アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー

<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

最近のbugaboo bee

このブログのアクセス数の多くは実はBugabo beeの方のものが
多いのです。
私が使用しているタイプのものはもう彼是3年以上も前のものになり、
今はというより、とっくに新タイプのものが発売されているんです。

d0150199_8475568.jpg


で、先日直接手にする機会がありました。

d0150199_2542137.jpgd0150199_2553424.gif写真左の黄色が新バージョンで、右が私が所有しているもの。まず、シートが横幅が広くなっていました。以前、2歳児の子どもを乗せるにはシートがせまくないか?というご質問をいただきました。実際、大将は太陽が生まれる直前まで使っていたので2歳児でも十分乗れましたが、新タイプは横幅が広くなって、奥行きがちょっと短くなったような印象(※これはきちっと調べたわけではないので。。。。)また取り付けられている、ベルトの穴数が減っていたけれど、旧式のものより、使いやすくなったように見受けられました。車輪もちょっと変わりましたね。やはり作用も違うのかしら?以前、リコールまではいかなかったのですが、ブレーキの問題は新バージョンになる前のbeeでも改良されていたので、新バージョンももちろん、大丈夫になったことでしょう。(我が家は後付けの部分が送られてきて、ブレーキ部分にとりつけています)そして、何より、いいなぁと思ったのが、以前私の使用感でも書いたのですがシートの傾斜が一番あがっていても、もう一つあげれればいいのにな。。というような傾斜までしか上がらなかったのですが(大将が外を見たいとシートから体を起すようなことが、時々ありました)
その傾斜が新しいバージョンはちゃんと、あがるように変更されていました。
見た目も以前のものより、全体的に丸っこいもっとかわいい感じになりました。
(写真では分かりにくいのですが)また欲しいなぁ~なんて思ってしまったり。

******************************

話はちょっと里帰り時に戻ります・・・・

実は以前からマクラーレンってどんな感じなのだろう・・?と気になって
いたので先日の里帰りの時は日本でマクラーレンのクエストをレンタルしました。

d0150199_8442797.jpgd0150199_841429.jpg


感想といたしましては思っていたよりはるかに使いやすかったですが
やはり操縦性ということでいえば、やはりbeeのほうが動かしやすいですし、
安定感はありました。でもbee知らなかったらマクラーレンで十分という
感じがしました。

一つ難点を言うのであれば、私のように荷物が多い人はかけすぎると、
(っていうかかけすぎ?beeの場合は下のカゴいれ&バーにかけております)
子どもを抱き上げたときに、バギーが必ず倒れます。beeで慣れているので
どうしても、倒れるということに意識がいかないため、何度日本でこのクエストを
倒したことでしょう・・・・。

折りたためることはいいのですが、折りたたむときに何度か指をはさんでしまいました。
勢いがついてしまうというのかな・・・
それが気になったところですが、3週間のマクラーレン使用、楽しかったです。

日本のBABY CARは最近なんだかカラフルになっていて、おもちゃぽくってかわいいなぁなんて思ったりもしました。BABY 用品って日々進化しているし
良いものもどんどん出てくるので、見ていて飽きないですねぇ~

でもBABY CARは子育て道具の中でも大切なものなので、色々悩みますが
買い物したぁ~って感じもあるし、押していると「私お母さん感」が感じられる
育児用品NO1ですね(笑)

我が家はまだまだこの旧式 beeが頑張ってますが、ある意味、二人目の子ども
まで故障せず、乗れるというのもさすがだなぁ~(けっこうフル使用ですから、我が家は)

これまでもbee ありがとう。そして、これからも よろしくね♪
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-30 03:09 | *bugaboo bee

☆3歳1ヶ月の振り返り☆

d0150199_7571033.jpg3歳になったら、何か劇的な変化があるかな?と期待していたけれど劇的に?という感じはなし。親として感じるのは3歳になると、2歳までスポンジのように物事を丸ごと吸収するというよりかは、原因と結果のように○○だから○○になるといような理解の仕方をしだすようになってきたこと。(右脳よりも左脳理解が強くなってきている感じ?)また、起こった出来事を、またはこれから起こる出来事を自分の経験地とつなぎ合わせて推測するようなことも見られ、話をしていて、おもしろいなぁと感じることが多くなってきた。


思うに大変な時期→そして成長→またちょっと大変→ぐっうううっと成長
の繰り返しな感じのこの3年間。
一筋縄ではもはやいかない、息子との日々のやりとりは大変やら、感動やら
考えさせられるやら・・・。




また日中は大将と私の二人で太陽も面倒をみるということもあって、
大変ありがたい、優秀な育児助っ人である面も。

育児は本当に育自ですなぁ~~。

<1週間のスケジュール>

月 午前 pre school   午後 リズムタイム
火 午前 pre school   午後 フリー
水 午前 pre school   午後 フリー
木 午前 pre school   午後 水泳
金 午前 pre school   午後 フリー
土 午前 KUMON      午後 Shopping
日 午前 家でゆっくり    午後 公園もしくはお出かけ

現在習い事はリズムタイムと水泳とKUMON.ここに本人はサッカーを追加
したいようだけれど、我が家の近くで3歳から始められるチームがない・・。
本当はさせてあげたいのだけれど・・・。

<平日の1日のスケジュール>

朝7時~8時の間に起床→トイレ・ご飯・着替え・歯磨き
 9時 pre schoolに出発
12時  pre schoolお迎え→そのまま公園遊び
13時 帰宅後ランチ→日本とのSKYPE&テレビ
14時~15時 KUMONタイム&インプット等々
15時~17時 習い事 or お出かけ(公園もしくは以前のお隣さんのところ)
17時~18時 テレビ(※基本的にしまじろうだったり、アンパンマンのひらがなDVDだったり)
18時~19時すぎ 夕食
19時半すぎ お風呂
20時 BED→本読み→就寝


<食>
ご飯を食べないでお菓子でおなかいっぱいにしようとするので
このところ、かなり中注意しながら、ご飯をメインでおなかいっぱいに
するというような、食育?を改めて始めております。

基本的に何でも食べれるものの、やはりカラーピーマンとしいたけが
見ているとダメかな・・・。
まだまだきゅうり大好き王子が続いています。

西洋風のメニューは以前は食べれなかったのに、いつの間にか
大好物で、外食ではザ イギリス!というような揚げ物系のものを
好んで食べる。

体重:未測定  身長:未測定


背が伸びている印象。頬のお肉がとれ、顔がなんだか小さくなったように
思うのは、下の太陽がプチプチだからだろうか・・?



<言葉>
・日本からこちらに戻ってきてからも、日本語力をキープというのか、ぐぐぐと
表現力が伸びている感じ。(というより、本人が言いたいことが、随分スムーズに
言葉として出てきているといったほうが適切かな?)ただ、構文力としてはまだ
弱く、適切な日本語になるにはまだ時間がかかるなぁ。女の子ってどうして
あんなに上手にお話するんでしょうねぇ~。

・英語はWhat is that(this)?がWhat that is?というように、語順が違ったり
通じはするが、間違った言い方をしているものも多い。そういう意味では日本語の
方が現在はレベル的には若干上かもしれない。しばらくは様子見。



<BED トレーニング>
大将がBEDに入る20時になると、太陽がちょうど愚図りだし、大将を寝かしつけ出来ない
ことが増えたせいか、そのため、本の読み聞かせが終わると5分ほどで自動的に
自分で寝てしまうことが増えた!ラッキー!!

が、0時過ぎると私たちのBedに毎晩やってきます。
(これは私たちがアクションを起さないかぎり、数年は改善されないでしょう・・・)

<トイレトレーニング>
本当は卒業!と書きたいところだけれど、夜はまだオムツです。
(何なら寒くなってきてからは毎朝オムツが濡れてます・・・。夏はお漏らしなしの日も
結構あったのに・・・)
日中はもう、パンツしかはかせていません。遠出であっても。
全体的にお漏らしする回数はぐっと減ってきて、小の場合は1週間に1回あるかないか。
大の場合は1ヶ月に1回あるかないかというところまで。さらに大の場合は自分でトイレに
行って用を済ませてくれるようになったので、随分楽に。ただし、小の場合は尿意が
非常に弱いようで、おしっこに行きたい!という感覚が分からないと言う・・・(涙)
ので、未だ、時間を見計らってトイレに行きなさいと指導中。これはどうしたものか・・・。

でも・・・前進していないようでしているかな?

<社会性>
社会性ってそもそも何?自分で書いておきながら(笑)
ただ、PRE SWCHOOOLの友達と会うのは楽しいらしく、今日は来ているかなぁ?
と楽しみにするようになってきた。

<習慣>
色々な意味で習慣をつける指導強化しております。
手洗いだったり、帰宅後の靴・bag・コートをしまうだとか、おもちゃの片付けだとか。
少しずつ形になりつつある今日この頃。でも、まだまだおもちゃ等の片付けは
苦手です・・・。

d0150199_7585056.jpg<学習の記録>
・ひらがなをようやくマスター 
・30の数字盤がようやく調子が良いと4分をきる
・そらの数唱を50を完璧にしたけれど30すぎるとあやふやなところ(未だ30までがせいいっぱい)
・数唱は表を見ながら120まで挑戦。(100から120は私と一緒に)
・時間と曜日をじょじょに学習中(教材が間に合っていない)
・随分と筆圧、運筆力がついてきた感じ。でも、まだひらがなを自分で書くには
練習が必要。
・パズル再開。もともと、本人が大好き!というものではないので、気分をもり
あげてパズルをさせている感じ。20ピースがやっとのところ(もうちょっとピース数の
多いものを目指してはいるものの・・・)
・ようやく、ようやく、人の顔らしきものが書けるように・・・時間がかかりました。

<好きな本>
今月はいつになく、日本語の本の読み聞かせが少なかったのが反省。
それでも「もりのかくれんぼう」が現在ヒット中。



あーーこれが3歳なのかなというところもしばしば見受けられる今日この頃。
お兄ちゃんとしても名実ともに成長中。
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-28 00:38 | 3歳~3歳半

太陽 生後2~4ヶ月

UPしたつもりで、非公開となっていた記事発見。
随分時間が経ってしまいました・・・。

以下太陽の生後2~4ヶ月までの成長

太陽の成長記録もやはり2ヶ月同時に・・・。この2ヶ月の成長はかなり大きい。
でも日々忙しくて、ヘトヘトでなんだか覚えていなーーい!!こんなんじゃぁ
駄目だと思いつつ、夜22時にはBEDへ・・・・。
太陽がpre schoolに通う2歳になるまではこういう日々が続くのだな・・・
覚悟はしていたけれど・・・・体力の限界をすでに感じる私・・・。


日本ではまだ3ヶ月に満たない時点で保健婦さんに生後7ヶ月に見違えられるほどの
大きさ?貫禄?でして、また、同時に成長ぶりもすさまじかったです。
一言で言えば、自己主張開始!すでに赤ちゃんではなくなってます。正直、我が家で
1番怖い、恐れられるほど、自己主張が強い・・・誰に似たの・・・。
イギリスを出発する時点と、3週間後にこちらに戻ってきた時とでは別人のようなので
正直、親の私が困惑します。もり男はそれ以上だったと思います・・・
日本に到着してからの太陽は何かを脱皮するように、覚醒してしまったかのように
寝ていては、ほったらかしにされると思ったのでしょうか?突然赤ちゃんをやめる!と
決めたかのように、寝ないし、おとなしくしていないし、わめくし、体は動かすし・・・と
怒涛のごとく成長してしまい、私としては手がかかるようになってしまいました(涙)

d0150199_6292090.jpg(※日本の10月は私たちにとっては真夏日でした~。ということで、こんな真夏用の格好をしている太陽です)~生後3ヶ月までの出来事~(何はともあれ、生後2ヶ月で飛行機に乗りました!)
*手でおもちゃを触ろうとするしぐさが。
*コリックがほとんどなくなってきた
*笑い方がより大きくなってきた
*予防接種2回目が終了。
*まだまだおっぱいは吐く
*2ヶ月30日で初の寝返り・・・早くないですか?
*生後3ヶ月ジャストで体重7100g

d0150199_6304883.jpg(※初のハロワィンでいちごちゃんに変身!☆)~生後4ヶ月までの出来事~
*おっぱいを吐く量がかなり減ってきたと同時にぐぐぐっとオデブ
*奇声を発するようになり、かなり大きい声。
*数秒自分でお座りが出来るようになる。大将よりも早い時期に・・・。
*ガラガラ等を自分で持ち、口に近づけるように。
*夜、寝なくなってきた・・・。以前は11時~6時に間に2回の授乳でよかったのに今は
なんと・・・・4回以上起される・・・・これは何・・・!?母ちゃんヘトヘトです・・・。
*カラフルな色や本に興味を示す。
*日本でしっかりと大将から風邪をもらい、初病院デビュー!(日本で良かった)
*予防接種3回目も無事終了。大将は毎回発熱があったのだけれど、体の大きい太陽は
発熱全くなし!!


あーーーこんなもんでしょうか?次回はもっときちっと記録をつけたいな・・・。
いつも、こうして反省している私・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-25 05:28 | 生後2~3ヶ月
d0150199_2095273.jpg


いやぁ~よくぞ頑張りましたと。今回の里帰りはもともと、計画していたものではなくて
(両親が来英する予定だったのです)急遽、里帰りを勢いで決めてしまいました。
子ども二人を一人で日本まで連れて帰れるのか?という疑問を持つ前に、チケット
購入ボタンをポチンとした私。今回ももり男同伴なしのため、ロンドンヒースローから
の成田への直行便を選びました。

行き ヒースロー発 13;45 成田着     翌日09;30
帰り 成田発     11;30 ヒースロー着 同日15;55

実際、ヒースロー空港に到着し、もり男と別れる間際に始めて、今回の里帰り・・・
ちょっと無謀だったかも・・・どうしよう・・・・と後悔しても時すでに遅し・・・。
国際結婚していると、旦那なしで子ども二人連れて
もしくは頑張る方は3人連れての里帰りも珍しくはないし、もう行くしかないのじゃ!
と気合いで飛行機に乗り、またまたこちらに戻ってきた次第です。

今回は大将がちょうどトイレトレーニングの真っ最中ということもあって、そういう
意味では気が気じゃなかったのですが・・・。結果的には飛行場でも飛行機内でも
お漏らし等は一切ありませんでした。

もう一つの心配事としては、里帰り前に、またしても、私と大将が風邪。
大将に限っては喘息まで出てしまって・・・。なんとか、GPで吸引器を
GETして、飛行機に乗り込みました。

今回特に事前から準備したのは、大将への呼びかけ?をいくつしました。
①大前提としてフライトにはダディがいないから、ママのことを助けてくれないと
親子3人では日本に到着できないこと。
②特にヒースローの長い通路も抱っこと言わないで歩く。飛行機が到着して
眠たくても(時差のため日本到着もイギリス到着も彼にとっては深夜となるため)
抱っこと言わず、ダダをこねず、ちゃんと起きて歩くこと。
③トイレトレーニング中なので、トイレに行こうとママに言われたら必ず行くこと。
また、自分がトレイに行きたくなったら教えること。

事前にこれらのことを話して聞かせていたのは、とても有効的だったと思います。

それでも、物理的に、一人の大人で二人の子どもの面倒を見るというのは
狭い機内の中では結構大変。方や「おっぱい~」と泣くので授乳を始めると
「おしっこーー」とトイレコール。そうする間にmealが運ばれてきて・・・
寝かしつけて~ととにかく、12時間の中でこなす行事が多いこと、多いこと(笑)

覚えているかぎりで・・・・

大将の持ち物
・お絵かき帳&お絵かきペン
・お菓子
・ポータブルDVD
・トイトレ専用のナッピー
・万が一の時のためのズボンの着替え
・カルポール
・風邪薬

↑結局、お菓子以外は往復ともに出番がほとんどありませんでした。
大将は基本的に機内を歩きまわることもなく、通常通り、座席について
いるリモコンで遊び、機内で見れるアニメ等でほぼ時間をつぶしていました。

太陽の持ち物
・ナッピー(通常1日で使うプラス4枚)
・取替え用のbib 数枚
・タオル 数枚
・哺乳瓶 + MILK パック 1つ
・はおりもの
・ドーナッツ枕
・ブランケット

↑完全母乳のため、哺乳瓶もMILKも必要なかったものの、念のために持参。


今回お世話になったの航空会社はVirginさん。私の周りで評価は結構高いのですが、
私にとってはどうしてもなじめないところが多くて・・・。そりゃぁお金があったら日系で
帰りたいわぁ~というより、ANAさんにお世話になりたい!!でも、現実は・・・。
(もり男がいる場合はエールフランスもしくはKLMでバーミンガム空港から帰ることが多い)



今回はと言うと・・・。以前友人が大絶賛していた、男性のキャビンアテンダントが
乗っていました!!!あーー絶対この人だ!ってすぐ分かるほど、飛行機に乗るや
否や、すぐに声をかけてくださり、困ったことがあれば声をかけてくださいとのこと。
ただ、実際、私のシートの直接の担当ではなく、お世話になることは一度もなかった(涙)
私の座席担当のCAさんはブラック系の女性。可もなく不可もなくという感じで
ただ、ありがちで、こちらからお願いしなければ、絶対サービスは受けられないという
もの。

ただ、良い意味でびっくりしたことが二つほど。

① 13;45出発便で、GATEに着いたのが12時半過ぎ?12時45分?だったと思う
のだけれどGATEに着くや否や、名前呼ばれて、もう飛行機の中に通すことが出来る
ので準備が出来たらお通ししますと、今まで子連れでは最短の飛行機搭乗待ち時間。
と言うより、GATEに着いたらすぐ搭乗という感じ。待合い座席に荷物をどかっと下ろし、
大将のお菓子を取り出そうとしていたので、また荷物をまとめるのに慌てた私。
色々な規則で飛行機をつなぐトンネル?みたいな中までは荷物は持てないけれど、
その手前までは荷物まで持ってくれた。
(※子連れアテンダントサービスのようなものは、全くお願いしていませんでしたが)
前回大将と二人で乗った時はこんなサービスはなしでした。


② さらに驚いたのが、なんと、チーフみたいな方?キャビンアテンダントさんの中でも
恐らくリーダー的な方が、たまたま日本人女性の方だったのですが、ご丁寧の
座席までご挨拶に来てくれて、さらには小さい子どもがいるためか?2リットルのミネラル
ウォーターに、紙コップ、さらにはティッシュ箱までくださった!!
こんな対応は今まで受けたことないのだけれど、これって皆さんは普通なの!?!?!?

じゃぁ今回でVirginの株が上がった!?かというと・・・・


残念!!!!!

やっぱり無理ですから~こんな↓バシネットじゃぁ~~!
って昔、なんとか侍っていうお笑い芸人いましたよね・・・・そんなことはどうでもいいか。


とにかくこのタイプのものは使いにくかった!!次回はもう絶対これは乗らない!
って怒り狂ってましたが、我が家の怪獣姫はこの生後3ヶ月にして7kgありまして
このバシネット使用できるのは10kg未満の子どもなので、次は使いたいと言っても
向こうから拒否されるとのこと(苦笑)
d0150199_19563853.jpgd0150199_19565478.jpg

このバシネット、傾斜はフラットか、この角度かという2つしか選べず。
しかも傾斜を変更する際はなんと、頼んで変えてもらわないといけない。
しかも、バシネットに入れるときはベルトを必ず装着なんだけれど、寝付いた子どもを
バシネットになんとか入れてから、さらにベルトつけるのは至難の技。このベルトが
大変であたふたしている間に、子どもを起きます、必ず。
また、子どもの体のサイズと、枕というの?このヘッドレスト?の位置等がうまく
設定できないし、体は太陽が心地よく眠れるサイズの深さではないようで、
ようやく寝付いた太陽をこのバシネットに入れると、気持ち悪くて起きてしまう始末・・・。
見かけは皮製で、なんかリッチな感じだけれど、まぁ、本当に本当に使いにくかった(涙)
これも我が家だけなんだろうか?行きのフライトはなんとか、機内で配られる枕を太陽のお尻の下の入れ込むことで太陽が納得いく、フィット感と傾斜を作れたので、最終的にはバシネットで寝てくれたのだけれど帰りのフライトでは、体もやはり成長しているためか、行きと同じように枕を入れ込んでも何か違うらしく、12時間中、1回も1回たりともバシネットでは寝てくれませんでした。。。。




d0150199_1956233.jpg←私はこんな感じのただの箱型バシネットだと思っていたので、この中でうまく傾斜を作ろうと思って、ブランケットやミニ枕まで持参してきたわけですが、言うまでもなく必要がなかった・・・。大将は2歳になるまでの間に3回バシネットを使用したけれど、いずれも箱型タイプ。私は絶対こちらが良い派!!


結局・・・のところ・・・
d0150199_1949020.jpgd0150199_684096.jpg

帰りのフライトは空いていたので、横1列4席を私たち親子で使用させていただけました
(これが救いでした・・・)
それでもアームレストのバーが一番前の座席は上にあがらないため、こんな感じで
抱っこしたり、時々一人で座らせたりして、12時間しのぎました。座席がもらえなかったら
帰りのフライトはさらに死亡していたでしょう、私。

そして、何より最悪だったのが、帰りのフライトのトイレの故障!!
私たちの座席の目の前横がトイレだったのだけれど、そこのトイレが一番広くて
ナッピーチェンジできるシートも広いのに、そこが故障中とは・・・・(涙)
もう一つの横のトイレもナッピーチェンジできるシートはついているのだけれど
狭いったらありゃしない。親子3人で入るのはもう大変。でも、何度か入ったけどさ・・・・。
大人ならば後ろのトイレも使用できるのだけれど、ナッピーチェンジするとなると
唯一そこの、狭いトイレ一つだけだから、トイレが混みあう食後に、太陽がう●ちなんか
しちゃうと最悪・・・・。そういうえば、行きは事前にインターネットでchild mealを
お願いしていたけれど、なぜかそのリクエストも通っていなかった・・・。
(帰りはインターネット+電話連絡で確認しましたよ・・・)



d0150199_19491387.jpgとにかく、行きはよいよい、帰りは怖い~というフライトでした。でも、機内での子どもたちはとにかく、いい子にしていてくれましたし、大将が随分と助けてくれることもあったり、一人でシートで待っていてくれたりとお兄ちゃんにもなったので、そういう意味では、子どもたちに助けられたフライトでした。じゃぁまた二人の子ども連れて、日本に3人で帰る~?と聞かれたら、しばらくはもういいかな。恐らくまた忘れた頃に里帰りしたくなるのでしょう、いつもみたいに。

そうそう、今回初めてですよ、機内でお酒飲まなかったのは!!!(えっ!あなた授乳中でしょ!当たり前!という突っ込みは無視です・・・)アルコールなんか摂取しちゃったら、絶対寝てしまう自信があったので。飲まなくても今回うとうとすること2回、大将に「ママ~~」と起されました。




いずれにせよ、こうしてイギリスに戻ってこれたのですから、良しとしましょう。
次の里帰りは太陽が1歳すぎてよちよち歩くようになっているので、一番
問題だなぁ・・・。どうしましょうかねぇ~
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-24 06:58 | *子連れ フライト
d0150199_0384216.jpgようやく完成しましたぁ~。
以前太陽のカラー模様の視覚教材について触れたことがありますが、こちらは、乗り物や動物等の写真、そしてその説明が載っているものです。データを購入させていただき、それをプリントアウトして、切り取り、色紙に貼り付けラミネートして、穴をあけて、リングを通すとこうしものが出来上がります。里帰り前からせっせと始めたのですが、11月に入ってようやく出来上がりました。


d0150199_042754.jpgd0150199_0422935.jpg


左の写真ものは絵本形式で一つ対象物、例えば「いちご」が1枚1枚絵本のように
写真と説明で成り立っているものと、右の写真のようにA5サイズの用紙1枚に、
写真と説明がいくつかのっているものとの2種類がありました。
いずれにしても、図鑑のようなものでしょうか。

3歳の大将には説明言葉が難しいものがありますが、あえてその文章のままで
読み聞かせをして、分からないところを、分かりやすく説明をしなおしています。
今は写真と、説明を自分なりに理解しているようです。
(かなり先にはなりますが、分からない単語は辞書を引かせて自分で理解してもらいたいなぁと)

海外生活ですと、どんなに努力しても日本語に触れる機会は少ないですし、
それだけではなく、会話だけでは到底得ることの出来ない表現だったり、
学術的説明だったり語彙だったりを補充していくことが、どれだけ骨の折れることか・・・。
(※例えば、「犬」の説明で嗅覚という言葉だったり、「鳥」の説明文の中で分布という
単語が出てきますが、こういう単語はただの生活会話の中ではなかなか出て
こないので、得るチャンスもないわけです。こうした教材の中から、初めて耳にし
意味を理解し、最終的には自分の言葉として獲得してほしいな・・・と願いつつ
ラミネートしていました。大前提に、楽しむということがありますが。
まず(単語)音を耳にするところから、始めています)

3歳でようやく、日本語と英語を使い分ける環境が整ってきたと感じている今日この頃。
次は、語彙そのものの拡充、表現力のupはもとより、更なる日本語の理解度upにも
すこーーしずつ足を踏み入れていきたいなぁと思っています。

色々なところから、日本語を耳にし、理解するということは、とても重要だと思ってます。
教材を購入させていただき、使用させていただけることに感謝して・・・。
(※ご迷惑をかけることがあってはいけないので、あえて、購入先の方の
ブログは直接リンクしておりませんが、ご興味ある方はご一報いただければ
購入先はお知らせすることが出来ます)
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-21 01:00 | *バイリンガル育児・問題集

ケーキ作り


最近ケーキ作りにはまっている大将さん。
d0150199_7323366.jpgd0150199_733517.jpg

とはいってもとても簡単で、ほっとけーきmixを使って牛乳と砂糖と卵を混ぜて、電子レンジでちん!
今日はココアを混ぜて、ちょっとチョコ味仕上げ。

d0150199_7332997.jpgd0150199_733577.jpg
この容器は以前日本に帰国するお友達からいただいたもので、どうやらBenesseの付録だったようで、結構活躍しています。我が家の電子レンジ内のお皿が故障してまわらないため、熱の通りかたにムラが出てしまい、どうしてもこげてしまう部分が出てきます。が、本人はお構いなしといったところ。


この季節は外で遊べないことが多く、家の中で色々と対応することが増えてきます。
毎回の遊びに頭を悩ませる母でございます。
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-18 07:40 | 3歳~3歳半
ママHAPPY?と1日に数回は聞く息子。
私は息子が良いことをした時、何か成功した時は
「ママはHAPPY HAPPY HAPPY」とHAPPYの回数で嬉しさを
表現している。最高は5HAPPYです。(今気がついたけど、日本語じゃない・・・・)

本日の朝、特に何もなく、二人で歯磨きがをしていた時のこと
息子氏が

「ママはHAPPY?」と聞くのでとりあえず
「うーーん普通よ」と応えた。

いつもの息子なら「普通」という返事は気に入らなくて、
「どしてよ?どうして普通なの?HAPPYじゃないの」と聞き返してしてくるのだけれど
今日は何を思ったか

「●●(彼のニックネーム)はpre schoolいきたくないって言わないよ。だからママ HAPPY?」と
聞き返してきた。

何気ない一言だけれど、ここのところpre schoolに行きたくないといわれると
私は半分怒って、「大将には行ってもらわない困るの!ママはおうちのお仕事したいから!」
と本音のまま伝えていた。

午前中の2時間だけが集中して家事をこなせる時間。
とはいっても我が家にはもう一人、怪獣娘がいるのでそうもいってられない。
ただ、なんとか一人なら、おんぶしながらなんとか家事をこなせる範囲内。

で、それが出来ると午後は夕食の支度までは、子どもたちにびっちりと
付き添う日々。夕ご飯の準備まで出来ているとかなり心にも余裕が出来るし、
家事も片付いていると、カリカリしないし、余裕を持って子どもにも接する
ことが出来るので、大将を送り出した2時間をとにかく、1日の家事の8割を
こなしている。(と思っている)でも、家事に終わりはなく、というより、あれも
これも、どんどん増えていく感じで、永遠に終わりはこない。いつもあれも、これも
残ってる・・・と敗北感を感じながらBEDにつく日々。
時間がとにかく足りない、その前に体力が続かない、年齢を感じてしまう・・。

そんなこともあって、日本から戻ってきた11月から
息子氏を週5日と、朝の9;15-12;00までpre schoolに通わせることにした。
日本から帰ってきた当初はもとの生活に戻るまでに愚図ることも多く
特に「pre schoolに行かない!ママと一緒にいる!」と朝はごねてばかり。

時間のない朝に限ってごねるし、太陽もぐずるしで、朝からもう爆発気味の私。
「ママは大将にpre schoolに行ってもらわないと困るのよぉ!!」と
一喝していた。そんなことを叫んで1週間ほどたったある日から
特に愚図ることもなく、「今日もpre schoolだよね?」と
確かめる大将だったので、「そうだよ」と返事をしていた私。

でも、本日の朝の大将の一言で、本人は自分のためより、ママのためにpre schoolに
行っている、嫌だを言わないつもりだよ(言ったらママが困ってしまうんだよね?)
と伝えてきたようで、なんだか切なかった。

pre schoolで彼もHAPPY私も家事がこなせてHAPPYと勝手に
思い込んでいるけれどやっぱり寂しいこともあるのだろうか???
お迎えに行くときはとにかく、にこにこして待っているし
(まぁ、お迎えが嬉しいんだろうけれど)先生からも、特にpre schoolで
愚図っているとか、嫌がっている話はこの1年聞かない。
楽しんではいるようだけれど・・・。

ただ、ここ最近、私が憤りを感じたり、ため息をついていると

「ママ一人になりたい?」
「あっ大将、うるさくしちゃダメだよね?」
という大将。

はっとさせられる私。
「ママは一人になりたいの!!」
「大将、少し黙っていて!!!」

とここ毎回最近叫んでいたな。。。。と。

こんなこともあり、私のあまりの本音が


大将が(家に)いない=ママはHAPPY
大将が(家に)いる=ママはUNHAPPYという図式になってしまったんだろうなぁ。

「ママは大将がpre schoolで楽しく遊んでいることがHAPPYなんだよ。
つまらないでえんえん泣いているのは、HAPPYじゃぁないの。」と
付け加えておいたけれど・・・・

恐らく心のどこか(本心)を息子に見透かされていたことが
一番ショックで、そういう想いを感じさせてしまったことが申し訳なく、切なく
もなったわけです。



太陽が生まれて、幸せもさらに増えたけれど、正直しんどいこともある。
そして、ママも時として、一人になったり、集中して物事を取り組みたいんだよ~。
でも、それはあなたが嫌いということではけしてないんだよ・・・
あなたと心ゆくまで遊びたいから、午前中の時間ママは集中して、ガンバって
おうちのことこなしているんだと。

でも、ここ最近、彼の存在を消したい自分がいたな・・・。無理やりにでもpre schoolに
連れていきたい自分がどこかにいたんだなと反省。

怒りすぎてしまった日は、懺悔のように、帰宅してきた旦那に
「今日も大将を怒りすぎてしまった・・・」と言うものの
返ってくる言葉はなし。彼もなんて言っていいのか分からないんだと思う。

そんな時に今月のVERYを見て、”私と息子たちの関係はみんなに○をもらうためにあるのではない”
という小島 慶子さんの彼女のエッセイに、今回は強く共感したぁ~
(いつもは???と思うことが多いのだけれど;笑)

私はトイレトレーニングの時もそうだけれど、卑怯?というより、大人としてどうなの?と
感じることもあるけれど、育児をしていて困った時に、自分がどれだけ大変か、悲しいか
ということを真剣に、正直に彼に伝えることがある。
私のエゴといったらそうかもしれないけれど、やはり彼にも人が大変だったり困ったり
悲しかったりする気持ちがあるということを理解してもらいたいと思うから。

小島 慶子氏のエッセイでもまさに同じだった。(彼女の場合は子どもたちの
食育について悩んでいて、その旨を泣きながら子どもたちに伝えたそう)

彼女のエッセイの抜粋・・・・
(彼女が最終的に泣いて、子どもたちにどんなに子どもたちの食育が大変かを伝えた後で・・)

もし採点するなら、これは不正解だったでしょう。誰もが納得する美しい正解は育児書に溢れています。でも、私と息子たちの関係はみんなに○をもらうためにあるのではないので、仕方ありません。あなたにもそんなことがありませんか?どの親子にも、何年にもわたる経緯とそれぞれの事情があります。何か一つの出来事を取り出して誰かに話して聞かせても、決してその親子の間の感情のやり取りや、言葉の持つ意味は他人にはわからないのだと思います。「それは行き過ぎよね」「もっと賢いやり方があるのに」など、他人の話にいくらでもダメ出しができますが、自分のこととなると「そうするしかなかったんです」と言いたくなるのは、この世に一つとして同じ親子関係がないからでしょう。私の育児は正しいのか、私はいい親なのか・・・・それで悩んでいることにおいては、みんな同じなんだけれど。

(中略)

これは私の話。きっとあなたにはあなたの、絵にならない○があるでしょう。親同士がやり方の違いを超えて「子育ては大変だけど素晴らしい」という点で共感するのと同じように、親子も様々な向き合いを経て「誰かと
一緒にいるのは大変だけど素晴らしい」というただ一つのことを、互いに学ぶのかもしれません。一緒にがんばろう!親も子も。


と最後は締めくくられていました。
私も誰かに、私と大将の関係に○をもらうために、日々育児をしているのでは
ないということ。言うなれば、目指すところは、大将もhappy ママもhappyに
なるためにいくつもの、いくつもの、山を現在乗り越えている最中なのです。

育児書を見れば確かに、いかにも正しそうな育児方法がたくさん挙げられ
また、それが出来たら、それにこしたことはないのかもしれないけれど、
そう、いかないところに、親子の格闘があり、逆に言えばだからこそ、
親子として絆を深めていくのかもしれない。

子育てって子どもを育てているようで、自分育ての育自と常々感じております。
これが正解!というのはないし、100人のママがいたら100通りの育児があるのです。

自分が信じた道を方法を貫いて、子どもと一緒にHAPPYになっていく育児が出来れば
それが本当に良いこと。

こういう方法が本当にいいかどうかは分からないけれど、私は3歳の息子にそういう
自分の気持ちを正直に伝えないと、育児が続けられない。心に悶々と秘めていて
いつかそれが爆発し、自分が壊れてしまって育児が出来なくなることが一番怖いとも思う。
こんな母ですが、大将と太陽を育てていけれるのは、やはり自分だと思うし。
(※ただ、改善点としては、瞬間湯沸かし器のようにすぐに怒ってしまったりせず、
本音を言う前に、もうちょっと時間をかけたいとは思ってます)

だからこそ、彼を愛している!!!!本当に心から愛しているということも同時に
もっともっと伝えていかなきゃなぁ~。

生活していることだけで、精一杯になりつつある今日この頃。
余裕を持って育児は最高の目標だけれど、いつまでだってもアップアップでしょう。


愛しているよ、大将。
ママもママ3年生として、まだまだ成長していかなきゃね。がんばります。
そして明日からもよろしくね。
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-17 08:02 | 3歳~3歳半

太陽 プールデビュー

先週から太陽もプールデビューです。大将は生後6ヶ月からはじめたのですが
太陽はそれより早い生後4ヶ月でのプールデビューとなりました。

d0150199_19425074.jpg

あたち、やる気は十分よぉ!でも、お嬢さん、その足はすごいですね。。。。


大将が3歳となり、BABYクラスから一つ上のクラスにあがったため
土曜日のお昼はダディと太陽がBABY クラスに参加です。
d0150199_8115182.jpg

生後4ヶ月ですが、9-12monthの水着着て頑張ってます(笑)
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-16 19:54 | *習い事*

3歳の誕生日プレゼント

日本で3歳の誕生日を迎えた大将ですが、まぁ今年も誕生日といって
色々とお祝いをいただきました。私が子どもの時なんて、こんなもらわなかったよな・・・
甘やかされている・・・・のではと思うほど。

中でも、双方の実家からお祝い金をいただきまして、購入したトランポリンがなんと
いっても目玉ですかねぇ~。日本ではあまり一般の家庭にトランポリンってないと
思いますが、こちらでは特にびっくりもされない玩具ですね。実際垣根を隔てた
お隣さんにも、まるっきり同じトランポリンが置かれております。

d0150199_058424.jpg

3代で作るトランポリンの図。バネの部分が強力なので、組み立てには思ったよりも
時間がかかってました。

d0150199_0584110.jpg

楽しそうに飛ぶ大将の図。にしても、なんで旦那に頼むとこうも、ダサダサな格好に
気がえさせるのか・・・。不明。そもそも今年もこのジャケットがお目見え(笑)
このジャケットの件は知る人ぞ知るという感じですかね?今年もはい、着ます。

d0150199_141239.jpg

そしてこちらのヘルメットは義妹から。
かぶりものが好きな大将は、ただ、ヘルメットがかぶりたいと、ひたすら懇願すること
半年。念願のブルーヘルメットをもらった大将でした。

d0150199_1926899.jpg

家の中でかぶって
いるだけではね・・・・と公園に行き、スクーターの練習です。このスクーターけっこう
難しい・・・ってついつい親が遊んでしまったり(苦笑)来年の今ごろは上手に出来る
ようになっているのかな?
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-14 19:39 | 2歳半~3歳
今回の里帰りは一人で23kgの荷物を3個持って帰ってきました。
それでも、結局持って帰ってきたい全てのものは持って帰ってこれず
いつも同様、あとからSAL便・船便送っております。

飛行機に乗せて帰ってきたものです。とにかく・・・・重かった。
BAGの車輪が壊れました(笑)

今回の目玉商品をいくつかご紹介・・・。

d0150199_2330629.gif七田式のドッツセット。先日の太陽のインプットで登場したものです。これは以前から気になっていたものなんですが、やはり毎日分がセットされていて非常に使いやすいです大将の時はKumonのドッツで働きがけをしてみたものの、あまりの反応の薄さに途中で私がGive up。今回は太陽はかなり集中してみているので、今回はちょっと楽しみです。ただ、太陽に働きがけしていると、大将も気になるのか、一緒に見ています。

ただ・・・これ本当に重かった・・・・購入したはいいが・・・
8kgくらいあったと思います。


d0150199_23305177.jpg今回里帰りの目玉はなんといってもこちら!?その名もパワースマイル!鼻水吸引機。とにかく、この季節になると、鼻水をひたすらたらしている大将。日本にいる時は耳鼻科にも連れていって、鼻水を吸引してもらえるけれど、イギリスじゃぁそんなサービスはもとよりございません、風邪薬だってもらえないのだから・・・・。すでに第2子の太陽は大将から風邪をばっちりもらい、日本では小児科デビュー。現在も鼻水をたらしており、母もしかり・・・。ということで、この機械、付属品もつけたのもあって¥28500と、かなりのお値段したので、これからはしっかり我が家で働いてもらいます。
最初は怖がって泣いた大将も、これは痛くないと分かって今では素直に吸引されております。


d0150199_23293190.jpgいまさら!?と日本のママには笑われそうだけれど、エルゴ本当に大活躍しています。今まではbaby bjorn(少し高めのActiveを使用していました)が最高と思っていたけれど、生後3ヶ月弱で7kgある娘を抱っこするのは一苦労。baby bjornは前抱きしかできず、やはり背中と腰に負担がきてしまい、起き上がれなくなってしまったところに、日本の友人が進めてくれました。これ、本当良いです。もう数年前から日本のママの間では当たり前の商品だったのですね~何が優れているかというと、やはり腰のベルトがあることで、子どもの体重を肩ベルトと腰ベルトに分散して持ち上げているところ。エルゴを使用してしまった今baby bjornはもう私は使えません。ただし、モリ男はみかけがやはりbaby bjornが良いということで、未だにbaby bjornを使用しています。でも、時期に腰が痛くなるはず・・・。娘の重さはただ事ではない!もう一つの良い点がbaby bjornよりかはたたむとコンパクトになり、私のMother's bagに収納して運べるので、今までのように、もう一つ抱っこ紐をいれるためのbagを持たなくても良いということかな。これは今回の出産で買ってよかったものの一つ。(実はすでに、買ってだめだったものがあります)
これで、前抱きとおんぶを使いわけてます。おんぶがしにくいというレビューもあったけれど、3回ほど練習したら私は一人で出来るようになったの、特に問題なしです。とにかく、家でも外でもこれを持ち歩いてます。

d0150199_23351642.jpgイギリスでも買えるけれど・・・・。TANITAの日本語表示で見たかったというもの。産後の体重管理に必要です。体内年齢が毎回出て、若くなると、やっぱり嬉しい。最高記録で26歳までいった!そういうので喜んでいる自体がもはや、正真正銘のおばはんですわ。。。。体重はほぼ戻ったのに、おなかの肉?皮?が伸びきってしまってぽよっと出てしまってます。体重というよりは少し、引き締めないと、体がまさに重力に負けている今日この頃です。あーーあーー体が崩れていくってこういうことなのね・・・。


他にも子どもの絵本や食品や、日本の生活用品等毎回重量ぎりぎりまで詰め込む
私です。だって、高い運賃払っているんだもの・・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-14 02:06 | *妊婦・ママグッズ・情報