと、逆にpre schoolでは坊ちゃん坊ちゃん扱ってもらっているところがあるので、少し学校形式になれ、先生の保護のもとで、少しずつ自立してもらえたらと思い、Nurseryに通わせています。

それから、ちょっと親として嬉しいことが!?火曜日の放課後にDANCE CLASS(有料)が用意されていました。短期の全5回というのがちょいと残念ですが、大将の大好きな音楽・リズム・体操の時間が確保できること。レッスン中はNurseryが面倒みてくれるため、親の付き添いは必要なく16;00にお迎えに行けばよいとのこと!ラッキー!延長保育兼、習い事が同時に出来るこのシステムに感謝(笑)このNurseryに入るために大好きだったRhytem timeという習い事をやめたので、その穴埋めが出来そうです。お金は少しばかり出ていきますが・・・いたしかたない!親も子もHAPPYなことが先決!!(下の太陽にも少し手をかけてやらないといけないし)

同時に頭をかすめるのは、このNurseryが下の太陽にはどうなのか・・。現時点では判断しにくいのですが、現実問題、太陽が3歳になるときには大将は小学校に入学しており、Nurseryと小学校の位置が真反対のため、どちらか一方の送り迎えの時間に間に合わなくなります。物理的に無理。一つだけ不可能を可能にする方法として、大将を朝と放課後の学童に託して、Nurseryのお迎え時間を確保すること。でも・・果たしてそこまでする必要があるのか・・・。まだ判断する時期ではないのでですが、この件はずっと頭にかすめています。そういう意味では古巣のpre schoolは小学校の目の前にあり、時間帯が少しずれているので、送り迎えも問題なく出来ます。そういう意味で恐らく太陽はpre schoolのみとなるかな・・。

Nursery生活にもなれ、pre schoolでは引き続きめいっぱい楽しく遊んでくれたら、とにかく親としては嬉しいなと。

さてさて・・・Nurseryに慣れた頃に、もう小学校の出願が始まるんです、イギリスでは・・・。この秋は小学校の見学会と、親は忙しいです。
[PR]
by nachimama83 | 2012-09-11 04:22 | *保育園・学校関係

新しいNursery

先週の月曜日から新しいNurseryが始まりました。
最初の1週間(とはいっても二日間のみ)は慣らし保育ということで、1時間ちょっと親子で教室に滞在し、翌日はママは別室でお茶をして待機、子どもたちは先生と一緒に遊ぶという感じで1時間半を過ごしました。
Pre schoolにすでに通っているとはいえ、新しい園、新しい先生・友達とやはり半分わくわく半分おっかなびっくりの大将でした。

制服着れるのは嬉しいけれど、ママと離れるのはちょっと寂しい・・・とばかりに
前日からちょびっとグスグスの大将。でも、行ってしまえばやはり楽しむ大将でした。
d0150199_2593917.jpg

私は別室でお茶を飲みながら他のママさんの様子を伺い、しゃべりやすそうなママとつたない英語でチャット。台湾人のママがしゃべりかけてくれたのですが、なんと数年前バスで会話をかわたし方だったのです。彼女が覚えていてくれました。なんかのご縁ですねぇ~。また他にも高校生の頃に交換留学生として、日本で過ごしたことのあるママだとか私でも話せる人がいたのがほっとしましたぁ~。

正直、大将よりもママのほうがこの数日緊張していたようです。新しい生活に環境に
早く慣れたいママでありました。
[PR]
by nachimama83 | 2012-09-09 02:45 | *保育園・学校関係

スイミング その3

5M泳げるようになってから、あれよという間に10Mにも泳げるようになり
バッジをいただきました(ってまたしても有料にママは正直欲しくなかったり・・・苦笑)
d0150199_2573276.jpg

(なんつぅ格好でしょう・・・下着姿にゴーグルです;笑)

親から見ていても、背泳ぎはそれなりに泳いでおりますが、おなかをしたにして顔付けをする、日本でいう伏し浮き?キックはもう、それは芋虫がおぼれている様、そのものです・・・(涙)どうしたらよいものか・・・。こんな状態では息つぎなんて絶対無理よ・・・・


ということで、母も重い腰をあげることにしました。決意しました。
わが子をプールに連れていき、直接指導することにします。もうこれ以上はフォームをほっておくことが出来ず・・・。
d0150199_2333087.jpgで、ふと自分の競泳用の水着を試着したところ、ゴムが伸びきってしまい、XXL状態に(笑)市民プールで手持ちのビキニを着る勇気はなし(ってビーチだとOKなのでは何故?日本の海じゃないから?)とりあえず、SALEに行き、バカンス用ではない水着を購入・・・(痛い出費だわ・・・)これを購入した以上は、市民プールに連れていかなくては・・・・。頑張りまーす。
[PR]
by nachimama83 | 2012-09-08 02:58 | *習い事*