アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:*スピリチュアルな出来事( 14 )

知ってか知らずか・・・

先日のこと、太陽が大将の同級生のママのおなかを指差して
「Baby ねんね~」と言ってきました。

その周りには赤ちゃんはおらず、実はそのお母さんのおなかには
赤ちゃんが!そう、妊婦さんです。でも、そのお母さん、中国系のママでまだおなかは目立っておらず(コートを着ているということもあり)イギリス人からすると妊婦にはまるで見えない細さ。


でも、しっかり太陽には何か見えているようで、

もう1回私が聞き返してみると、

「Baby ねんねぇ~」とママのおなかを指差しながら言ってました。

おなかの中の様子が見えているのかな・・・。やはり、太陽さんはまだあちらの世界に近いのかしら・・?と思わされた出来事でした。


で、最近・・・私の3人目ちゃん希望を知ってか知らずか・・・このBABY人形を肩身離さず・・・・自分のBABY CARにこうして乗せております。傍から見ても、一瞬ぎょっとするみたい(苦笑)私自身もちょっとぎょっとします・・・・

d0150199_61687.jpg


しばらくは・・・おとなしくしてよう・・・っと。
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-11 06:19 | *スピリチュアルな出来事
ここ最近、ほとんど書いていなかったことなんですが、思い出したため、今日はnachimamaの泉~ということで、スピリチュアル的?ちょっとおかしな、ちょっと笑える出来事を書いてみようと思います。


今から10年前くらいになってしまう!?当時の私は仕事の鬼だった気がします。本当はそうはなりたくなかったけれど、そう働かざる終えなかった時期で、今思うと人生で最も忙しく、最も活躍していた時かもしれない・・・。まぁそういう事情はいいとして。。。。。土日祝日もなく、平日は午前様が続くこともあり、最終的には会社から200Mくらいにマンション借りて住んでいました。仕事漬け、まさにそんな感じ。そんな私は稼いでも遊びに趣味にとお金を使う時間はなく、いや、でも何か発散したい!と思うと、考えもせず、衣服をどばぁあああああっと一気に買ったり、海外旅行よりも高いといわれている、日本のとある島へ唯一とれる夏休みに出かけたりと、とにかく今思うと・・その浪費ぶり・・・当時のバブリーっぷりはすごかったな・・・。

そんな激しさが増し貯金額も増えない日々が続き、どかんと浪費するたびにクレジットの支払いがんばらねばぁ~なんて思っていた頃・・・ある天使が実家の母の前だったか、夢だったか現れたということ。その天使が「●●ちゃん(私の名前)のお財布に穴が開いてる~よいしょっ!」とうちわを2本を持ってよよいのよい!みたいな感じで踊りながら飛んでいるらしい・・。それ以上のメッセージはなく、ただお祭りみたいなノリで「●●ちゃんのお財布に穴があいてる~よいしょっ!」とひたすら、うちわ合わせてぐるぐる回りながらお祭りのように踊っていると母からの伝言。とにかく私の豪快な?お金遣いに何か物申したかったのかもしれません。

d0150199_05036100.gif


どーーしてもその天使とやらを見てみたくて・・・・私も意識を集中させ、その母のイメージに焦点を合わせていくと・・・、一人のぽっちゃりした、毛先がカールしたBABYのような天使が見えてきて、その姿は羽根だけで飛ぶのは体がかなり重いのか、おしりのほうが若干、下に下がっていた感じ。手に持っているうちはを2本を羽根の一部として仰ぐ感じで実家の母の部屋を飛んでいる様子が脳裏に浮かびました。セピア色の映像を見ているような、夕暮れ時なのか、映像はオレンジがかっていました。本当にこのイメージが母が見た天使と同じかどうかは分かりませんでしたが、自分のイメージでははっきりとちょっとぽっちゃりした天使のしかも女の子が浮かんできました(普通天使って性別はない?)なんでこんなBABYみたいな天使が私の名前を知っているんだろうな・・という若干不思議な感じはしましたが、それ以上は私も母も詮索もせず、ただ笑ってなんの天使なんだろうねぇ~という感じでした。そして時が過ぎ・・・

で・・・数年後・・・・になります。

今の旦那と同棲していた時代、かれこれ8年前ほど・・・・?別れるかどうかというようなものすごーーい大きなけんかをしていて、どうにもこうにも、意見がまとまらず、ケンカも終息することはないものの、けんかに疲れ果てて黙っていた私たちの間を一人のBABYがものすごいスピードでだだだだだと走り去っていったのです(笑)あまりに突然のことでしかも赤ちゃんが爆走したいったので、かなりびっくりしました。もちろん旦那には見えていません。イメージでいうなれば、よく漫画で走る描写をする時に足の部分にもくもくもく~と煙のようなものを描きますが、まさにそんな感じで赤ちゃんの足の部分に煙のような白いもくもくがあった感じ。あまりにシリアスなケンカをしていたのに、突然赤ちゃんを見てしまい、それを今の旦那、当時は彼氏に言うも、「よくもまぁ、こんな別れるか別れないかの瀬戸際の話をしている際にそんなこと言えるなぁ!」と言われたものですが、だってしょうがないじゃない、見てしまったものは・・・・。でも、一番良く見えたところは足のもくもく部分で赤ちゃんのはっきりとした顔とかはあまり記憶に残らず・・・。あくまでイメージでもやもやした感じで見えてました。一番近いイメージはアラレちゃんの爆走!?のシーン。白い煙が立ち上がる感じでした。



で、こんな上記の件、全く忘れて、なんとかこの彼氏と結婚に至り?国際結婚をし、イギリスに渡英し、早7年。子どもも二人授かりました。なんとか生活しております。で、先日友人がとってくれた1枚の写真を見た瞬間にあーーーーっと!声が出ました。

























d0150199_054466.jpg


はい、もうお分かりだと思いますが、上記二つの赤ちゃんの正体はこの方↑でした(笑)普段目の前で見ている太陽は大将よりもより日本人顔なので、全く気がつかなかったのですが、この写真が私達親子が見えていたイメージに一番近いものかもしれません。これに羽根つけて、重そうに飛んでました(笑)もう少しヨーロピアン風で毛先のカールが強くくりんとした感じでしたが、まぎれもなく彼女でした。未来の娘を見ていたのですね・・・。特に天使のイメージで見ていた時は、今の旦那と出会っているわけでもなく、まして国際結婚するなんて夢にも思っていたなかったので、自分たちが見たにしても、まさか娘になる子とは想像もつかず、せず。やっぱり天界でも、太陽はどすこい型だったのねぇ(笑)ただ今よりもさらに明るい栗色の毛で毛先がカールしていたんですけれど・・・顔はこの人でした。旦那とけんかして爆走した赤ちゃん、今、太陽がたたたたっーという感じで部屋を駆け抜けるのですが、まさにこんな感じ。でも、以前出てきた時のほうが、快速だった気はしますが(笑)

いずれにせよ、ここ最近急に上記の件を思い出したので、母もこの写真を見て同じようなことを感じていたようで、あの赤ちゃん天使は太陽だったんだねぇ~なんてちょっとなつかしいような、昔話のような感覚で、お互いに確認しあいましたとさ。

当たり前のように普通な感じで書いてしまいましたが、日々こんなことが起きているわけではありません。この何かを感じたりみる力は年齢を重ねていくごとに弱くなっているような感じです。10代後半から20代前半くらいまでは一番強かったかな・・・。

信じるも信じないも何の反応なしも、読んでいただいた方それぞれの受け止め方に委ねます。最後までおつきあいいただきましてありがとうございました。

もう一つ最近思い出したことがありますが、それはまた次回にて・・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2012-10-17 02:43 | *スピリチュアルな出来事

第2子性別判明~

第2子の性別が判明したのですが、それにあわせて約3年間?に渡り
あたためてきた、記事をUPしたいと思います。
第2子の性別判明ですが、第1子である大将の性別判明のことも
あわせて書きたいと思います。

このスピリチュアルな記事、なんとまぁ数年ぶり!?に書きます。
こういった類ものは、信じる人・信じない人、本当に人様々ですよね。

私自身、こういったスピリチュアル系の話は好きというより、
自分自身が昔から体験したり、実感したりすることがあったので
信じていますというより、現実の生活で当たり前のこととして受け入れて
いる部分があります。

ですので、今日の話は、育児でも早期教育にも全く関係ありませんので
あしからず!
興味のある方だけ読んでいただければありがたいなと。

性別のみ知りたい方は記事を先送りしてスクロールしていただければと
思います。mixiからお越しいただいた方、何度もすみません。
(下の☆こちらからどうぞ☆というところです)

信じてはいないけれど、興味がある方は夢物語として読んでいただけたらと。

**********************************

ご存知の方も多いと思いますが、私の母は霊感というのかスピリチュアル関係の能力が
高いというか強いというか・・・。ある意味かわいそうな時もあるくらいで・・・。

で、以前記事にもしましたが・・・
そのスピリチュアル感覚の鋭い母が、私が大将を妊娠する前(ちょうど、不妊症かもと
悩んでおり、治療を受けようかどうか考えていた時期)に夢で「おばぁちゃん」と肩を
たたかれ、振り向いたら小さな男の子がにこっと笑って立っていたというのです。
(※その話の翌々月あたりに私は妊娠しました。)
しかも、母がどうしても可愛いと思って孫が出来る前にフリーマーケットで購入して
しまったセーターを着て出てきたというのがこちら↓のセーター。
(※本当は、妊娠前に赤ちゃんのものをそろえるのって縁起がよくないといいますよね)

d0150199_7491973.jpgd0150199_750188.jpg

でも、そのセーター、母がフリーマーケットで購入したというのは後から母が思い出し
たもので、当時私に「その男の子、ちょっと変わった襟つきのしかもボタンが襟元に
ついていて、象の柄かなんかがついている赤いセーター着て出てきたのよぉ。
nachiの子ども服の趣味ってこういうものなのかって不思議にお母さん思ってたの・・・
でもねぇ~後々よーく考えてみたら、そのセーターお母さんがずっと前にフリーマーケット
でどうしても欲しくなって購入したものだったのよぉ。すっかり忘れてたぁ!」と、
ものすごい天然な母なのです(笑)

そして、母は、この件を通じて、大将が伝えたかったメッセージはこういうことでは
ないかという推測していました。母自身も忘れていた、赤色のセーターを何故大将が
着て出てきたのか。実は大将が出来るまで、私は出来るなら女の子が欲しいと
思っていました。、男の子は出来ないならそれはそれでいいなんてことを言っていた気が・・・。大将ごめんよ。なんなら女の子の姉妹が欲しいとまで、言っていたのです。
ただ、現実問題、子ども自体がなかなか出来なかったわけで・・・。
母はこのセーターを購入した時点では、孫が出来るかどうかもわからないわけで、
なおさら性別を知る由もなく・・・そんな状態でも、まだ見ぬ孫のために思わず
買ってしまったセーター、それを着て母の前に姿を現すことで、自分(大将)こそが
これから生まれてくる孫であり、男の子であると伝えたかったのではないか?
と言うような推測をしていまた。

そんなこんなで、私たち母娘は、私が妊娠した時点でおなかの子の性別は男の子
ほぼ分かっていました(信じきっていました)
で、20週のスキャンで、性別を確認したところ、ちゃーーんとつくべきものが、
つくべきところについておりました(笑)

当時というか、今でももり男はそういう類の話は信じませんが・・・・
これまで母が言うことが全て当たってきたので(子どもの性別以外でも)
最近は信じたくないけれど、信じているようなところがあります。


で、今回の第2子はといいますと・・・
大将の時は母は通信がとれるなと思うとおなかの大将に話かけて通信して
いたようですが、私が第2子を妊娠してもなかなか、第2子からはメッセージが
送られてこない、周波数等をキャッチできないといってました。
(母はプロではないので、自分で調整するということは出来ないようで、本人曰く
ラジオの周波数のように、互いのソウルの周波数のようなものがバチッとあった
時のみ会話できるようなのです)ただ、第2子のイメージは感じているようで
イメージとしてはおとなしく、じっと静かに固まっている感じであると母はいい続けて
おりました。ただ、大将の時のようにはっきりと画像で人間像を見たわけではないので
そのおとなしいイメージからだけでは性別は把握できないとのことも言ってました。

大将の時はそれこそ、母の見ていた大将はおなかで元気にキックしながら泳いで
いたそうで、とにかく動きまわるので、すぐに交信しないと、ぴゅーっと泳いで
どっかに行ってしまったそうです。ちなみの今の大将そのものな感じがします。
また、大将妊娠時の20週では随分胎動があったのですが、今回の第2子に関しては
胎動が0ではないのですが非常に動きが少ないなと私は感じています。


性別の話に戻りますが・・・・
第2子の人間像がはっきりと見えない母ではありましたが、
実は母と私はおなかの第2子の性別をもっと以前から知っていたのです。

というのも、実は大将がおなかの中にいる時に次の赤ちゃんの性別について
言及していたことがあったのです。ですから、彼是、3年前くらいの話ですが・・・。

私が大将の名前をつけるのに悩んでいる時におなかに居た大将は母に
「名前はママがつけたいものにすればいいんだよ。僕の名前を一番呼ぶのは
ママと●●●●(←ここに弟か妹が入ります)だからね。あっ」
と言って口を押さえて、言ってはいけなかったぁという表情で消えたそうです。

この話を聞いたのはもう3年も前。第1子が生まれる前から第2子の性別を
知るってものすごく不思議な感じがしましたが、これらの話を聞いていた私は
まず第1子を妊娠した時点で第1子の性別を、しかも、まだ第1子も生まれて
いない状態で第2子が生まれてくること、第2子の性別も把握していたことになります。
(※ただ、冷静に考えると大将は自分の名前をもっとも呼ぶ回数が多い
弟or妹が第2子として生まれてくるといったわけではないので、
第3子ももしかしたらありえた話といえばありえた話ですが・・・おーこわこわ。
我が家は2人でもう打ち止めですぅ~~)

1ヶ月ほど前から大将におなかの子の性別を聞いてもはっきりと
「●●●●」と答えて、何度聞いても「●●●●」と、おなかにいた時に言っていた
性別と同じで、やっぱりそうなんだぁ~と思ったり。
(私や母は一切、大将の前でおなかの子の性別については話していません)

そんな第2子が初めて母に交信してきたのは、母が地元で行われる
フリーマーケット(またしてもフリーマーケット;笑)で、大将のgoodsを
物色している最中、目の前にある小さなお弁当箱を欲しがったそうです。
母の趣味で言えば、全くかわいくない!趣味ではないと思ったそうなのですが、
おなかの子がどうしてもそれを欲しいとメッセージを伝えてきた(ような)
気がしたので、買ってきたというのです。
その際、その子は「ママにもお弁当を買ってあげて欲しい」と言って
私にはキティちゃんのお弁当を購入するように伝えてきたそうです。

母はキティちゃん柄のほうは可愛いにしても、その子自身が欲しいと伝えて
きた小さなお弁当箱は自分の趣味ではないので、気がついたら家の中でその
お弁当箱、無くしてしまったそうで、今、必死に捜索中とのこと(苦笑)
なんか、母らしい。自分の興味のないものに関してはとことん、無頓着。
それが私の母なのです。

そんなこんなのお弁当の件が唯一の第2子との交信かと思っていたつい最近。

大将が本を読んで欲しいというから読み始めるとBedで騒ぎだしたり、私が読み聞かせをしている最中に自分は自分で本を読み始めるので、私が読み聞かせを止めると読み続けろ~と無茶なことを言ってきたり、その他諸々で私が大将の悪がき具合にぐったりし、時に怒りをあらわにしていた時のこと。
(母には最近の大将の様子として、その旨を伝えた後日)

母に第2子が交信してきて
「いい子する。 本たくさん読む。」
とそれだけを伝えてきたそうです。第2子なりに母親の愛情を受け取るには
上の子をしっかり見て、どういう風にすれば親の愛を受け取れるのか考えたのでは
ないかということでした。
確かに、第2子ってちゃーんと上の子に負けないよう、親の愛情受けれるように
育っていくっていいますもんねぇ。なんかちゃんと見ていて、またそうこと考えるって
生まれる前からすごいなぁと思ったり。

そんな二人目ちゃんでありますが、


で、一体全体二人目ちゃんはどっちなんだって?

ここまで、読んでくださった皆様ありがとうございます。
上記の話を信じるにしろ、信じないにしろ、
性別は男の子か女の子かの二つに一つ。50%50%の確率!


予想が当たる確率は高いですよね。





お待たせいたしました~

☆こちらです☆
[PR]
by nachimama83 | 2011-02-19 04:44 | *スピリチュアルな出来事
ベビたんがある日母との交信中こんなことを言ったそうです。

「神様に知性・性格・健康・外見すべて100点は無理って言われちゃった。」
彼は神様との交渉ですべてをお願いしてみたらしいのです。

神様との交渉ですと何か一つぬきんでて100点を取ろうとすると
何かを0点に近いものをとらないといけないらしく・・・。
基本的には各項目、バランスをとらないといけないという意味なんだと思うのです。

みんながみんな4項目の総合点400点ということではなく、ご先祖さんの功績も
加味されるようですよ。ですから持ち点が高い(400点以上持って生まれてくる)人は
ご先祖様が徳を積んでいらっしゃったりすることが多いようです。
もしくは、生まれてこようとする魂が前世徳を積んでいれば、それも加味されたりするの
だと思います。
ものすごいスピリチュアル的世界の話になってしまいますが・・・。


水腎症になっているのは、私たちがベビたんに色々と期待しすぎた結果のようです。

ベビは
「ママとパパ、みんなから愛されたいんだ!」
と言ったそうです。愛されるためには、みんなの期待に答えたいと。
健康は大前提、当たり前と思っていた私たちが、それ以上の項目に期待をかけすぎた
結果、ベビが選択したのは、少し健康の点は下がるけれども、皆が期待するそれぞれの
項目の得点高を狙ったのでしょうね・・。
(本人もそう申しておったそうです・・・)

親として申し訳ない。私たち周りの欲がベビに対する期待が彼の健康得点を
下げてしまったんだ・・・。ごめんね。もちろん、本当に健康あっての人生なんだよー
ベビたん。それを当たり前と思っている私たちが悪かった・・・。
今になって五体満足の意味を本当に知る母ちゃんたちです。。。。


何はともあれ、健康であってください、ベビたん。よろしくです。

そしてベビはこんなことも言ったそうです。

僕は「いーちゃんのように(母のいとこ)人を楽しくさせたり、元気にさせたり
することがでい、Mちゃん(私の親友)のように賢く高い実践力がともなう
人になりたいんだ」と言ったそうな・・・。

うーーー、すごすぎる。理想であるから、そうなれるかは別として
生まれる前にすでに目標をお持ちなのね・・・。
母上はあなたとどう育てりゃぁいいんでしょうね?

答えは
「(ママは完璧に子育てたがるだろうけど)そこそこでいいそうです」

これにもめんたま飛び出るかと思いました。

「ママは完璧なママを求めようとするから、僕はそこそこに育ててもらえば大丈夫です。
●●には自信あります」と言ったそうなぁ~。

そして、
そこまで断言されると、ママのお役目っていったい・・・


とにかくベビたん、健康あっての↑の発言ですから、どうか健康であってくださいね。
[PR]
by nachimama83 | 2008-07-24 19:11 | *スピリチュアルな出来事

ベビからママへのお願い

ベビたんから、ある忠告をもらいました。

これまでベビからもり男パパに対しては特にメッセージはなかったのですが
初めてもらいました。(信じないという言うくせに、内容が気になるもり男パパ)

「僕が生まれてきてから、ママが僕だけに一生懸命になっちゃうと
パパは精神的にささくれだってしまうから、そこは気をつけてあげてください。
どうせ、給料さえ運べばいいんでしょという感じになりやすいから・・・」

「たとえ、僕がじぃじになついてじぃじから離れないと、パパはそれでも
やきもちをやくというか・・・僕の子どもなのに、どーして自分以上に
なついているんだ!と思うタイプだから、そこはママがうまくフォローして
あげてね」

「これは僕を愛しているってことなんだ、エゴの人よりいいでしょ!?」ですって。

もり男の性格をとってもわかっているなぁと感心してしまいました。

だそうです。それをもり男に話すと、むっ!としながらも実はそのことを
考えていたそうな。生まれてきて、妻が赤ちゃんにつきっきりになってしまうのは
しょうがない。自分も大人にならないと。

でもじぃじの件は想像しただけど、やっぱり今からむかつくそうです:笑
(※もり男ともり男パパの関係はとてもよいです!あしからず!)


そして私に忠告・・・

「僕が生まれてくると、ママは「本当に自分のしたいことをすればいいの、周りの期待
に答えるとかそういうことではなくて、自分がしたいと思ったことをしなさい」って
心配して僕に言い続けるんだ。でも、僕は大丈夫だからと伝えてください」

ですって。。。。おーーー私がそんなことを言うのか!本当に自分が好きと思える何かを
やり続けてほしいなぁと思います。周りの期待とかそういうことではなくて、


どーやら話してみると、私以上にもり男がスパルタパパになる片鱗を見せたので
これにもびっくりしました!ちょっとぉおお!この子は私が守らなければ!と
思っていたのです。
[PR]
by nachimama83 | 2008-06-24 19:23 | *スピリチュアルな出来事

ベビたんごめんね。

日本帰国は買出し・友人の結婚式参加ということではとても有意義なものでしたが
私たち夫婦はこれまでにない、けんかの日々でした。

恐らく、私が自分の実家でくつろぎすぎて、もり男のことを忘れがちというか
昔実家に住んでいた頃の私に戻ってしまい夫に対する配慮が足りなかったの
だと思います。それでももり男は一生懸命、私の日本滞在を良いものにして
くれようとHELPしていてくれたのですが・・・。


日々のけんけで一番のピークは荷物の郵送時。
互いにささいなことだけれど、梱包の方法とか順番とかでなかなか意思疎通
できず、おおげんかに・・・。もううっぷんもたまって私は涙・涙に・・・。


そうすると・・・・。


ベビたんが母を通じて
「お耳が痛い、お耳が痛い」

と何度も繰り返し伝えてきたそうです。

そして母が申し訳なさそうに・・・
「ベビたんがそう言ってるから、けんかなんとかならないかな・・・」

パパとママのけんかの声が波動としておなかに伝わり、耳が痛いとのこと・・・。


この言葉にわれに返り、また涙・・・。
ごめんよ、ベビたん。パパとママはベビたんをこの世で迎えられるよう
チームとしてがんばっていかないといけないのに、その反対にどなりあい、反発しあい
最悪の状況だったね。


反省しました。

おなかの中で小さな胸を痛めていたことでしょう・・。
胎教うんぬんよりも、とにかく夫婦が仲良くしていることがまず大事ですね。


本当にごめんなさい。
[PR]
by nachimama83 | 2008-06-17 05:49 | *スピリチュアルな出来事
スピリチュアルな話はもり男はあまりというか、ほとんど信じません。
人は生まれて死んだらそれっきり!というタイプ。
もちろん、そういう方もいるでしょう。

私はもちろん「輪廻転生」を信じるほうで・・・。

まぁ、それでも二人なんとかうまくやっています。

来世も、必ずもり男を見つけ出して!?結婚するつもりです。
もり男は逃げるって言ってたけど!?逃がしません!(笑)

話は変わりますが、ここイギリスはかなり心霊研究やスピリチュアル研究は
盛んで、世界でもTopクラスです。そういう地に住んでいるというのも
また不思議。


私も普通の人より霊感とか感が鋭かったりはするほうだけれど・・・・
母はこれぞ、霊感!スピリチュアルって感じでまったくかなわない。
本当にかなわない。

でも、私のおなかの子とまで交信するとは、まったく考えなかった。


たぶん私には内緒で報告以外にも実はベビたんと交信しているのだと思う。
まぁ、それはれでいいけれど・・・

最近の報告で驚いたのは!

ベビたん・・・・前世のお名前を覚えているようで・・・
母に報告に来たらしい。(もうこの時点でもり男はフェイドアウト!信じるわけがない!)

「僕・私は今回産まれたら名前が決まってるみたいなんだけど・・・
でも、本当は●●っていう名前なんだ~」

と前世の?名前を言ってまた泳いで帰ってしまったらしい。
いつもかなり短い時間の滞在らしく、セリフをぱっと言って帰る
らしい・・・・。

今回はさすがにひょえ~だわ。わが子はまだ前世の記憶をお持ちのようで?!



そうそう、母はあえて、この名前を私には言いません。
だって、今世で生まれてくるのにあえて過去世のことをひっぱってこなくってもね。
私も知りたいとは思わないけど、恐らくヨーロッパの名前だと思います。
(そうそう、時々母が見える映像が私にも見えることがあります。)

ベビたん生まれてきたときにはこの記憶をなくしてしまっているかも
しれないし、3歳くらいまでなら覚えているかもね。
(以前tvで過去世のことを覚えている子を見たことがあります)
でも、覚えていても、覚えていなくても、ママはベビたんが大好きですよ!


でも、ママは考えちゃう!前世、ママとベビたんはどういう関係だったのかしら?
ベビたんと恋人関係だったかしら?パパを抜かしてそんなことを考えてみたり(笑)

生まれてきたら、いっぱいお話しようね!
[PR]
by nachimama83 | 2008-05-13 17:59 | *スピリチュアルな出来事

~ベビたんのお願い~

母が最近ベビたんと交信した時の話。
このトピックを書くのはいつもどうか・・と思いながら・・・・
でも、やっぱり私の中では事実なので・・・。記事またUPします。
※夢物語として聞いていただいても結構です。

***************************


~その1~
私が現物も見ぬままSTOKEEというたかーーいベビーカーを欲しがっている頃の話。
もり男には「高すぎる!」といわれ、猛反対にあっていました。

私も私で何が何でも!手にする!と完全対決していた時のこと。
(母がお祝いである程度、お金をだしてくれるって言ってるのにそれもNO!
だったんですよ~~あーームカムカ!)

そんな対決の様子を怒りながら実家の母に伝えてたいら・・・・

後日、母がベビたんと交信していると・・・
「(僕・私)はなんでもいいのだけれど、ママが欲しいって言ってるから
神様にお願いしてみる。でも、ダメって言ったらあきらめてね」

ですって(笑)あーー赤ちゃんのためによいベビーカーが欲しいと豪語して
いた私。赤ちゃんはなんでも良かったみたいです。ちょっと恥ずかしく
なりました。要するに、ただの私の欲かぁ。結局現物を見て、使用して
あまりに重すぎたので、そのベビーカーは私自身購入する気がなくなってしまいました。

ちなみにこの時のベビたんまだ泳ぎの練習をしていたということです。
神様にほめてもらいたいとのことでした(笑)

~その2~
先日NHSのスキャンに行ってきたときの話し。
今回はよく見えなかったのだけれど、それでも口ぱくぱくしていたと
母に話した直後。

母がその後ベビたんと交信していて
「スキャンの時、お口ぱくぱくしていたんだって?何お話していたの?」
と質問したところ
「ママーって言った。」
ですって。うふふ、「パパ」って言われたらさびしいわ。素直に嬉しい♪

~その3~
ベビたんいわく
「ママ(私のこと)の人生の一大事はばぁば(私の母)が死んじゃった時なんだ。
その時に僕・私はは支えてあげる!」

と言ったそうです。生まれる前からして・・・そんなことをいうベビたんに驚き。
そしてちょっと感動・・・。

実はこれの以前に私、そのことをおなかのベビたんに語りかけていたんですよ・・。

「ママのママ(私の母)が死んじゃったらママはうえんうえんってたくさん泣くと
思うんだぁ、ママは大丈夫かな・・ベビたん」って。※もちろんこんな話は
母にはしてません。

やっぱり聞いていたんだなぁと思いますし、このおなかに宿った赤ちゃんは
赤ちゃんで小さいけれどある意味、私を守る役割を持って生まれてくるのか・・・って。
まだ生まれてもいない、ましてこんな小さい生命体が、親の期待にこたえようと
したり(以前の水泳の話)
今回の件でも親を守ろうとしている意志があるなんて・・・。
心はすでにいっちょまえですね。

感動をとおりこして、なんだか宇宙の神秘感じます。

やっぱり赤ちゃんはパパとママを選んでちゃんとおなかに宿るのだとも
感じています。

~その4~

昨日のことですけど、インターネットの映像つき電話で話しをしていて
父親に、大きくなったおなかを恥ずかしげもなく見せたところ、

すぐに母にインスピレーションとしてベビたんが伝えたそうです。
「ママもそうやっておなか出したから、僕・私がみんなの前でポンポン見せても
怒らないでね」
(時々赤ちゃんって意味もなく、自分の洋服めくって、大きな
幼児体系のおなか見せることありますよね?あのことだと思うのですが・・)

ですって。これには時間差なく、ダイレクトでベビたんからメッセージが届いたので
びっくりしました。

おなかを見せる意味が違いますよね(笑)やっぱり赤ちゃんの発想も
ちゃんと持っているんだとほほえましかったです。

体内の記憶を持って生まれてくる赤ちゃんがいるのはもう周知の事実。
わが子が上記のようなことを覚えて生まれてくるかは定かではありませんが、
この時の質問はしてみようと思います。

こうしてママと赤ちゃんのきずなは日々強くなっていくのでしょうけど、
じゃぁパパとは・・・?ってことを考えます。

私の気持ちは言葉なくとも、テレパシーのようなもので感じることは
多々あるでしょう。でも、私一人がベビたんの親になるわけではなく、
パパもベビたんの親なんです。れっきとしてパパなんです。

最近はパパのことも分かってほしてく、パパが一生懸命お手伝いしてくれること、
ママがパパをどんなに愛しているかってことをおなかに向かって伝えています。
もちろん、パパがママのこともどんなに愛してくれているかってことも。
(って思ってるけど・・・違ったりして・・・)

たぶん、全部分かってくれているとは思うのだけれど、自分とベビたんの結びつきが
強まれば強まるほど、パパの存在や、パパはパパなりにベビたんの誕生を
心から楽しみにし、パパとして対面できる日を待っていることを伝えたいなと
ママはママなりに思う今日このごろです。

ベビたん!分かってるよね?
今度何かあったら教えてね。
ママより

私の母
[PR]
by nachimama83 | 2008-04-25 16:57 | *スピリチュアルな出来事

妊婦の役割

スピリチュアルな出来事は私自身が信じていることであり、
ある方にとっては受け入れがたいことかもしれません。

でも、記事に載せていることは、スピリチュアルに関係なく
普遍的なメッセージだと思うのです。

おそらく、妊婦さん・出産を経験した方ならば何かうなずくことは
あるのではないかしら・・・・・

そんな思いで記事をUPしております。

*******************************


ここのところ、なんとなく体が重い日々が続き・・・・
もともと料理以外の家事は好きではないのに、
その他の家事をすることがさらにおっくうでおっくうで・・・・

でも、そういう自分を責めてばかりでした・・・・・。
仮に私は妊娠をしていなくても、やっぱり家事には向いていない
主婦失格だぁああと。

落ち込むすぎると涙がぽろり・・・・・。


そんなことを母に愚痴ってまたぽろり・・・・。

その数日後、
神様からのメッセージをいただきましたので、ご紹介いたします。

「nachimamaは自分の出来ないことを見つけて、自分を責めて
ばかりいるけれども、今回の妊娠、それはもり男の赤ちゃんを授かり
出産するということは、世界中何億人いても、それはあなたしか出来ない
ことなのです。

だから、小さいこまごまとしたことが例え出来なくても、世界中あなた以外
誰にもなしえない、もり男の赤ちゃんをおなかで大事に育て出産するという
大きな大きな仕事を担ったのだから、そこに自信を持ちなさい」


というメッセージを母から通じていただきました。

このメッセージを載せたのは私自身を弁護したいのではなく、
もし仮に私と同じように、落ち込んでいたり、何も出来ない自分を責めている
妊婦さんに一緒に感じていただきたいと思って記事にしてみました。

旦那さんの赤ちゃんをこの世に誕生させてあげられるのは
奥さんあなただけなんです!(なんかテレビの通販みたいだわ、このセリフ・・・)

でも、本当にそうだなぁって思いました。自分が思っているより、妊娠・出産って
もっともっともっとすごいことだったんだって気がつきました。

自分を責めるのではなく、このおなかの命を守りながら、出来ることを
探していこうと思いました。

凹んで這い上がって凹んで這い上がっての繰り返しの妊娠ライフ。
まだ先は長いですね。

(これまで、周りの方には同じようなことを何度も言っていただいたのに、
あまり、心で理解できてなかったようです。でも、ちゃんと理解しました!
メッセージをくれたみんなありがとうね!)
[PR]
by nachimama83 | 2008-03-20 03:51 | *スピリチュアルな出来事
実は妊娠するまで、妊娠してからも私や家族(主に母)にはスピリチュアルな出来事が
当たり前のように起きています。

もともと、私と母は自分たちの人生の体験からこうしたスピリチュアル的な事も
ごく自然な、日常の出来事として、スピリチュアルな出来事も現実として
捉えてきました。

世の中にはこうしたことは一切信じない方、もしくは熱狂的になられる方、
私たちのように日常的に捉えられている方、様々だと思います。

ですから、これから私が記事にする事はある方にとっては非現実的すぎて
受け入れらないかもしれません。

しかしながら、私の妊娠にとって、大事で欠かせない出来事であることには
かわりがないので、これまでの体験を記事にしていこうと思っております。

興味のある方だけ、読んでいただければと思います。


************************************

先日とても不思議なことがありました。

またしても、母と私とのやりとりの中でなのですが・・・・。

9週目にプライベートの産婦人科でスキャンをしてもらった私は
帰宅早々、母に国際電話を入れました。母は昔の人でパソコンは
うまく扱えないので、赤ちゃんの写真をメールで添付したところで
開き方が分からないので、あえて報告だけをしたんです。


その翌日、私はもり男と散歩している途中に近所のプールを通過しました。
そこのプールはレッスン専用のプールで自由に泳げるプールではありません。
6ヶ月くらいの赤ちゃんから、お母さんと一緒に泳ぐベビースイミングのコースもあり
私はもり男に「赤ちゃん生まれたらこのプールでレッスン一緒に通うんだぁ」と
話していました。それまでにも、度々赤ちゃんに生まれてきたら一緒に
泳ごうねとは話しかけていました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


数日後。母との国際電話で、母が赤ちゃんの夢を見たというのです。
そしてこんなやりとりをしたそうです。

赤ちゃん「見た~見た~」

母    「何してるの?」

赤ちゃん「泳いでいるの~」

と仰向けのかたちで手と足をばたばたしている。体はまだ透明だそうで
クリオネアのような感じだったそうです。

母    「なんだかクリオネアみたいだね」

というと、赤ちゃんがぼん!っと人間のかたちになり、丸々太った赤ちゃんの
様子で再び現れました。

赤ちゃん「ママ(私のこと)~見た~ママ~見た?ママ見てくれた?」

母    「ママ、この前、お医者さんで、赤ちゃんを見たって言ってたよ。
      手と足動かしていたっていってたけど、そう、泳ぎの練習してたの~」

赤ちゃん「ママが生まれたら一緒に泳ごうって言ったの~だから練習してるの~」

母    「ママとお話できるの?」

赤ちゃん「一つの体を二人で共有しているからね」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と夢はここで終わったそうです。ここで、私がびっくりしたのは
母には一切、プールに通いたい話は公言していなかったこと。

今から泳ぎの練習をしている我が子の話を聞いて、ほほえましくもあり、
また同時に一つの体を共有しているから(分かる)という部分も
すごく驚かされました。医学的にはまだこの時点では聴覚は育っていないわけなので
直接耳で音を拾うことは出来ないわけですが、私の母からの話を信じるとすれば
母体(私)の想いを直接おなかで受け止めているということになります。

母体の一喜一憂はこのくらいの胎児でも一緒に感じているんだなぁと
思うと、母として身が引き締まる思いでした。
海外での初出産ということで、私の心はいつも不安定でなかなか
穏やかに過ごすことができていなかったのです。

赤ちゃんのためにも、強い母になっていかなければな~と
思い知らされた出来事でした。

また胎教というのは耳が育ってからではなく、もう赤ちゃんが
おなかに宿ったときから、始まっているのだとも気がつかされました。


その日から、赤ちゃんに語りかけがぐっと増えました。


追伸:後日、赤ちゃんのスキャン写真を見た母は、夢で見た赤ちゃんそのもの
だといって笑っていました。
[PR]
by nachimama83 | 2008-03-12 19:34 | *スピリチュアルな出来事