アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:5歳~6歳( 4 )

もう一シーズン前のものになりますが、大将は4月にめでたく、日本の小学1年生となりました。我が家の近く(といっても、車で1時間と1時間20分ほど)に補習校が二つ、そして、補習校とは認定されていませんが、民間で立ち上げた日本語塾が一つあります。通学時間や、学習内容、環境を考え我が家では一番近い30分で通える日本語塾に入学することにしました。

この日本語塾は、基本、保護者が主体となって、この塾の運営をしています。指導者は外部から呼ぶわけですが、私のように、子どもが通う保護者の中から指導者として働いている方もいます。ちなみに、私は小学2年生の担当となっています。

大きな入学式はなかったのですが、このように垂れ幕を保護者が作り、記念撮影をしてみました。
d0150199_2219378.jpg

d0150199_22195465.jpg


1年生のクラスは5人です。

1時間目と3時間目は指導者が教科書やその他を用いた授業は行い、2時間目は保護者主体で、授業では出来ないクラフト作りや、日本行事に関するアクティビティなどを行っています。これが、補習校ではない、この日本語塾ならではの、特色です。息子もこの2時間目が非常に楽しいようです。先日は大きなかぶの音読劇をしていました。

1学期はあっという間に終了してしまいました。日本語塾から出ている宿題、まだ終っていません。
そろそろ始めないとな・・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2015-08-03 23:08 | 5歳~6歳

ここ最近の大将

d0150199_237814.jpgサッカーワールドカップ!!始まりしたねぇ~。小学校でも先週の金曜日はワールドカップにちなんで、みんなでユニフォームを着たり、サッカーのランチ?食べたりと開催に向けて盛り上がっておりました。本人はサッカーのユニフォームを着ていけるだけで、幸せなのですが、自分が日本代表のユニフォームを着ていることをあまり理解しておらず、友達には日本のクラブチームのユニフォームと説明していた・・・(がっくり)説明してようやく、理解したようですが・・・大丈夫か・・・・我が子よ・・・・初戦は落としてしまいましたが・・・とにもかくにも、一つでも多く勝利して、上位を目指して欲しいです!!

さてさて、ここ最近の我が子ですが・・・。
プライベートはサッカー一色、キャプテン翼のような生活を送っておりますが・・・母がそれだけで許すわけもなく・・・。日々、遊びと家庭学習、習い事との3つの時間の戦いであります。

KUMONの算数の進度
d0150199_1824898.jpg年末から始めたC教材。予定ではとっくに終了しているばずがが・・・。出来ないところは、6回から7回の復習して先に進まず。ひどい時はかなり前の部分に戻りながら、現在191まできました。割り算の筆算を学習しています。KUMONでは正確かつ迅速な計算処理が出来るようにするために、最初から繰り上げや繰り下げなども書かさず、暗算で計算することを徹底させます。5歳児が割り算というのは、かなり進んでいるようには思いますが、これは大将が早くから【幼児から】KUMONを開始しただけのことであって、大将のKUMONの進度はけして早いものではありません。数学センスの強い子は駆け上がるようにここを通りすぎていくので・・・。大将はいたって普通・・・もしくは・・・・ちょっとセンスないというか・・・エンジンが未だ全開になってない感じです。掛け算から割り算に移行する部分で苦しみましたが、それでもようやく算数C教材の終わりが見えてきました。次は分数計算へと移っていきます。当初計画していた進度よりも大幅に遅れてはいますが、これが現時点で最大限彼の能力を使っているのも分かるので、これ以上の早さでは進められそうにもありません。このKUMONがなければ・・・私のストレスも親子関係ももうちょっと良いものになるはずなのに・・と思う日がほとんど。でも、それでも、やらせ?続けているのは、自分自身が人生の中でほーーんとにこれはやっていて良かったと心の底から思うものだから、この苦しみを乗り越えてでも、やっぱりやるべきなのだと思う。私が仲良くしてもらってる先輩ママさんの息子さんも今はケンブリッジの大学で数学科?に通っていますが、この息子さんはKUMON数学最終教材まで終らせた人(大学レベル)そのママさんも、やっぱり子どもがつまずいて、やる気・モチベーションが下がっている時にやらせ続けるのは本当に大変だったそうな。(当たり前か・・・)親も子どもも大変だったといつも話をしてくれます。でもやっぱりお二人ともKUMONはやっていて良かったという想いをいつも話てくれるので、それには勇気付けられます。KUMONってKUMONをしながら、数学力・国語力をあげているだけでなく、やり続けていく忍耐力・根気力・問題に立ち向かっていく力・時間配分・色々な力を総合力に身につけていっているわけで、そういう力はどこの場所に行っても必要だと思うし、なんとか、親子共々・・・頑張っていけたらな・・・と。



KUMONの国語の進度
d0150199_19384716.jpg現在、学年にすると日本の小学2年生レベルのところまできました。少し進度を緩めて、3日で10枚(5枚-2枚-3枚)にしてなんとか進んでいます。経験地が足りないので、理解しにくいことも多いところに説明文の嵐。ただ、本人を観察していると、説明文は嫌いではないようで、理解さえすれば、その話を面白いと感じ、好きで読んでいる模様。(写真は物語の力太郎の話)説明文の話に戻りますが・・・補習校でも、3年生からの教科書はやはり難しくなり、この説明文の理解・報告文の書き方がKEY POINTになってくるようで、そういう意味では今から少しずつ、こうした説明文を慣れていくのもありかなと思ったり。

d0150199_434312.jpgd0150199_44591.jpg

漢字は2年生の漢字を学習中だけれど、1年生の漢字が全ておさえられているわけではないので、親子で1年生の漢字の書き取りを始めました。思ったよりかは覚えているようですが、やはりここをしっかりと100%書けるまで持っていかないといけないので、時間のない中、漢字定着には時間を割かねばなと・・・親子共々痛感しております。漢字を学ぶときは、漢字には「へん」や「つくり」があること、また漢字自身、象形文字なので意味を持ち合わせているので、読み方が分からないときは、一旦その漢字の持っている意味を考えることなど、日々伝えてはいるのですが・・・これをどれほどまで、5歳児は理解しているのか・・・(恐らく入ってないだろうな・・)

これ以外に時間がある時は、七田式プリント・ハイレベの漢字問題集をといています。KUMONで精一杯でなかなかプリント・ドリルに手が届かない状態が続いています。

d0150199_1810382.jpg主語・述語・修飾語わけの展開図なのですが、発展部分の箇所に入ってくると大人でも一瞬考えないと答えがはいらないことがあるので、これは大将にはかなりの難題で、付き添って指導することが増えてきています。国語はかなり理解範囲を越えて進んでいるので、夏休みあたり、ぐっと易しい問題集をして、これまで理解してきたベースを太くして、9月からまたKUMONの国語学習に戻れたらと思っています。






英語の進度
d0150199_18101470.jpg学校で進められている英語学習については(そもそも・・・学習があるのか?)全く分かっていないので、恥ずかしいけれれど・・・とりあえず、大将は全ての読みのSTAGEが終わり、書けることをより求められているようです。また随分と、街角でも読める単語やセンテンスが増えてきたようでし。まだレセプションなので、学力わけはされていないはずだけれど、来年以降は学力別に学習するということになるのだろうか・・・。
KUMONの英語学習は週末のみ、しかも出来るときだけなので、進度はないようなもの。とりあえず、今は単語書きをしている模様?


算数に関しては2月にあった面談で、掛け算の表が導入されていたのにはびっくりしたけれど、学校で掛け算をしている様子はなく、引き算でもまだまだ間違ってくる大将。おいおい・・・大丈夫なのか・・?と突っ込みたくなるけれど(KUMONの進度はどこへやら・・・)間違ってもあまり指摘されないのか、本人がやりたければ、とりあえず先に進ませるようで・・・算数の教え方、進み方は本当に理解不能です。


時計の読みが随分出来るようになった。日本の読み方とイギリスの読み方と異なるため、どうなるかな・・・・と思っていたけれど、私自身、未だイギリス式の言い方になれず、病院予約を電話でする時など、時間がぱっと浮かばないことが多い、例えば10 to 5(4;50分の意味)や15(quater) past 5(5;15分の意味)だが、大将はこのイギリス式で時計を読むことのほうが易しいらしく、イギリス式の言い方から覚えている。このドリルをさせているので、日本式の読み方も練習していすが、ちょっと怪しい・・・。ただ、1時間=60分ということを理解してきているので、2時間の道のり120分ねぇ~と言い直すことなどもある。時間の感覚は随分ついてきたように思う。


習い事。このタームからサッカー・水泳に続き、テニスも始めました・・・。本人は去年からテニスも始めたいと熱望しており、学校の手紙の中に、テニスレッスンのお知らせを自分で発見し、私に習いたいと直訴してきて・・・。断りきれず・・。楽しそうです。
d0150199_3321892.jpg正直、テニスはまだ後回しにしたかったけれど、今のうちにやりたいことをやらせて、ある程度したら、本当にやりたいものを絞らせていこうかと考え方をちょっと変えました。習い事が増えるということは、家計からの支出も増えるけれど、日本と比べたら、色々と習い事はさせやすい環境であることは確かです。ただ、これから太陽の習い事もじょじょに増えていくので、送り迎え等のマネージメントがより大変になってくるでしょう・・・。来年からは学校で音楽が始まるので、本人がやりたいと言うなら、音楽はして損がないので、私はさせたいけれど、本人の希望はどうかな・・・?何でもやってみたいタイプなので、恐らくやる?って聞いたらやると言いそう・・・。


d0150199_18133573.jpg学校ライフは問題なく、イギリスの3学期の最後を迎えています。学校終了後はこうして、隣の公園でクラスメートとかけずりまわったり、サッカーをしたりと、放課後多いに楽しんでおります。(帰宅後の学習時間がどんどん減っていく・・・・)クラスメートのお母さんと話をしていたのは、来年は担任の先生が1年間を通じて一人がいいよねということ。今回はクラスの担任の先生が三人という異常事態?(イギリスではよくあることだそうですが)それでも三人は多すぎ。まぁ、こちらが願ったところで、どうしようもないのかな・・・・9月からはYear1です。あっという間です。昨年ナーサリーに通っていた1年よりもさらに早く、このReceptionの1年は終了を迎えそうです。この時間の過ぎる早さが年々早く感じるのは・・・私が年をとってきたから・・・?そうそう、大将は5月の頭に下の歯が抜けました。もうそういう年齢なんですね。精神的にもちょっとませているのか・・・ヘアスタイルにはこだわりがあり、毎朝前髪にジェルをつけたがりますが、ジェルは禁止されているので、前髪を水でぬらして、立たせるようにしています・・・。まだ5歳児!色気づくのは早いのじゃ!日本だったら、まだ黄色い帽子に園服着て、幼稚園生じゃ!と一喝している母であります。

どうでもいいことですが・・その母の頭にもすこーーし白い髪が出てきました・・・(涙)子どもは成長し、母は老いとの戦いが始まっております・・・。

お友達に勧めてもらった・・・パタカラ・・・私もイギリスで始めようと思ってます。写真をとるたびに自分の老けた顔に愕然・・・・の今日この頃です・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2014-06-17 03:36 | 5歳~6歳

今回のハーフターム

5月末の今回のハーフタームはお天気に恵まれず企画していたピクニックも中止になったりと・・・家にこもる日が続いていましたが、最終日は比較的近所のお城の城壁跡?の小さい小屋でクラフトを作る催し物があったので、友人に誘ってもらい出かけてまいりました。

今日のクラフトは凧作り!やはり大人のHELPが必要だったものの、太陽はかなり楽しんで、また作りたい作りたいと言っていました。
d0150199_21105380.jpg

我が家ではこうしたクラフト一緒にする時間がなかなかとれないので、こうして、お外で気軽に出来るクラフトがあるのはありがたいなぁ~と思った1日でした。次回もあったら、参加してみたいな♪
[PR]
by nachimama83 | 2014-06-05 03:48 | 5歳~6歳
クリスマスホリデーも終了し、また通常の日々が戻って1ヶ月がそろそろ経とうとしています。昨年の10月に学校の先生と面談もあったけれど、とりあえず問題なしとのこと。楽しそうにお友達とも過ごしているということで、それが何よりと思う今日この頃です。次回の面談は2月上旬、もう少し学校での様子み分かるといいのですが・・・


この年齢になると大きな変化・・・ってあまりないような気もしますが、もちろん日々成長しているわけで・・・。

習い事に関して・・・

(自分の試合の順番を待つ大将)
d0150199_23112935.jpgサッカーを習い始めて1年が経ちましたが、1年前から比べると随分体の使い方がうまくなったなぁと思いますが、サッカー国といっても過言ではないこのイギリスの地。天才的なレベルのお子さんがごろごろといます(笑)恐らく、お父さんがやはりサッカー好きで日々一緒に遊びながら、体の使い方、ボールへのアプローチの仕方を教えているんだろうなぁと思います。我が家は誰も、教えられない、突然変異でサッカー好きの子どもが生まれたので、少々戸惑っていますが、本人が好きなら、まっいっかぁ・・・の感覚で、毎週土曜日のサッカーレッスンに付き合う日々が続いています。サッカーに関してのここまでの情熱があり、誰か近くに教えてくれるお兄さんでもいたら、もっと上手になるでしょうが・・・。まぁ、趣味程度で楽しく出来ればそれでよしかな・・・と思う今日この頃。

(これから泳ぐぜぃ!)
d0150199_704891.jpg水泳はというと、1年近く、不遇にも、あまり良いコーチのクラスではなかったため、ほとんど前進しませんでした。(クラスはかえることが出来たのですが、太陽を連れてのレッスンを考えるとそのクラスしか受講できず・・・)でも、産休が明けて元の先生が帰ってきたら、クラスがまた一つあがることが出来、ようやく、ようやくの進級といったとこです。それでも、現在のクラスは、以前の一番はじっこ(浅いプール)から真ん中の場所を使うレッスンになったので、本人もレベルアップしたことは嬉しい模様。
親からすると、バックストロークは良いのですが、クロールが下手・・・・。というより、クロールの基本練習が相変わらずなされていません。息継ぎはおぼれているレベル。あのような形のまま進むのかと思うと・・・悲しいかな・・・また、どこかで修正を入れないといけないと思っています。でも、この寒い冬のプールは私には考えられず・・・親がしりごみ中。平泳ぎとクロールが常にネック・・・です。ドルフィンキックは笑ってしまうほど上手(これは、本人夏に自主錬していたため;好きこそものの上手なれですね)

家庭学習について・・・
d0150199_2040114.jpgd0150199_4375888.jpg

家庭での学習は現在KUMONの算数C(小学校3年生レベル)掛け算の暗誦がほぼ終ったところで、筆算の掛け算に入りました。国語AⅡ(小学校1年レベル)漢字も1年生レベルは一旦、学習済み。※ただし・・書き取りが出来るレベルにはないので、そこをハイレベのかんじのドリルで現在強化中。漢字は語彙そのものが知らないことが多く、なかなか覚えることが出来ず・・苦戦中。その他にできる時は七田式のプリントも少しずつ進めています。七田式はのプリントは旧教材のBを学習中ですが、「ちえ」のプリントは難しくなってきて、手が止まることも多くなってきました。もうちょっと工作とか、折り紙とか、一緒に遊べることをしたいなぁ~。英語は基本的に学校学習で、週末はダディとKUMONの英語を少し進めているようです。通年の悩みはなかなか以前のように読み聞かせが十分に出来ないこと。優先順位としては高いはずなのに、時間との戦いでここがこぼれていく・・・・。どうしていくのか・・・。


言語レベル・・・
言語レベルの中に読み(読解力)・書き・リスニング+理解・会話力があるとしたら、英・日ともに会話能力はけして高いほうではないと思います。理解力と会話能力というのは別もののようで、頭で理解していることを、言語で表そうとすると、なかなかうまく表現できないようです。理解しているレベルよりも表現レベルがかなり幼いなと思うことが未だにあります。以前はその部分に本人も苛立つようで、自分が伝えたいことが、分かり合いたいことが、母親の私とは通じ合えないようで、しんどそうに見えることも多々ありました。未だ、その会話力・表現力は恐らく、彼自身足りずにしんどいこともあると思います。ただ、時々「はっ」とさせられるようなことをびしっと一言で言い切ることもあるので、分かりませんね・・・。会話は会話をすることでしか伸びないように思いますが、それを下支えする基礎言語力(要は読み・書き)は絶対必要条件だと思うので、いつか会話力も伸びるだろうと期待しながら、基礎力UPと称して日々頑張っています。

英・日ともに、現時点では読み・書きは特に問題ないようにも思いますが、この先、会話力はもちろんのこと・・・書いて表現する、作文・文章力(表現力)をどうつけていくのか・・・方法があまり見えていません。

そうそう・・・学校に通いだしてから、ちょっとお下品な言葉とか・・・そういうものも覚えてくるわけで・・・年相応といったらそうかもしれないけれど・・・2歳の妹に教えてそれを家で大合唱されるのは勘弁だな・・・。また先日、絶対に使っていけないFワードが彼の口から出たときは本当にびっくりしました。意味をあまり分かっていないで使っていたのですが・・・。あまりの驚き後、私の怒りに彼もこればかりは反省したようです。旦那が聞いていたら、もっとすごいことになっていたと思います・・・。
彼の成長ってことなんですが・・・。これからもこういう一つ一つに対処していくのかと思うと・・・。うっ・・。

食事に関して・・・
トマトクリーム・ホワイトクリームが好きではなく、お雑煮がダメ(スープにつかる御餅がだめ)というのが最近の大将。野菜が食べられるのはいいのですが、相変わらず食は細いです。食事は無理やり食べさせている日々です。おやつはあれだけ食べれるのに・・・。
食の好みが妹とは完全に異なるので、みんなが気に入る料理を作るというのは、ほとんど出来ない状態となっています。ただ、唯一母として、なんとなく嬉しいことは、あずき・抹茶・黒豆等々、日本のものが好きなこと。(太陽は完全にダメですが・・)羊羹とか本当においしそうに食べるときは、英語を話す子どもを持ちながらも、自分の子どもだなぁと感じる時間でもあります。何だけ変な感じですが・・・。




5歳児はかなり一著前になってくるので、親もかなり必死になっていることが多く、余裕なんて全くありません・・・。この先どうなっていくんだろ・・・・。
これ以上子育てにかけるPOWERは母には残っておりません!
[PR]
by nachimama83 | 2014-01-31 04:38 | 5歳~6歳