アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:*KUMONの国語( 5 )

KUMON国語 BⅠ教材

以下、大将のKUMON国語BⅠ(小学校2年生相当)教材の学習記録。

スタート 5歳4ヶ月スタート

BⅠ1-10 「うめの花とてんとうむし」

BⅠ11-20 「かげふみおにをしよう」太陽が自分に対してどこにいると影が見えるのか、影ふみおにが成立するのかということを理解できるかが鍵。質問したところ、理解できていた様子。学校に行き帰り、影を見ながらこの説明文の話を出来るのがちょっと嬉しかった。

BⅠ21-30「ビーバーの大仕事」5歳児にこのような説明文が理解できるのか・・心配が続く。この話に関しては以前、おさるのジョージのアニメでビーバーが川に巣を作る場面があったので、それを覚えていたので、随分理解できたよう。知っていることをつなぎ合わせて、説明文を理解しようとしていることがよく分かる。ただ、巣の入り口はどこか?答えは「水中」なのだけれど、2回目の復習時にも答えられなかった。恐らく、これは、文章を読んでも、それがイメージできていないことだろうと思う。

BⅠ31-40「ジェインの毛布」物語なので説明文よりは理解・把握したいように思う。「誰の」「誰のもの」ということをはっきり出来ないこともあった。

BⅠ41-50「春です春のおおそうじ」話の内容・展開がつかめていなかったように思う。

BⅠ51-60「たんぽぽ」 たんぽぽの花がちょうど、咲いている時期と学習時期が重なり、それ以前もたんぽぽの綿毛を飛ばすことが兄妹で大好きだったため、この話は色々共感・理解できることも多いようだった。いかに自分の知識、生活経験、はたまたイメージが説明文を理解する上で重要かと認識させられる。

BⅠ61-70「おおばこ」おおばこを知らないため、インターネットで調べ、茎の部分も調べてから説明文に入る。やわらかい土にはえるのか、固い土にはえるのか、それはどうしてなのか?というところが、説明文の醍醐味。本来、やわらかい土にもはえることは出来るだのけれど、そうしない理由を、きちっと理解できたのかどうか、2回目の学習をしっかり見ていきたいところ。
ずっと心の中でひっかかっていたこと、どこかで大きく戻して、復習したほうがよいのか・・・?プリントでは説明文が続きその上、漢字もうまく読めないとなると、読解問題はうまく解けない。海外在住とかあんまり考えないようににしていたけれど、あまりにも語彙も少ないため、どうにもこうにも、説明読解問題が解けない。毎回新出漢字もあるため、毎回5枚学習維持はかなり難しくなってきた。海外在住、そして学年を越えてのこのKUMONの国語学習の大きな大きな壁にぶちあたっていると感じる。学習ペースを緩めるのか(というか、現実に枚数がこなせない)、大きく復習に戻るのか、はたまた、もっと違う指導法+学習継続を考えるのか・・・。

大きく悩んだ末、今回の場合はこれまで出来たところに戻っても、それは彼の国語力を伸ばすことにはならない。説明文が理解出来ないのは、5歳児という、経験のなさから来ることも非常に多い。1回目の学習時に説明文を私が読み聞かせすることにし(そこである程度、話の内容を説明し、本人にも確認)翌日、大将が自分自身でその読解問題の文章を読む。そして、その翌々日に、問題を解くという方法で試すことに←これは理想の姿で、学習前に、私が1回読み、説明した後、本人が自分で読み、その日のうちにプリントを解くことに。(※文法問題、漢字問題はこれまでのまま、本人が初見で読んで解くということにする。また、漢字はKUMONだけでは押さえられないので、漢字ドリルを継続学習しながらおさえていく)

枚数も、これまでの1-5番台 5-10番台の2日で10枚学習から1-5番台 6・7番台 8-10番台 3日で10枚学習に変更。
KUMON学習はただ、枚数をこなしていくだけのように思われているが、そうではない。学習姿勢だったり、学習密度はあげていくことも必要。ただ、全く私が関与せず、自力で解かせようとすると、特に読解問題では、文章の意味を理解せずに、答えだけを探すようなやり方が目について仕方ない。文章問題を理解するためには、出てくる語彙理解プラス、イメージ力、それをサポートする経験地が足りない。ない・ない・ないずくしぃいいい!!!1日の学習枚数を少なくした分、学習密度・濃度・理解度をあげていく学習にしたい。どこまで、母が関与し、どこを本人に考えさせるのか・・・その線引きが難しい・・・・。

BⅠ71-80 「ペンギンの子育て」私が先に説明文を読みある程度理解をさせることで、大将の学習姿勢が少し変わってきたように思う。以前は苦痛そのものだったけれど、今はなんとか持ち堪えることが出来る感じ。

BⅠ81-90「王さまのアイスクリーム」カタカナ名前や語彙が多く(日本にとっては外国での話しなので)逆に読みずらそう。

BⅠ91-100「スズヤさんのすず」戦争時代の話で、日本も戦争したこと、負けたこと、空爆、原子爆弾等の説明もする。戦争は怖いことだと強烈に感じた模様。しばらくは戦争の話を聞きたがる。→この話をきっかけに大将の中では「戦争」について知りたい意欲が高まる。

BⅠ101-110「おしゃべりなたまごやき」※本が届いていないので、飛ばす。→手元に届いたので後日読み聞かせ。おもしろかったらしく、設問の答えもすぐに分かる状態。

BⅠ111-120「はしの話」私自身も、説明文は読み聞かせして、説明も付け加えるというスタンスをとって以来、説明文を親子で楽しいと感じるようになってきた。また、説明文が苦手・嫌いという子が多い中、大将は説明文は嫌いではないよう。話をしっかり説明してやると、2回目学習は楽しそうにする。説明文(理科系)の話は最初は理解しにくくても、内容を知ると実はこういうった文章は物語よりも得意なように思う。

BⅠ121-130「ニャーゴ」→私としてはおもしろい話と思ったけれど、大将にはそこまでヒットしない?

BⅠ131-140「せつぶん」イギリスの我が家では節分行事をきちっとしたことがないので、一から説明する必要があった。地方によってはいわしの頭とひいらがきの枝を玄関先に飾るということがとても印象的だったらしく、話の内容をよく覚えていた。


BⅠ141-150「スーホの白い馬」 d0150199_18144880.jpg1-5b面 文章の言い換え問題●×で答えるところが、難しいけれど、2回う復習時にはほぼ正解することが出来、かなり親としてはほっとする。ここが出来ない子が多いので。スーホの白い馬の話は5歳児には難しいかな?と思ったけれど、好きなようで絵本でも読んでといってくる。

BⅠ151-160「手紙をください」簡単な話のように思ったが、案外、場面・話の展開を追うことが難しいらしく、1回目の学習では、話のオチが分かっていなかった(かえるが男の子手紙を出し続けていたこと、その手紙を見てもらえなかったこと)

BⅠ161-170「草色のマフラー」 出稼ぎに両親が出かける話で、マフラーが風で飛ばされたり、林が風でうなったりと擬人法を使われての表現も多く、読み込めないことも多かったが、物語の内容としては、両親が子どもをいて、出稼ぎにでる話が、印象的らしく、話を理解しようと学習していたように思う。

BⅠ171-180「力太郎」 昔話の中でもこの話は好きなようである程度読めたと思う。

BⅠ181-190「二ちょうめのおべけやしき」 話は好きでおもしろいのだけれど、住所の部分だとか、読みきれない箇所がちらほら。


BⅠ191-200「少年とこだぬき」→本が届かず、見送り。
[PR]
by nachimama83 | 2014-12-16 20:33 | *KUMONの国語
正直、私が学習していた時代は国語教材400枚ではなかったので・・正直Ⅱの部分はもっと読み物感覚教材で考えていたけれど・・・(しかも、できれば1回学習なんて思っていたけれど・・・)何何!!このⅡ教材ってすごいな・・・。基本は2回学習で進んでいるけれど・・・。大将の語彙力や漢字の読み書きの定着を待とうとすると、2回学習では正直・・心もとない感じ。

日本に住んでいるわけではないので、国語は学年相当をKEEPし、学習継続できたらそれでもう上出来!とは思っているけれど、AⅠ教材復習3回 AⅡ教材復習2回の1日5枚学習だと、1教材終了するのに、通算1000枚学習することに。AⅠ・Ⅱ教材終了するのに・・・約7ヶ月かかるのであります。必要ならばそれはしょうがないと思うけれど、一旦AⅠは2回学習で進めてみて、ダメなら最後に1-200の総復習を入れるか検討中。

自分は学習したことないけれど、教材が絵本と連携していて、読解問題・漢字学習とよく出来ているなと関心する。でも、海外に住む5歳児が学年を越えてこの分量を学習といのは、インプットする量が1回に多い気も正直している。でも、やはりこれをせずには前に進めないのではないか・・・と思う今日この頃。実は、算数以上に苦しいことも。頭を働かせても、分からない語彙は教えてもらうまで分からない。読解できていないところは、こちらが読み聞かせるように読み、さらに紐解くように、質問してあげないと答えられないことも多々ある。

こんな風に進ませていて・・・よいの・・・?どこかで、大きく一度ぐっと復習することは、算数以上に大切かも。

メモを付け忘れていたので、あくまでこちらは回想記録として残します。


(学習スタート5歳何ヶ月・・・?記録なし・・終了時5歳4ヶ月)
(視写1-5×2回学習)
AⅡ1-10  視写1 「おおきなかぶ」この話は知っているので、読みも比較的スムーズ。

AⅡ11-20 視写2 「11匹のねこ」大好きな本なので、よく知っているので、学習は楽しそう。でも、カタカナの書き写しがあり、時間がかかる。

AⅡ21-30 視写3 「おじさんのかさ」独特のフレーズがあり、それを書き写すときに間違えることあり。

AⅡ31-40 視写4 「あひるのバーバちゃん」「あんぱんまんとばいきんまん」学習する前に読み聞かせしたということもあって、音読はあまりうまく出来ないように思う。視写をすることに何の意味があるのだろうと思ってはいたけれど、読んだ(知っている)文章を書き写すってやはり意味のあることなのかも・・と思う。(うまく説明できないけれど)

AⅡ41-50 視写5 「カレーライスはこわいぞ」 絵本としてはこれま読み聞かせしていた本より少し長い。でも、話の内容は好きなようで、学習も楽しそう。

AⅡ51-60 すいせん図書「はれときどきぶた」私も小学生の時に大好きだった絵本。大将も続きをわくわくして聞いたいた。感想文・・・何を書いていたか、母忘れる。でも、ものすごく印象的だったようで、シリーズを読んでみたいとのこと。

AⅡ61-70 短文づくり1 「おやつがほーい どっさりほーい」以前本を読み聞かせしたこともあるのに、本の内容を理解していかなった大将。プリント学習しても、主人公が泥で作ったおやつを本物のおやつだと思ったいた大将。がっくり・・・。この人の読解力はどうなっているんだ・・・。

AⅡ71-80 短文づくり2 この箇所はなぜか難しかったよう。名前がピーター、スージーとあるけれど、英語名なのに、日本語発音で読むものだから、スージーが妹の名前だということが理解出来なかった模様・・・。(でも、絵本を読んだときには理解していたんだけれど・・)設問に答えられていても、おもちゃのわにと答えないといけないところを「わに」のみ答えたり、きちっと正解を記入することを伝える。

AⅡ81-90 順序づけ1 「しろいうさぎとくろいうさぎ」花の名前クロッカスが分からなかったりと、細かいうさぎの行動の描写が理解できていないよう。そういった部分は親の説明が必要。また、問題自体がここは大将にとっては難しかったようで時間がかかる。ストーリーの順序づけする部分を間違える。2回目の学習時もやはり、ちょっとこの10枚は難しい感じ。確かに設問の答え方がいつもと何か違う気?紛らわしい?と思うのは私だけか?親子共々、この10枚は苦手かも・・・。

AⅡ91-100 順序づけ2「ふしぎなたけのこ」 昔のプリントでも学習した内容なので、話はきちっと理解できている模様。でも、「たけのこがのびるのに飽きてたけになる」という表現が分かりにくかったよう。そこで問題を間違えることも。インターネットでたけのこと、竹の違いを見せて説明する。

AⅡ100-110 順序づけ3「ジャックと豆の木」唯一、我が家にない絵本。それでも以前学習していたこともあり内容は理解しているようだけれど、おばさんがとジャックがという主語を入れ間違えること数回。特に宝を盗む場面?内容理解が本当は出来ていないのかな・・と思うこともしばしば・・。

AⅡ111-120 順序づけ4「ぼくにげちゃうよ」絵本だけれど、内容的には大人が理解しそうな愛情物語。とりあえず、問題としてはこなしいるが、母親の「お前が●●するなら母さんは●●になってお前に●●しますよ」という文章をみると、誰が誰に何をするのか、分からなくなっている感じ。漢字の部分が2回学習しても定着せず。最後は出来ない読み方「女子」「男子」「父母会」「多い」など私がメモして、数日間、何度も質問することに。それ以外の定着はない感じ・・。漢字定着問題はまた大きな課題だな。

AⅡ121-130 順序づけ5「どうぞのいす」毎回プリントを渡されるたびに、自分の好きな話か、そうでないかまず確認する大将。とりあえず、「どうぞのいす」はかなり小さい時から読み聞かせしていた本なので、話も単純なストーリーということもあり、また話を理解している分、比較的スムーズに進んだ。当たり前といったら当たり前なんだろうけれど・・・読み聞かせの威力を感じた10枚。

AⅡ131-140 順序づけ6「くまさぶろう」絵本なのに、奥が深いな・・・と思わされる内容。最終的にくまさぶろうは人の心までも盗めるようになるのだけれど、そこが理解できているか問われる問題あり。絵本の読み聞かせの時は、ねほりはほり、大将が絵本の中身を理解しているかはいちいち確認しないけれど読み着替えの場合は、現時点での彼の理解力で絵本を楽しめばそれでよしとしているので)実際、こうした国語問題になると、話しの内容をしっかり理解していなければ、答えられないわけで・・・。読み聞かせとしての絵本と、問題に出てくる絵本とは別ものだ・・・と感じる母。

AⅡ141-150 順序づけ7「きいろいばけつ」正直、親の私がこの絵本にはあまり理解出来ない、共感できない・・・心に響かない・・・ということで、大将としても読み聞かせ後はあまり反応がなかった絵本。読み聞かせしていても、登場人物の気持ちが大きく動かず、気持ちの変化がゆっくりというか・・そういう意味で内容も読み取りにくいように思う・・・。正直、解答の部分も●●の子というものが多すぎやしない?

AⅡ151-160 すいせん図書「おしいれのぼうけん」 これまでの読み聞かせの中では1番長い本で回にわたって本を読んだ。本人はこれまでの推薦図書の中で一番好きなようで、学習以外でも本を読んでもらいたがった一冊。

AⅡ161-170 書き順1
AⅡ171-180 書き順2 他の問題集でも、「外国人」を「がいこくひと」と読み仮名を降り続け、何度訂正させても頭に入らないものだから・・・私キレそうになる。いや、きれてしまった。こんなことでキレていては、この先、全く持たない(私の平常心)バイリンガルが漢字を学習し、定着させる(読める・書き取りできる)がこれほどまでに大変なものだとは・・・。でも、繰り返しの学習しか方法はない・・・。
AⅡ181-190 書き順3
AⅡ191-200 すいせん図書「モチモチの木」 古本の中でもちょっとお高めなので、購入をためらっていただけれど、結局最終的に購入した1冊(自分自身が、小さい頃読み聞かせしてもらって、強烈に内容を覚えている1冊でもあったから)大将はどう感じるのか私自身が反応を知りたかった1冊。物語りをなんとなく捉えてはいる様子で、可でもなく、不可でもなく・・・といった反応。これは光村図書の3年生の教科書にも載っていた。出てくる表現も昔の表現が多く、読んでいる私もかなりつっかえた。繰り返し読み聞かせは続けようと思う。

AⅠ・AⅡ終了教材OK.
[PR]
by nachimama83 | 2014-04-03 06:51 | *KUMONの国語

KUMONの推薦図書

昨年の秋になりますが・・・めっきり大将への読み聞かせの回数が激減していることに反省したはず・・・。しかし、あまり状況は改善されるとは言えません。寝かしつけが旦那担当なので、旦那の出張時に日本語の本を大将には聞かせるくらい・・・。うーー何か打開策が欲しい。それとは裏腹に大将向きの子どもの本を中古ですが15冊ほど購入しました。というのも、大将が現在学習しているKUMONの国語教材AⅠからは読書指導というべき、実際の絵本の文章を使っての教材が増えてきます。
KUMONの国語教材は「高度な読解力」「読書習慣」という二大柱で出来ているとのこと。読書好きの子どもを育てるためには、読み聞かせはもちろんなのですが、自らの読解力がなければ、本を読み勧めることができません。ですから日々の読解力をつけるために、問題練習をするのですが、その際、練習するならということで、実在する絵本の文書からの問題があります。プリントと絵本が連動しているのです。時には小学生が使用する国語の教科書からも文章が使われています。
d0150199_238981.jpg

ただプリントも進むと、プリントの中だけで、物語が終了しないこともあるので、それは、家に帰って、本を読んでくるという宿題もあるのです。公文の教室に通っていれば、教材でとりあげられている本は教室に必ずのあるのですが、ここはイギリス、しかも自宅学習。教材にのっている絵本が手元にはありません。ということで奇跡的に手元にあった数冊のぞき、15冊ほど、amazonの古本で購入しました。(中古でも、実家までの送料が入ると15冊で1万弱!いいお値段ねぇ~)


出来れば、大将がプリント学習する前に一度読み聞かせし、それから本人がプリントでもう一度物語りを読み、続きを本で読んでくれればなと思っています。読み聞かせは大好きな大将ですが、自ら本を読むという習慣はまだまだありません。このAⅠ教材からは読書習慣をつけるということもメインになってくるので、ぜひとも読書好きな子どもに育ってくれたらなと。

ただ、こんなことを書いてはいますが、読書好きって押し付けるものではけしてないはず。楽しそうだから、知りたいから、本の中で冒険したいから、本を自ら開く。そういう環境を作っていくことが、私の役目のはず・・・。でも、実際はプリント学習に追いかけられ・・・その為の読み聞かせになってしまっている今、いや、読み聞かせが出来ていれば、まだしも、読み聞かせすら出来ていない状況・・・
反省している場合ではなく、生活のどこに「読み聞かせ」を入れていくのか・・・それを真剣に考えて、実行に移さねば・・・。

私自身、子どもの頃は外で遊ぶことが大好きな子どもで、家でゆっくり読書をするというタイプではなかったものの、私以外の家族は皆、本を読むことが好きで、毎週図書館に皆で通っていました。私も気がつけば・・・本を読むようになっていたな・・・と。テクノロジーも進み、いつでも、どこでも、欲しい情報が端末を通じて手に入りやすい時代となったけれど、やはり書物を手にとり、目を通し、そこから色々なことを知り、学び、得ていくことは瞬間的に情報を取得するという行為とは全くの別物のだと私は思っています。大将がいつか、自分から本を買いに行きたいなんて言う日にゃぁ~母ちゃん涙しちゃうかも。(※エロ本とかはやめてよね・・・違う意味で涙しちゃうよ・・・)



公文の国語には各教材に対して推薦図書として、1教材50冊、お勧めの本があります。そのうち10数冊ほどは教材の中でもとりあげているので、絵本と教材がリンクしていて、子どもが絵本に興味を持ちやすくしています。くもんのすいせん図書特集号←この特集に載っている本は全て、KUMONの教材の中で出てくるもの。ジャンルもそれぞれです。このAⅠ・AⅡ教材に出てくる内容のものは手元にある状態です。大将の今後のKUMONの国語の進度にもよりますが、次回里帰りしたところに、B教材の本を購入したいと考えています。どこまで続くかな・・・

後日談;やはり読み聞かせして知っている絵本(※しかも何度も読み聞かせして知っている本)に関しての所見の音読は1回しか読み聞かせしていない絵本より、歴然とした音読の差が出ています。やはり・・読み聞かせしかも、付け焼刃のように学習する直前の読み聞かせではなく、日々の読み聞かせが大事なんだなと・・・痛感するKUMONの国語学習です。
[PR]
by nachimama83 | 2014-01-25 00:44 | *KUMONの国語
AⅠ1-120 ようやくAⅠに入る。カタカナの復習した後から、漢字学習が始まる。とにもかくにも、漢字に追われている感じがする。簡単な漢数字はすぐに書けるようになるが、やはりある程度他でも形を認識し、覚える練習が必要なので、無料漢字学習プリントを使用し、KUMONの出てくる漢字の順番で先取り練習。時間の負担にはなっているが、これなしで、一気に感じを習得するのは厳しい・・と思う。

AⅠ131-140 基本文という新しい課題が始まる。漢字も10枚中2枚6個が出てくる。以前学習したものの他に新出のものも混じっている。ここでの1番台の説明文が難しく、音読するも、意味を理解できていないことが多かった。あけびのみ・まじって・けもの・ふんなど・・・・知らない語彙が多く出てくる。説明文理解はやはり5歳児の持っている理解力・知識力で対抗するのはかなり難しい。何度も文章を読み答えが出てこない姿を見ると、ぐっとどこかに戻って学習したほうが・・と思うが、恐らくこれは説明文のせいだと思われる。様子みということで、先に進める。

AⅠ141-150 基本文 ●●が●●だというような穴埋め問題。大将は好きらしい。語彙だったり、動詞の復習になってとても良い問題だと思う。「山がそびえる」などは絶対に生活の中では出てこない文だけれど、こうしてプリントで学習することは非常に大切だと感じる。



AⅠ151-160 メモなし
AⅠ161-170 メモなし
AⅠ171-180 メモなし
AⅠ181-190 教材に出てくるカタカナの話しは、日本から見ての外国からきたものがカタカナで表記されるという説明なので、イギリス在住で考えると、何が外国のものか分かりにくそう。そりゃぁ、サッカーはさっかーなのか、とらはトラなのか、何が外国で自国か、私も説明しずらかった・・・。カタカナ表記は一つずつなれるしかないのかも・・・。

AⅠ191-200 推薦図書の部分。一休さんのとんち、日本の5歳児はどれくらい理解するのか?イギリス在住のmixの5歳児には・・・一休さんのとんち「はしを渡るべからず」も大仏さんの「くったくった・・・」も、理解するのに必死で・・笑えない模様。そりゃぁそうだ。感想文には「大将は大仏さんがくったくった・・というところが分からなかった」の一言。この先が色々な意味で・・心配。
[PR]
by nachimama83 | 2014-01-15 22:30 | *KUMONの国語
これは、KUMONの国語の一つの音読練習問題。出てくる単語が知らないものだったりして、最初はつかえていた大将も2回復習時はこれくらい読めるようになっています。具体的には音読ランクBに入れなければ、そこの部分は永遠に毎日練習ということにしています。


練習して随分すらすらと読めるようにはなったもの・・・・初見でランクのBに入るというのは難しいです。

また、特に説明文では、読めていても、内容を聞いてみると、分かっていないことが多く・・・この、音読の力と内容把握の差をどうやって埋めていってよいものか・・・・。これは永遠の課題なのかも・・・。そもそも5歳児が持っている全ての知識・理解力を総動員しても・・・叶わぬときのほうが多い気が・・・。

うっーーー辛いぁ。
[PR]
by nachimama83 | 2013-11-05 20:16 | *KUMONの国語