アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

出産レポート

~二人目の出産レポート~

産後はよく「二人目の出産はどうでした?」と質問をいただいたのですが
当時はなんとお返事をしてよいのか、分からない状態でした。でもすでに5ヶ月半
過ぎています。記事にはしていたのですが、読み返すと長くて・・・
チェックするのも一苦労で・・・(笑)

でも、今年中に記事としてUPしておきたいので、もう誤字・脱字だらけですが
校正なしでUpします!それくらい長い・・・自分で疲れてしまう(苦笑)

まず、第1子の大将の時は安産とはけして言えず。詳しいことが知りたい方はこちら
初産ということで時間が長くかかった以上に、病院側の対応にも、なんだか不信感が
最後までぬぐいきれず、そして、弱りに弱りきったところで陣痛促進剤を使い、会陰切開
吸引分娩で大将を出産した前回。

今回は「超短時間ののつるっとするっとのスピード安産でしたぁ~!!」と
笑顔でお答えするには残念ながら至らず。。。。。。

形容するならば、「終わりよければ全てよし
この一言に尽きるお産だったと思います。
陣痛が始まってからは合計13時間?病院に到着後9時間?での出産となりました。

今回の出産も実は途中までは前回同様の出産街道まっしぐらか!?と
思われたところにミラクル!?が起きたのです。

長くなっておりますので、ご興味のある方はどうぞ・・・・。

7月7日(木)予定日より4日過ぎ
20時半頃

トイレ終了後、下着がチャーと汚れた感じ。
尿漏れ?とも思ったが、その後、水がちょろちょろ流れる感じがあったので
破水と自己判断。

21時半頃→もり男が病院に破水の旨を伝えると、一度病院に来るように言われる。

22時半→大将を以前のお隣さんに向かいにきてもらい、預けて、出産する予定である
病院に向かう。Birth Centreで暖かく受けいられるも、破水の量ではないかもしれない
と言われ、一旦家の帰らせられる(詳しいことはこの日の日記にて)

24時→大将を向かえに行き、この日は就寝。

7月8日 予定日より5日過ぎ
深夜2時過ぎ→おなかが痛いような。。。腰が痛むような。。。こんな感じで数回目が
覚める。陣痛の始まりなのか便意の痛さなのか今回も判断つかず。
ん?これは大将の時と同じような感じ。

が、便秘がちだったのでトイレでことが済むと、なんとなくおなかの痛みが楽になる感じ。
こんなことを繰返しているうちに・・・

明け方4時過ぎ→おしるしがあった。ここで8割がた、ようやく陣痛が近づいてきている
ことを悟る。

6時すぎ→30分置きくらいに陣痛が始まったよう。tenseを装着。前回はおなかと
腰の痛みだったけれど、今回はとにかく下腹部から足の付け根が強烈に痛く
「前回もこんなに陣痛って痛かった?痛かった?痛かった?」ともり男に質問する始末・・・。
前回よりも痛みが強烈な感じ。特に足の付け根の部分は半端なく、痛みが来ると
立ってはいられない。
(前回も私には効き目があったので。※tenseは早めの装着しておかないと
効かないらしいので)

9時すぎ→10分置きくらいに陣痛が縮まり、二人目出産ということもあり病院に
行くことに。(病院行く前に大将はpre schoolに届ける)

10時→病院のBirth Centreに到着。陣痛の感覚は7・8分くらいになり、痛みが
     強くなる。
     
d0150199_2354253.jpg
まだこの時は余裕がある程度あったのよね・・・・にして、ピンクのTシャツすごいですよねぇ~前回は血だらけになったので、なるべく目立たないようにとの配慮でこのようなTシャツを家から持参(笑)

     腰とおなかの痛みは経験があるし、なんとか痛み逃しをするものの
     足の付け根の部分は痛みの逃しようがなく、とにかくもだえること1時間。
      
     私の場合、何かにしがみついて痛み逃しをするスタイルが自分にとっては
   1番良いのだけれど、今回しがみつくものがなく(前回は自分の妊婦
     枕を持参したけれど、今回はすっかり忘れる・・・。これがかなり仇に。。。
     参照;↓これが前回の痛み逃しのスタイルでこの枕が必要でした。)
     
d0150199_2352390.jpg


     
     BEDの上からもり男の肩にしがみつくも、BEDと彼の肩の高さが私の痛み
     逃しの姿勢にどうしても合わず、諦める。
     下腹部から足のつけ根がいたいので、四つん這いも辛いのが本音。
     一番したかったのは天井からひもや、器械体操の選手の吊り輪のような
     ものにぶらさがっていきみたかった・・・。そんなものはさすがにないけれど、
     でも、これに共感してくれる人も多いと思う。
     
     そんな中で今回もエア&ガスの使用を勧められる。が、前回もこの
     エア&ガスを使用して
     吐き気をもよおし、吐きすぎて体力を失った経験があるだけに、使用を躊躇。
     
     midwifeに前回の出産では吐き気をもよおしたことを伝え、これは体質か
     どうか聞いても、分からないとの返事。あの時はたまたま吐いてしまった
     かもしれない、一か八かでエア&ガスを今回も使用してみる。
     陣痛の痛みは緩和されるもののやはり吐き気に今回も襲われ、吐いて
     しまったので2回吸ったところで使用をあきらめる。
     (エア&ガスが吐き気なく使用できたら、私はこれでかなりのところまで
     頑張れたはず・・・・。自分の体質をかなりうらめしく思いました。)
     
     吐き気と痛みでBEDにいられず、床でのたうちまわり(かなりすごい状態に
     なっていたと思います)もう、これは我慢出来ないということで
    「ペシジンを~ペシジンを~」と叫ぶこと30分?これはある意味
     私の病院に対する賭けというか、信頼できるかどうかの一つで、前回あれだけ
     エピュドラル(無痛分娩で使われる麻酔)を希望していたにも関わらず、
     病院の判断?と忙しさで、エピュドラルどころか鎮痛剤も希望通りの時間には
     使用させてもらえず、病院・自分の出産に対して疑心暗鬼・自信喪失になり
     ひいては出産がトラウマとなったので、今回自分の要望に対して病院側が
     本当に動いてくれるのかどうか、自分がこの病院体勢を信じて良いのか
     陣痛で苦しむ中、感じているところではありました。
     でも実際、あまりの痛さで意識朦朧としていたことも確か。ただ、大将を出産した
     時の陣痛とは痛む部分も強さも明らかに異なり(今回のほうが断然強く)、
     前回は自分の陣痛は微弱陣痛ということでいきみたいという感覚がなく
     (というよりも、最後まで分からなかった)けれど、今回はあまりの痛みの強さに
     「もういきみたい! いきみたい!」と何度も叫んでいた記憶も。
子宮口が全開になっていないのにいきんでしまうのは、裂けてしまうので、絶対にNG!
     なのでmidwifeからGOサインが出ず、ここが一番しんどいのね・・・。今回は、
     まさにトイレでそのう●ちをしたい痛みにそっくりで、前回はこんな痛みは
     なかった!今考えるとこの痛みの強さはある意味順調な陣痛だったのかも。
     でも前回の陣痛では味わったことのない痛みに襲われ、今から考えるとかなり
     パニックになっていた自分がいました。そんな中ペシジン使用を叫びながら
     midwifeのペシジンの用意をしていますという声も嘘に聞こえて、ひたすら
     「ペシジンを~ペシジンを~」と吐きながら叫んでおりました。
     待っている間、前回の病院の対応を思い出し、もり男に何度も「本当に本当に
     本当にペシジン打ってもらえるのか確認して!!!してくれるなんて嘘の対応だ!!
     早くして、早く、早く病院側にちゃんとペシジンしてもらるよう言って~~」とうわごとの
     ように言っていた記憶あり。

11時頃→結局ペシジンは希望通り30分後には打ってもらい痛み逃しは楽に。
        病院側はちゃんと対応してくれたと安堵が。
        ただ、今思うと、これが逆に陣痛を弱めてしまい、結果、今回も最終的には
        陣痛促進剤のお世話になることになってしまいました。
        でも、当時の私は痛み逃しが耐えられなかったので、痛み逃しがかなり楽に
        なり、一旦精神的には落ち着きを取り戻しました。
 
        ただし、いきむには陣痛の力が弱すぎていきんでも、赤ちゃんの頭が出て
        これない状態に・・・。

        midwifeはいきみ方が上手であれば、これくらいの陣痛でも出産できる
        と言ってに何度もう●ちをするようにお尻のあ●に向かって力を込めて
        いきむように、しかもいきむ瞬間は呼吸を止めるよう何度もアドバイスを
        してきましたが、この呼吸は私が読んでいたお産の方法の本とは
        間逆のことで、かなり戸惑いました。
        いずれにせよ、この時点で私にははっきりと、この陣痛の力では赤ちゃん
        が出てこないことが分かっていました。
        だって、自分の体だもの。。。。ある意味自分の体のスペシャリスト
        そして出産も2回目ということで、陣痛の強度については分かって
        いたつもり。
    
13時頃→陣痛が来るといきむようにGOサインが出されて、何度いきんでも
      結局赤ちゃんの頭は出てこず。(中では見えてはいるそうなんですが・・・・)
      ペシジンの効き目は3~4時間とのこと。
      ペシジンを打ってしまったせいで、陣痛が弱まったことを何となく理解
      しだしたけれどペシジンの効き目がきれてしまうのは、非常に怖く、
      ペシジンが効いているうちに、とにかく赤ちゃんを出したい一心に。

15時頃→やはり、自分の直感が正しかったというか、陣痛は弱まったままで
       いきむことが出来ず。midwifeはとにかく、ここで(Birth centre)
       で出産して欲しい。この次のSTEPは病院に移ってなんらかの処置
       (ここでははっきり名言しなかったけれど、ほぼ陣痛促進剤使用との
        意味だと、私は察知)
       私の頭には陣痛促進剤を打ってまた出産するしかないという考えの
       一方で陣痛促進剤使用=前回の出産と同じ=うまく行かなかった出産
       という想いが急激に頭を 支配し、自分はまた、うまく子どもを出産する
       ことが出来ない、前回同様失敗する出産というような想いになり、完全に諦め
       モードに。そして最後は涙涙涙が溢れ出てきて止まらず。今考えると
       出産・陣痛中の強烈なホルモンにより、前回の出産のトラウマが心の奥底
       から引き出された感じ。自分ではもう前回の出産トラウマは乗り越えた
       完全に過去のものと思って普通に妊婦生活を過ごしてきたけれど
       いやいやどうして。トラウマだからこそ、こういう極限の時にまた現われる
       のです。それがトラウマというもの。私は担当midiwifeに、前回の出産が
       あまりに壮絶で、また出産自体が良い思い出として残っていないこと、
       最終的に自力で出産できず、陣痛促進剤を使ったことを伝え、今の自分は
       非常に嫌だけれど陣痛促進剤を使って出産しなければもういきめないと伝える。

      泣き出して、完全に出産に対して後ろ向きになっている私を担当のmidwifeは
      どう思ったのか、この件を婦長さんに伝えたらしく、婦長さん
      みたいな人が私の部屋に来て、「前回の出産は前回のもの。今回、あなたは
      絶対にここで頑張って出産することが出来るし、そうして欲しいと私たちは
      思っているの。あなたには出来るからがんばって!」と声がかけられる。

      なんて素敵な場面・・!?いやいや、ここどこだか分かります?
      私が励まされていた場所とは・・・
      
      実はトイレの中。しかも、私は便座に座った状態です(笑)
      その横に寄り添って、励ましの声をかけてくれる婦長さん。
      普通に考えると、この状況はおかしいです(笑)

      というのも、
      実はこのちょっと前までBedのうえで四つん這いでいきんでいたのだけれど、
      スタイルを変えたらもっといきみやすいかもということで、私はなんとトイレに
      座らされていきんでいたところに、婦長さんがやってきた。ということで、私は
      トイレの便器に座り泣いているところに、婦長さんの励まし言葉。今思うと
      本当、笑える、笑える・・・。
      もちろん、その時は完全に強烈なホルモンのおかげで前回のトラウマに完全
      に支配されてしまった私なので、悲劇のヒロイン

      そんなこんなで17時まで頑張るも、一向に赤ちゃんの頭を引き出すことが
      出来ず、約束の2時間が経過。

17時→Birth Cenreから病院Lavorに移され、陣痛促進剤を打ち出産
      に臨むことに。正直、陣痛促進剤を使ってもう早く産んでしまいたいという
      気持ちと、また前回同様、自分は自分の力で(自分の陣痛で)子どもを産む
      ことが出来ない妊婦失格者認定されたとかなり複雑な気持ち。
     
       陣痛促進剤を打つには病院の先生だったり、担当の麻酔医?だった
       り色々と準備があるようで、実際促進剤を打ち出したのは18時半くらい
       から?(それまでも自分の陣痛はあるものの、かなり弱い。)
       担当のmidwifeから、陣痛促進剤を使ってMAXの痛みになったら
     10分間で4回強い痛みが来るから、その時にいきんで、赤ちゃんの頭をだし
       出産する旨が伝えられる。それまでは、陣痛の痛みが来ても痛み逃しを
      するよう伝えられる。
       
       産んではしまいたかったけれど、10分間に4回の強い痛みに耐えられる
       自信もなく、促進剤を打たれながら、かなりの恐怖に駆られる。
       とにかく、midwifeがGO!サインを出すまでは促進剤を打たれながら
       痛み逃しをして待つのみ。

       だんだん痛みは強くなるものの、まだGOサインは出ず。前回同様、また
       出産失敗だぁ~という想いとともに、痛みの恐怖で涙がまた出てくる。
       怖い怖い怖いと怖いのMAXに。

       そんな中、どこから声が聞こえてきた気が・・・、
       
       「痛みを怖がっては駄目、痛みを受け入れるのです」

       女の人のような声が聞こえてきた気が・・。

       そう、前回の出産のほうが、私は痛みを逃すために、呼吸を深くし気持ちを
       落ち着けて対応していた気が。
       今回は痛みの恐怖からかパニックになり、叫び声(雄たけびに近いかも)を
       あげて、呼吸がうまく出来ず、自分でさらに痛みを強めていた気が・・・。
      
       そのどこからともなく聞こえてきた声で我に少し戻り、
       息をふかーーーく吸って吐くことで痛み逃しがようやく出来るようになって
       きた、ちょうどその時!

       ミラクルが突然起きたのです。

       担当midwifeはまだ陣痛がMAXではないから、出産記録のメモのような
       ものをつけており、付き添いのもり男も本番はまだという感じで、少し
       休んでいる時でした。

       まだ、いきむGOサインは出ていないけれど、私は今までになく強烈に
       いきみたくなり、仰向けの通常の病院の出産スタイルから以前の
       う●ちんぐスタイルに戻っていきみたい!と叫び、体勢を変えようと思った瞬間

   「おぉりゃぁ~~~~」
       とまさにこの日1番の雄たけびをあげて、なんと一気にBABYの頭まで出して
       しまったのです。もり男が私に視線を向けたときには頭が見え始めたとの
       こと。誰も私がいきむとも思っていなかったし、準備していなかっただけに
       midwifeともり男が急いで分娩台に駆け寄り、今度は肩が出てきたBABY
       を最後に取り上げてくれました。

       私自身、本当に何が起きたのか分からなく、体勢を変えようとしただけで
       いきむつもりは毛頭なかったのですが、言うなれば体が超自然にいきんで
       しまったのです。とにかく、誰に何を言われる間も与えず、一気に
       BABYを産み落としてしまいました。

       
       担当のmidwifeからは「あなたに何が起きたの?どうしたちゃったの!!」と
       褒めていただき?大将の時は壮絶な出産で、もう涙涙のもり男だったのです
       が今回は涙ぐむ時間もほとんど与えず?赤ちゃんが生まれてくるという心の
       準備時間も与えず?とにかく、急に赤ちゃんを産み落としてしまったわけで
       す。もり男からは「自分の力でちゃんと産めたじゃない!!すごいじゃん!」
       とよく分からない?お褒めの言葉をいただきました。

       何より私自身、1分前までは涙涙でトラウマと闘いながら、なんとか痛みを
       受け入れようとしていたのに、誰だかわからない女性の声に従い呼吸を
       落ち着け呼吸に集中し、何度か痛み逃しをしたら、突然いきみたくなり、
       体勢を変えようとした瞬間、人生でも初の雄たけびをあげて、BABYを出産。
       思ってもいない結末。
       babyが出てきたら一瞬で、これまた、本当に一瞬で精神的な苦痛が取り
       除かれ泣いていたなんて自分でも信じられないくらいの爽快感に包まれた
       わけです。
       (この時のことを言葉で説明するのは、かなり難しいです。)
       ある意味、BABYが出てくるまでは、何かに憑依されていたのではないか?
       というほど。人ってこんな瞬時に変われるもの?
       Babyを抱っこし顔を覗き込み、見つめて笑う元気まで出ていたのです。
       そして何より、可愛い~と思えたことに感謝。この精神的変化は今まで
      32年間生きてきた中でも初めてで、一瞬にして気持ちがガラっと変わった
       のです。
       感想を言うなれば、「あーーすっきりした!」という一言。よくう●ちを出すのに
       似ているといわれますが、今回は確かにそういう感じで、極端な言い方を
       するのであれば、このすっきりをもう1回味わいたいと思うほど。
      
       前回のお産は、体力を失いすぎて、声も出すことが出来ず、ひたすら先生の
       掛け声でいきんでいきんで、吸引してもらって大将をおなかから出すことが
       出来たので、大将が出てきた時にはもう力尽きて、カンガルーケアなんて
       全くできなかったのです。(わが子を抱っこする力が残っていない!)

       今回はとにかく、ギリギリまでは促進剤を使うという、どんどん大将出産時と
       同じようなコースを辿り、トラウマが出てきてしまったわけですが、
       最後の最後で、誰かが操作したかのように、急にいきみたくなり、babyを
       出産することが出来たのです。
       前回と今回の最後はあまりに両極端で、私としては良いお産と悪い?お産
       の方を経験したことで、いかにお産が自分にとって満足のいくお産を迎える
       かどうかが重要であったかを突きつけられた想いでした。

       陣痛促進剤を使っても、無痛分娩だとしても、帝王切開だとしても
       たとえどんなにハードなお産だったとしても
       最終的に自分がいかにそのお産に対して肯定的な想いを持つことが出来るか
       どうかがものすごく大事であるかを痛感しました。

       私の中で前回のお産はやはりトラウマとして、失敗したものとして心に残って
       いたこと、そして、今回のお産は前回と同様陣痛促進剤は使ったものの、
       最後のプッシュは自分で押し出すことが出来、すぽっとbabyが出てきてくれたこと
       がとにかく、私の1回目のトラウマさえ吹き飛ばしてくれるほどの、自信を与えて
       くれたことが大きかったです。
       ほぼ、同じような最後の出産フィナーレだったにも関わらず、そこまでの過程と
       (今回は病院スタッフが信頼できたことが本当に良かった)
       最終的な自分の気持ちの差がここまで、産後の鬱の有無に関わるとは、
       今回出産するまでは気がつきませんでした。
        前回の自分の出産は失敗だったという心の重しも一緒に今回の出産で
       落としてくれた、太陽に感謝です。これは本当にマジックです!
       (表現のしようがないのですが)

     3回目の出産はほぼ無いと思われますが、仮に仮にあったとして、恐らく
       もうトラウマが湧き上がってくることはないと思います、それだけ今回の
       出産は大変でがありましたしたが、自分で産み落とした感、やり遂げた感が
       強く、産後の疲労はもちろんありましたが、良い意味でハイテンション、
       鬱も来ませんでした。
 
      
       
 


           とにかく、一言でいえば、あーーすっきりしたぁ!です。
d0150199_20185753.jpg

第2子妊娠中は第1子とは違って、とにかく色々な意味で体が重くて、痛くて、でも
動かないといけない辛さとの戦いだったので・・・・


       


           そんな姫もいまじゃぁ5ヶ月半ですもんね~。1年なんてあっという間だわぁ・・・。
d0150199_7441267.jpg



     
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-23 07:51 | 二人目ちゃん妊娠・出産
クリスマス前なので、バタバタとしておりますが、こんな感じ、悪くないです(笑)
去年はこの時期は、里帰り→大雪でイギリスに帰国できず、アイルランドへ~
ということで12月は全くイギリスで過ごしていなかったこともあり、今年は
この12月を満喫しています。生活ブログのほうでは記事にしたのですが、
今年はクリスマスマーケットに3回行くことができました!

先週末は義両親が遊びに来ていたため、クリスマスShoppingしながら
クリスマスマーケットへ。前回ほどは食べなかったのですが、今回は
d0150199_7471298.jpgd0150199_747291.jpg

d0150199_7494725.jpgこのチーズ串揚げを!あれ?以前より値段上がった?で、味も・・・・やっぱり私はなんといってもぽっくりおぽくぽくウィンナーが大好きです。

d0150199_7502969.jpgウィンナーおいしいですよねぇ~。でもマーケットの中を見ると、大きく2種類のウィンナーがあって、あまりぽくぽくしていないものもあるので、これは要注意です!!赤と白があるのですが、私はちょっとスパイシーな赤が好きです、これなら2つは軽くいけてしまいまいます(笑)そうそう、義母が言っていたのですが、アイルランドの新聞にイギリスで開催されているクリスマスマーケットの中で1番豪華なのは、バーミンガムだと載っていたとか?1番?かどうかは分かりませんが、やはり1回は遊びに行ってみる価値はあると思います!前回はちょっと食べ過ぎたので今回は控えめにしておきました。堂々とお酒を飲める日が早く来てほしいーーー!!
d0150199_7582822.jpg
で、またしてもこの方はチョコレート入りのドーナッツを心ゆくまでほお張りましたぁ。3歳になって随分歩けるようになった、大将と、抱っこベルトにまだ収まり移動できる太陽だからこそ、今年はマーケットに行かれましたが、来年は太陽が歩き始めて抱っこベルトでは重過ぎて運べず、BABY CAR押して歩くにはあまりの人で、歩けないといった状況になりそうなので、クリスマスマーケットは厳しいかな・・・。
是非、来年も行きたいけれど・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-22 07:57

The Nutcracker

友人の誘いもあって、今年は友人一家と、大将と私で、この時期恒例の演目
くるみ割人形を観てきました。まだ3歳児には早いかなぁ・・・と思っていましたが、
d0150199_521745.jpg


大将自身がバレエを観に行きたいと言っただけあって、約2時間のプログラムも
彼なりに楽しんでいたようです。家の中ではバレエ音楽も流していたので、知っている
音楽では自分も手を動かしてちょっと踊っていたりもしたようです。
ただ、周りを見て気がついたのは、観に来ている男の子は少なかった感じ。
男の子で興味がある子は少ないのかな・・・。男性は観に来ているのに。

私が見た回の金平糖役のプリマはとてもとても美しかったです。

玄関先に飾られている、クリスマスツリーがとても素敵でした♪
クリスマスムード満点です。
d0150199_4593356.jpg


留守番を快く引き受けてくれた(実際は終わっていないクリスマスShoppoingを
してもらっていた)もり男と、太陽に感謝です。

また来年も行きたいなぁ~。
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-12 05:05 | 3歳~3歳半

待ち遠しい・・・

d0150199_2151767.jpg


早くサンタさんチョコが食べたいよーーークリスマスイブが待ち遠しい・・・by 大将
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-10 20:22 | 3歳~3歳半
太陽のこの生後4ヶ月の振り返りとしては・・・とにかく

寝なくなった!!

の一言に尽きる!そしてマミーはひたすら寝たい寝たい寝たいのであります。

生後3ヶ月に入るあたりから・・・あれ・・・この子もしかしたら眠りが浅い子かも・・・
とはうすうす気がついていたのですが、それ+夜中頻繁に起き出す!という
現象も加わり、マミーとしては本当にしんどい日が続いています。

なんとかやっていけるのは、恐らく、第一子の大将の時に同じような
経験をしているので、先が見えるというか、これが一生続くわけではない!という
ところに希望を持って、なんとか日々耐え抜いているわけです(涙)




d0150199_817113.jpg里帰りを機に、覚醒してしまったわけですが、赤ちゃんをやめる!というような感じで起きている時間が増え、叫び声をあげて自己主張したりと、かなり本格的・・・。生後1・2ヶ月の静けさはいずこへ・・・?という感じ。床に置いておいても、自分で寝付いてくれていた日は今や幻です。それどころか、早くもteethingが始まり、深夜2時~2時半に毎晩、目を覚まし、ほっておくと2時間は叫び続けております。大将の時も生後4ヶ月後半からteethingが始まったので、びっくりはしませんが、幾分大将よりも早い段階で色々と成長してくれるので、現在、睡眠不足MAXといった感じです。





d0150199_351124.jpgd0150199_3503112.jpg

~太陽の生後4ヶ月の変化・成長~
*teethingが始まり、むずがることが圧倒的に増えた。
*授乳の感覚は日中は3時間~3時間はごとに
*声を出してげらげらと笑うようになった。
*退屈すると大声で泣いて、アテンションを得ようとする。
*お座りが補助なしでも随分と出来るようになった
*日本で生後2ヶ月強で寝返りはしたものの、こちらに帰ってきてからは一切しないというよりもうつぶせが嫌い
*とにかく、大将が持っているものを、奪うように、手を伸ばすことが増え大将からは時として嫌がられることに
*4ヶ月半から、深夜2時すぎに叫びながら起きる日々が続いている(原因はteethingと思われる)
*口の中に手を入れると奥歯の手前、左上の歯らしきものが出てきている
*食べ物に興味を示しだす
*生後3ヶ月あたりから便秘?1日に1回あった排便が2日に1回となったが、イギリスに
戻ってきてから、また1日4回は排便をするようになった。(なんでまた増えたの?水のせい?)
*4ヶ月中旬以降さらに手の動きが活発になり、おもちゃで遊びたがる。
*生活のリズムが出てきた。
(大将の生活中心で動いているの、大将が赤ちゃんの時よりも生活リズムがつけやすい、これは良い点)


~生後4ヶ月の太陽の1日~

8;00~9;00の間に起床→着替え→必ずう●ち→おっぱい
9;00~10;30 pre school送迎&買い物(BABY CARの中で朝寝)
10;30~11;45 遊び→おっぱい(その後必ずといっていいほどう●ち)
11;45~13;00 にぃにをpre schoolまでお迎え&公園遊び付き添い(BABY CARの中で昼寝)
13;00~15;00 おっぱい→あそび→う●ち
15;00~16;00 愚図り→おっぱい
16;00~18;00 にぃにぃのお出かけに付き添い(BABY CARで夕寝)
18;00~19;00 夕食に付き合う→おっぱい
19;30       お風呂
20;00       おっぱい→就寝
23;00       起きておっぱい

その後深夜1・3・5時の2時間ごとに起きてくれます・・・・。

***********************

風邪をひいたのと、teethingが始まり、かなり生活リズムが乱れた時も
ありますが、なんとなく上記のスケジュールで動いています。
第2子はお昼寝させようとか、そういう配慮もありません。よくも悪くも上の子の
スケジュールにあわせるので、自然と就寝時間も大将と同じ。これはありがたいです。
大将は昼寝はしっかり2時間ほどしましたが、彼女はどんなに寝ても1時間。
通常は3から40分で起きます。昼寝が短いわりには夜中も頻繁に起きてくれます。。。(涙)
エルゴの中でしか寝てくれないので、下ろしたら、すぐにお目目をパチっ!あーーー
寝ていてーーーー!!!お願いだからぁあああああ!!そして
早く夜通しで寝てくれる日が来て欲しい!
大将の時は、この夜中の授乳、睡眠不足により、精神的にも肉体的にも
かなりバランスを崩してしまったのですが、母ちゃんはたくましくなるものです。
今や、夜中4回起きられても、そのごすぐ寝付いてくれるのならば、私はなんとか
持ちこたえてやっております。大将の時の経験はやはり大きいなぁと思う今日この頃。

だから、娘よ、起きてしまっても、とにかくすぐ寝付いてください。寝付かず、雄たけび
をあげるのだけは勘弁してね・・・・。母の目の下のクマは夜中育児を頑張っている
勲章と思ってます。どんなクマ消しがあってもゾンビのようなこのクマは消えない!

とりあえず、健康だけには気をつけて、なんとか夜中の育児を乗り切りたいと思います!!
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-10 04:00 | 生後4~5ヶ月
以前ひらがな習得までの記事を書いたけれど、あれから・・・何ヶ月?
結局、わが子は習得までに8ヶ月(途中2ヶ月のブランクあり)かかったように思う。
(以前の記事はこちらこちら

もっと後から学習させたら、習得する時間がもっと短かったのかな?と思うことも
あるけれど、時間のある今だからこそ、毎日ひらがな習得に時間を費やせたので
まぁよしとしてます。ただ、まぁ、本当に長い道のりでした。今までこちらからさせる
中で親の根気がいるインプットだったなぁと。(筆圧がもっとついていたら、ひらがな
を直接書かせて覚えさせるという手もあるらしいけれど、ひらがなを書けるほどの
筆圧はまだなし)

前回の記事を読むと、まぁ、色々と大将が気に入るGoods探しに精を出していたわけ
です。今でこそ、色々と使ってはいますが、大将がひらがなを覚えるのに使ったものはひらがなカードと、ひらがなポスターに無料で使用できるひらがな表読みというかなりオーソドックスなものでした。

これを来る日も来る日も指差し音読。ただ、50音の音読は最初からほとんど
苦労がなかったのですが、恐らく0歳からほぼ毎日、ひらがなの歌をうたい聞かせて
していたので、「あいうえお」「かきくけこ」「さしすせそ」という感じで音では頭に
入っていたよです。ですので、指差しながら表を読んでいく練習はさっと出来るよう
になりました。(数字の表を1~10まで読んでいく感じに似ている)

ただ、一つ一つの文字を実際記憶していく作業はとにかく、時間がかかりました。
最初はイラストが邪魔して、本来のひらがなが読めない、覚えてもらえないのでは
ないか?ということで、イラスト抜きの、ひらがな表等も検討しました。
どの教材もイラストつきのひらがな表ばかりなんだ!と思って、やっとの
ことイラスト抜きのものを見つけて、すぐに使って教えてみるものの
即断念。もともとひらがなに興味がない子どもに、さらに意味のない
表音文字のひらがな表だけを見せて、これが「あ」とかこれが「く」とかいったところで
全く持って覚えられず。

そこでようやく、始めて気がついた私。

多くの子どもはやはり、イラストに頼りながら、ひらがなをイメージを通して
覚えていくということ。(一部のお子さんは文字自体に興味があり、ひらがなだけで
覚えていきますが、わが子はそういうタイプではなかった・・・)
だからこそ、イラストつきの教材のほうが多く、それこそが、市場に長く残っていると
いうことなのかもしれません。断然、イラストがついているひらがな教材のほうが、大将としては記憶しやすかったようです。

そこに気がつくまでは、イラストなしでひらがなで覚えさせよう、覚えさせようと
やっきになっていた自分がいました。でも、母からのアドバイスで、イラスト付きで
もOK、「つ」をつみきと読んでしまっても最初はよし、とアドバイスをもらったら、
私のほうも力が抜けて、なんだか教えるのが楽になりました。
なので、大将は「つ」を見ても「つき」だとか、「つみき」という答えかたをしばらくしていました。
そこで、違うよとは言わずに「そうだね、つみきのだねぇ~」と大きな声で覚えてもらいたいひらながを強調して読み、音で繰り返し認識させることは徹底しました。
そこから、色々な「つ」のつくものを読ませることで、だんだん”つみき”の「つ」
”つき”の「つ」というように、「つ」だけを取り出して記憶できるようになってきました。
イラストあっても覚えていけると分かってからは、逆に私は「ひ」を見たら
「ひこうきみたいにはねがついているよ~」と
ひらがなそのものにイメージをあてはめながらも教えていきました。


色々なところで「ありの」「いぬの」と教えてはいけないと言われていますが
我が家が逆にその方法でひらがな習得させたことになります。
ある意味徹底的にイメージでひらがなを伝えていきました。
いかに、ひらがなを大将が気に入るイメージで伝えられるかが習得のPOINT
だったように思います。


あとはとてもベタですが、やはり、本人の名前、旦那の名前だったり、妹の名前を
ひらがなで教えると覚えるのが早かったです。それから、最初、「や」を覚えるの
に苦労していたのですが、大好きなじぃじは山登りが趣味なことを思い出し
じぃじの好きなもの→「やま」で「や」を覚えました。



最後まで覚えるのに苦労したのは「さ」「き」「ぬ」「め」「ね」「わ」「に」「こ」
といった互いに似たような作りのもの。これは本当に何度も読み間違えしたので
何度も何度も繰り返し違いを説明して、本人にも自分が間違えて読んでしまっている
ことを理解させたうえの、習得でした。


d0150199_2492261.jpgひらがなが読めるようになると、今まで興味を持たなかった以前購入していたDVDだったり、絵本が逆に楽しくなったようで、今いろいろとヒットしだしました。しまじろうのDVDは以前母がバザーかなんかで2年分?くらいのものを購入してくれており、アンパンマンのひらがなDVDはさらに2本追加して購入しました。やはり理解しているものを、または理解しかかっているものを、こうしたDVDで見るとおもしろいらしく、さらに理解度を深めたり、まだ教えていない濁点がつくひらがなを覚えたりして、補助教材としてはありがたいものになってます。


d0150199_2421344.jpgd0150199_2431314.jpgd0150199_243521.jpg

↑は友人が勧めてくれた絵本で、だるまさんがシリーズ。大人が読んでもくすくすと
笑ってしまい、我が家では読み聞かせの定番絵本となってます。
「だるまさんが」「だるまさんの」「だるまさんと」
この絵本は本当におもしろくてかわいですね。特にひらがな習得のための絵本で
はないのだけれど「だるまさんの」の絵本には「て」「は」「め」「け」「お」と言ったような
目を奪われるイラストと、一文字のひらがなを使って話が進んでいくので、これはひらがなを覚え途中の大将にも大ヒットして結局シリーズ全部購入しました。本人はこの本を全て音読して、妹に読み聞かせをしています。最近は太陽もケラケラと笑い、親子3人の楽しいひと時です。

↓全く関係ないのですが、太陽も大好きな「だるまさんが」大将がやると
もっとげらげら笑うのですが・・・・。


d0150199_7464293.jpgまた、ひらがなに関する絵本は5,6冊持っている中で、結局大将にヒットしたのはこちらの絵本でした。五味 太郎氏の絵本でもひらがな関係のものが複数出版されていますが、我が家はこの絵本がヒットとなりました。本の中に出てくる表現が「わすれんぼ」とか「こらっ!」とか「めっ!」とか普通のひらがな表には出てこないような表現が多いので、逆にそれがうけたようです。読んでいる私も楽しくなってこれは今でも一緒に何度も読んでいます。

このような感じで8ヶ月にも及ぶ、ひらがな習得の道のりはここで一旦終了。
(※うち2ヶ月は出産のため、練習お休みなので実質は6ヶ月かな?)
でも、ひらがな読みはスタートであって、ゴールでも何でもないのね・・とほほ・・
覚えたひらがらを使って、すらすらと文章読みできる練習が始まっています。

カタカナは・・・少しママがお休みしたいので、カタカナ表の音読のみしていて
(音読しながら、カタカナの形を頭になんとなく入れてもらう)
覚えるのはもうちょっと先にします。

*************************

話がひらがな習得からちょっとそれてしまいますが・・・・

ここ最近特に感じるのは、下の太陽が生まれてきたので、比較対象がいる
というのも大きいのですが、

大将は音・リズムの人。
太陽は視覚(感受性)の人。

うまく説明できないのですが、とにかく、大将は音楽だったり、リズムが大好きなので
何かを習得させたいとき、歌だったり、リズムをとりながらインプットすると入りやすい
のです。おおげさに言うと、本の読み聞かせも読み聞かせではなく、私は歌って
いました。すると、色だったり、数字だったりを、音とリズムに合わせて覚えていくことが
多かったのです。ですから、ひらがなも、歌で聞かせしていのたは、大将には特に
有効でした。ひらがなの音が最初に頭に入っていたので、後は音と、ひらがなを
マッチングさせていくという作業にうつればよかったので。(にしても、最終的に
全部覚えるのは時間がかかったのだけれど)
(現在も曜日を歌って聞かせると、頭に入ったらしく、即座に曜日を覚えてしまいました。
でも、これは音だけしか入っていないので、カレンダーで曜日あわせをしているところです)

太陽に関しては恐らく、感受性の人。音楽やリズムが嫌いなわけではないけれど、
大将の時よりも、明らかに違うのは、カラーだったり、模様だったり、ドッツ表と
いったように、目から入ってくる情報にものすごく敏感で、なみなみならず
興味を持っているということ。

そんなわけで
音からひらがなを学習していった大将とは異なり、太陽は恐らく、音+視覚の
ひらがなカードとかでの学習がもっと容易なのではないかな?と希望的観測
ではありますが、感じています。

色々インプットするうえで、子どもが何に興味があり、どういった分野が得意なのかという
ことが把握できると、それを利用してインプットしやすくなるんだぁと改めて痛感しております。

いずれにしても、毎日コツコツとが大事かなと・・・感じる今日この頃。
私も英語勉強せねばな・・・在英6年でこの英語力は恥ずかしいかぎりです。。。
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-07 06:07 | *バイリンガル育児・問題集

産後の体

太陽が生まれて早5ヶ月。色々な意味でようやく、生活スタイルが確率して
きたというか・・・・。

先週の木曜日からもり男が珍しく有休をとったので、これまで出来なかったことを
色々としたり、お友達の出産祝いに出かけたりと、忙しくも充実した週末でした。

d0150199_316386.jpg出来事①生後5週の赤ちゃんはやっぱり小さいですぅ~~。太陽もこんなときはあったのだろうか・・・。本当、このふにゃふにゃ感がたまりませんのぉ~~。宝くじがあたって、(って購入したことすらないけれど)家のローンが終わってナニーも雇えたらもう一人くらい赤ちゃん欲しいなぁ~(笑)って絶対無理!これから、どんどん人様の赤ちゃんを抱っこさせていただいて、このほにゃほにゃ感を味わねばぁ。それにしても、小さくて可愛い♪

d0150199_3185913.jpg出来事②これからクリマスにかけて第2子出産予定のお友達の家に家族で押しかけた!?ママのおなかは大きかったなぁ~。いつ生まれてきてもおかしくないおなかでした!写真撮り忘れたぁ~。子どもたちは久しぶりのご対面とあって、楽しく、かつ興奮気味で遊んでおりました。これからも仲良くできるといいね。

出来事③写真を撮り忘れたぁ~!産後初のガールズランチ!!まだ完全母乳なのですがしかも、ボトルを今回は使用していないので、預けられてもMAX3時間だけれど、旦那に子どもたちを託し、初のお出かけ!!もう本当に楽しかったぁ~。時を忘れてしゃべり続けること5時間。いつ電話なるかと思ったけれど、一度も携帯が鳴ることはなく。太陽もプールレッスンのあと、眠りこけたそうで、11時半から5時まで1回も授乳なしということに。まぁ、あれだけの脂肪あらため、たくわえがあるので、大丈夫なんでしょう。とにかく、親孝行の太陽でした。これから月1回くらいこうして、子ども抜きでお友達とランチ出来たら本当、ありがたいんだけどなぁ~。
ただ、私のおっぱいのほうが張ってしまってダメでした。

d0150199_3254181.jpg出来事④毎年恒例のクリスマスマーケットに!モルトワインをいただき、かなり上機嫌な私。これ以外にも、お財布のお金が尽きるまで食べつくした母でありました。この時期はいくらあっても足りないのよね、この間マーケットでどれだけ、お金をおとしているのかしら・・・本当に。来週もまたあのぽくぽくウィンナーを食べに行くぞぉ~~。そして来週はビールもいただきたいなぁ~授乳中ということ、もうほとんど頭にない私・・・。とにかく、このクリスマスマーケットで2kgでも3kgでもまた、太れる自信あり(笑)


まったく関係ありませんが・・・随分と自分の体が落ち着いてきたので、ここで
産後の自分の体についてUpしておこうと思います。


*産後すぐに乳腺炎をわずらって以来、怖くて搾乳機が使えなくなってしまった。
(間違った使い方をすると乳腺を痛めるらしい・・・)
大将の時は、搾乳機を頻繁に使用して、搾乳し、子どもを旦那に託し、すぐに
遊びにも出かけていたのが、今は嘘のよう。。。。太陽は生まれて1回しか
哺乳瓶を使用していないので、まだ哺乳瓶が大丈夫かどうか確認してみないと。
哺乳瓶が使えたとして、搾乳機では私のおっぱいはほとんど搾乳できなくなって
しまった。太陽が飲むと出るのだけれど、搾乳機では30ccも出ません。

*もともと、左右で胸の大きさが違ったのだけれど、太陽が生まれてきてから
実は私のおっぱいの大きさ比7;3。外からでもはっきり分かり、下着のサイズ
2サイズくらい左右で違ってしまうため、かなり困ってます。それに準じて
母乳の出方ももちろん7;3。2ヶ月前まではほとんど右側を飲んでくれなかったの
左側のおっぱいだけで、太陽を育てていました。(カタパイ育児と呼んでおります)
それにしては、太陽育ちすぎよねぇ~。生後5ヶ月にまだならない21週でなんと
8'1kgの巨大児ちゃんです。


*生後4ヶ月目で生理が戻ってきた。完全母乳なのに・・・。
前回は大将が生後3ヶ月の時だから、やはり体も歳とったのかしらね。。。
って、こういう面倒くさいものは、しばらくないほうがいいんだけどな・・・。
母乳でもおなかすくのに、生理が戻ってきたら、あの異常な食欲も
戻ってきて、Wで食欲がすごい・・・。痩せないはずだわ。。。。
今日もチキンの丸焼きだったのですが、家族がおなかいっぱいと食べ終わった
あとも一人、チキンの鶏がらにかぶりついていた私。。。。窓に映ったその姿、
醜いライオンでしたわ・・・・。


*髪の毛が太陽が生後4ヶ月に入ったあたり(まさしく生理が戻ってきた
頃とほぼ同じ)からものすごい量抜けている。前回で経験済みとはいえ、
やはり毎回のシャワーで抜け落ちる髪を見るのは怖いし、なんせ掃除が
大変・・・・。1回のシャワーで2回、髪の毛を排水溝から取らないと水が
詰まってしまいます。

*以前あったような、蕁麻疹地獄はないかわらに、目がものすごく疲労。
目の下の血管が充血?しているようで、眼圧が上がる?下がる?
目の中の血管が下から目玉を押し出す感じで、
その間は目がちらちらしてものを見るのが辛い時間帯がある。
ひたすら目を閉じて寝たいというか・・・まさに眼精疲労。

*体重は戻ったが、大将の時はすでにこの時点で体重はマイナスに
なっていたと思うと戻りが悪い、というか、重力に体が負けているような
気にさえなる。

*とにかくおなかの皮膚が伸びきっているのが気になる。
(セレブは帝王切開したあとで伸びてしまったおなかの皮を切り取ってしまう
というけれど、お金があったらしてみたいなぁ~)

出産を通じて女性の体は確実に疲労し、消耗している。
産後なのに、産前と変わらず、いや、それ以上に綺麗にしている芸能人とかモデルさん
って本当にすごいわぁ~。

でも、どこかでこんなどすこいな自分、いやじゃないと思ったりする(負け惜しみ?)
いや、それ以上に子どもの笑顔だったり、成長だったり嬉しいことが多いからでしょう。
とにかく、倒れないで、なんとか育児を継続していくのみ!!
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-05 03:31 | 二人目ちゃん妊娠・出産

プールレッスンについて

ここのところ、考えていることがあります。

それは、大将の習い事の一つのプール。
生後半年から現在まで特別な用事がないかぎりほぼ毎週プールレッスンに
通っております。3歳になってからはBABY SWIM(親と同伴)を卒業し
親なしで子どもたちとインストラクターだけのレッスンになりました。
d0150199_1944962.gif

私は小さな頃からプールが大好きで大好きで2歳の頃にはうき具一切なしで
プールに飛び込んでいたような子どもだったので、5歳の頃には浮き具なしで
泳いでいた覚えがあります。(母も祖母もそれなり水泳の出来る人でした)
小学校時代は腰を痛めるまではswimmingに週2回通い、競泳選手には
ならないものの、学生時代はアルバイトで子どもに水泳を教えていたこともありました。

そんな流れもあって、息子にプール・泳ぎの楽しさを知ってもらえたら・・・と
思って(旦那もそれには大賛成だったので)近くのプールレッスンに参加してました。
イギリスの子どもの習い事って日本とは違ってかなり垣根が低いんです。
1回レッスンいくらという感じで参加できるものも多く、入会金なしのところも多いです。
大将のスクールも入会金なしの、参加した分だけ支払えば良いというのも行きやす
かったのですが・・・・。

3歳になって、本格的な泳ぎのレッスンが始まりました。まぁ本格的とは言っても
水慣れの延長、泳ぐのための基礎練習。
ただ・・・・うすうすは気がついていたのですが・・・・

泳ぎの指導が日本とは全く異なる!

まず浮き具からして、腕につけるアームヘルパーなんです。
アームヘルパーで泳ごうとすると腕があがる分、腰・お尻が下がってしまい
本来の泳ぐ姿勢が出来ない。それなのに、そのお尻が下がった状態で
キックの練習をさせるので、足が必要以上に曲がる曲がる。そしてちゃんと
水をけれていない・・・。(私は絶対腰につけるヘルパーが必要だと思うのです)
犬掻きみたいな感じです。
友人が言うには日本でもまだ小さいと、腰ヘルパーとアームヘルパーの
双方をつけてレッスンするところもあるそうです。まだそれならいいのですが、
アームヘルパーのみの泳ぎの練習は、私にとっては意味がないというより
悪い泳ぎの姿勢をつけるようにさえ見受けられるのです・・・。

また、日本ではよく見られる光景ですが、プールサイドに座ってのバタ足の練習
なんてありません。(私は基本中の基本だと思ってましたが・・・)

ビート板を使ってキック練習がないのですから、1・2・3ぱっ!という顔付けの練習も
なく、あって水中にあるフラフープを顔をつけてくぐるくらい?
ようやく、本日ビート板登場!両手をそろえておいてキックの練習かと
思いきや、このビート板はミニビート板で、2枚手渡され、両脇の下に挟んで
キック練習。。。。。腕にアームヘルパーついているのに、さらに脇の下にビート板
はさむものだから、泳ぎの姿勢もあったもんじゃない。

親が言うのもなんですが、現在大将は腕輪をつけながらも、バックストロークは
おなかがぐっと上に持ち上がって、頭が水面につかり、それなりの泳ぎをしている
のですが、本日このビート版をおなかでもたされ(ラッコみたいな感じ)
泳ぎの練習がありました。あーーーーせっかく出来ている泳ぎの姿勢を崩さないでぇ~
と吠えたくなりました。

私が基本の基本と思っている練習は一つも含まれていないのです。

友人と話をしていて思いだしたのは、日本で使用する赤い台(足が届かない子ども
のために)を使用して、水なれさせることも一切なし!アームヘルパーつけて
ドボンです(苦笑)
そうそう、クラスわけもまだ、この時点では年齢別なのですが、3歳・4歳児のクラスで
レベルの開きも大きいです。


私は大将のレッスンにあまり高い技術習得ということは何も求めていません。
(でも、どこかでやはり期待しているのでしょうか・・・?そんなことはないと思うのですが)
楽しく水なれが出来て、有り余る体力が発散できれば!という思いでレッスンに
連れていっていますが、下手な泳ぎの癖をつけてしまうのはどうかとかなり案じているのです。

大将のレッスンと同じ時間帯に小4くらいの子がプライベートレッスン(上級という意味で)
受けているのですが、私には彼女の泳ぎが半分、おぼれているようにさえ見えます。
これで上級・・・?!という感じの泳ぐ姿勢?こんなんで本当にいいの・・・?
泳いではいるけれど(というより浮いてはいるけれど)こんな泳ぎ方では、タイムは
よくならないでしょう。。。。

オリンピックなどでイギリスの国の選手がメダルをとることって少ないのは
絶対こうしたことがあるからなんですねぇ~
普通と思っていた日本のプールレッスン、やはり競泳が強い日本になる
だけのことはあると思います。


自分が直接大将をプールに連れていって指導したほうが、よほどいいだろうと
思いながら、太陽を抱っこベルトにいれてプールサイドから見守る日々が続きます。
(でも、私の性格上、すぐにスパルタになってしまいそうなので・・・・それが1番怖いです)
レッスン料が安いからといって、本当にこのままでいいのだろうか・・・。
でも、体力は発散してもらいたいのよねぇ・・・。サッカーレッスンが近くにあったら
そっちに切り替えたほうがよほどいいでしょう・・・。



歯がゆい思いです。でもとりあえず、ダディなしの
プールレッスンをようやく楽しみ始めた大将なので、それは救いですね。
様子見ですが、もうちょっと考えてみますが、大将の泳ぎにこれ以上ひどい癖が
ついてしまいそうだったら、通うのはSTOPしようとは思ってます。

習い事も色々と難しいなぁ・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-03 07:39 | *習い事*

クリスマス準備

今年は息子と初めてクリスマス準備をしました。
12月1日でも早すぎる!恥ずかしいというもり男をよそに
今年は子ども二人もいることだし、1日から飾らせていただきました。
家の内側からはこんな感じ・・・
d0150199_445167.jpg

外からだとこんな感じ・・・?ちょっとわかりづらいし、ここは日本の間と呼んでいる
部屋にも関わらず、この時期にクリスマステイストだからやっぱりどこか変。
d0150199_4378.jpg

本当は大きいツリーが欲しいのですが、今年は引越し出産と
予算OVERでございます。来年こそは大きなツリーを購入します。
(すでにSALE狙いです。もう欲しいツリーと飾りがあります)


息子はクリスマスお菓子カレンダーで日付の練習。効き目ありすぎます(苦笑)
キャンディーもチョコもあげたくないと思いながら、今年はこんな盛りだくさんに・・・
(ハロウィンのお菓子の残りものなんですが・・・)
本人にはこれは12月だけと言ってますが・・ちゃんと守らなければ。
d0150199_4111586.jpg


そうそう、それから、大将がサンタさんにお願いしたいおもちゃがいまいち分からなくて
焦っております。何が欲しいのか聞くと、キッチンの赤ワインのボトルをさして
「このビールのおもちゃ」とビールじゃないワインを指して欲しがる大将。

誰かの家のおもちゃ、もしくはpre schoolにあるの?と聞いても違うと言って、
結局のところ「ビールのおもちゃ!!!!」と叫んで終わり・・・。

・・・・・・。


分からない。

分からない。

分からない。

おままごとのこと?と聞くとそれのような返事もするけれど、いまいち分からない。

なんとか判明しないと・・・。ちょっと焦るサンタ母であります。
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-02 04:14 | 3歳~3歳半
今年もこの時期が来たなぁ~と勝手に思ってます。去年の記事をみると
やはり成長しているのですね。今回は約2ヶ月遅れてのUPなので
現実には3歳1ヶ月での記録です。1年に1回の私達親子の成長記録+振り返り表
みたいなものです。

言葉

会話に関してはこれまでは、英語が強いとか、日本語が強いとか、その月によって
変化があったけれど、3歳になって、英語と日本語双方をきっちりと使い分け
るようになったと感じている。生まれてからここまでは大きな一つのSTEP。
本人にとってには、日本語も英語も話すことが普通となっているようで
改めて、ここまでよく頑張ってきたなぁと思う。(英語を話したがる時期もあったので)
今は、どちらかというと、日本語のほうが語彙数が多い。日本語の会話の中に英語
が出てくることは極端に減り、逆に英語の会話に日本語が混じる逆ルー大柴現象
が起きている。(日本語語彙数のほうが多いためだと思われます)

去年の今頃はまだわずかにBABY サインが残っていたようだけれど、もう完全に
消えました。当たり前といえば当たり前。今は私が太陽にBABYサインを見せると
もうおもしろがって、自分も覚えて(というより、赤ちゃんの時は使っていたもの)
教えるようになりました。本人の記憶の中になんとなく残っているのかもしれません。



d0150199_19455032.jpg運筆
随分と難しい線をひくようになってきました。でも筆圧、運筆という点では文字を書くにはもうひとこえ、頑張らないとみていて厳しいかな・・・。ひらがなは約70%が斜線だということで、思い通りに鉛筆を動かす練習が必要。


d0150199_1215949.jpg数の認識
昨年の今頃は集合数の3個という概念が分からなかったことを考えると、今はカウントしながら10以上の集合数が分かるようになってきているのは成長。数字ともマッチングしてきた。ただ、3個のものでもいち・に・さんと毎回数えてから3個!と個数を言うので、見た瞬間に個数が分かっているのかどうかいまいち判断がつかない。また、突然21とか52を指差してこれは何?と聞いてもまだ20以降の数字となると答えられなかったり、まちがった数字の読み方をする。数字の表を見ながらだと100までは言えるようになった。101~120までは一緒に読む。筆圧がもう少しあがってきたら、数書をして、さらに数感覚を高めていけたら。※現在30までの数字盤がbest timeで3分30秒・・・。



時間の認識
時間があるという認識は以前からあったけれど、時計を実際読むところまでは至らず。
ただ、最近は自分の大事な用事があるpre school出発の時間9時、おやつの時間
3時、ダディの帰ってくる7時あたりが分かってきた。
また「何時になったらどこに行く?何をする?」
というような聞き方をここ最近するようになってきた。また日付の感覚も出てきた。
現在は時計を読んだり、カレンダーで日付、曜日の理解が出来るよう日々、ミニ
カレンダーで確認。

色の認識
昨年はとにかく色の認識が弱いなと感じていたけれど、さすがに2歳半以降
色はほぼ正確に認識しはじめた。ただ、黄緑とか、薄紫とかいうと、そこらへんの
区別がまだつかない状態。

文字の認識

去年の今頃は一つも文字は覚えられていない状態。
文字に関してはあえて、日本語から習得をさせているので、現在はアルファベットは
pre schoolで教えてもらってくる以外では特に家で教えてはいない状態。
2歳半から本格的にプリント学習を始めて、ようやく
日本語のひらがなが9割がたを覚えてきて、単語は随分と読めるようになった。
次のSTEPとしては文単位の読みを目指すところ。
本人が楽しんでいるかと聞かれると・・・・だけれど、これはもはや我が家に生まれて
きたからには必須ということで、日本語習得はしてもらわないと・・・読み間違える息子に
いらっときてしまう私の音声は無視してくださいな・・・


※現在はひろいよみ。読み間違いであったり、ぱっとひらがなが出てきていない状態。
これがすらすらっと文節単位で読めるようなることを目下目指して頑張ってます。
ちなみにこの二語分「しろい ようふく」のような文の20個の文を約1分ほどで読み上げる
というのが目標。(そういう意味ではまだまだです)


形の認識

2歳すぎあたりではほぼ●▲■★など基本形の形は認識し、穴入れには入れられるように。
複雑なかたちでの穴入れはあまりしっかりと見ていないので、なんともいえませんが
そこそこにやっている感じ。

パズルはやはり本人がどこまでのめりこまないので、最高20ピースを
自力でしたのを最後に、彼がパズルをしているところを見ていない。
パズルをもっと楽しんでやって欲しい・・・。

記憶力
2歳の頃から、記憶力はとにかくすごいなぁという感じ。ただ、出来事についての
メモリーはすごいが、文字を記憶したりすることに関しては・・・・・。
この記憶力の強さが、インプット系のものにも活用されるといいのだけれど・・・。

手先
ここ最近手先のことをほとんどさせていないので、彼がどれくらい出来るかが
分かっていない。いかんいかん。2歳の頃から出来ることはさほど変わって
いないかも・・・。最近感じたのは、分けるのでもあれば手先のことは不器用
なほうかも・・・。
残念ながら、ボタンはめはまだ自分では出来ないが、ぼたんはずしは柔らかい
素材の洋服だったりすると出来たりする。
はさみは上手に使えるようになってきたものの、ドリルの指示通りに
出来ないことも多く、もう少し易しいドリルに変更しようかな・・・
本人はとにかく切ることは楽しいよう・・・。

運動
運動神経に関してはどちらかというといいほうではないかな・・・?
親が何か心配するということは今のところなし。

社交性
pre schoolに通いだして1年強。同年代のお友達と遊び楽しさを身をもって
味わっている様子。しばらくお友達と会っていないと、会いたいなぁ~というよう
に恋しがる場面も。外出して始めて出会う子でも、波長があうと一緒に遊んだり
することがかなり増えたように思う。


食べる量が少ないので(お菓子やフルーツでおなかを満杯にする)3食を
しっかり食べるということを徹底的に食育中。
好き嫌いは多少あるものの、一応は何でも口をつけることが現在は
出来る状態に。
炭水化物ときゅうりが大好物(※パスタや麺は苦手)


昨年の冬から、もしや・・・この人も喘息気味?(私が小児喘息持ちだったので)
と思うことが数回。基本的には健康体。

身長93センチ 体重14.5kg


トイレ

日中は大・小ともにお漏らしがほとんどなくなってきた。月に1回お漏らしが
あるかどうかといったところ。就寝以外はもうトイトレ用のナッピーは
必要なくなった。


BED
寝る時はBedの横で寝かしつけをする日がぐっと減った。私が出産後昼寝を
しなくなったことが多いけれど、日中とにかく体力をフルに使うので寝つきが
よくなったように思う。ただし、週1~2ほど、夜泣き?だったり、目を覚ましてしまい
リビングに下りてくることもまだまだある。

来年の4歳になるとまた出来ることが増えたり、精神的にもぐぐっと成長している
のかと思うと楽しみ半分、どんどん成長していっしゃうのねぇ~というなんともいえない
寂しさ半分という、なんとも身勝手な母親でした。
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-01 06:15 | 2歳半~3歳