アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:日本里帰り( 3 )

ホリデー問題

久々の更新となっていますが・・・

今年は日本里帰りが出来ないと思っていましたが・・・・
奇跡的に里帰りすることができ、7月19日~8月14日まで日本に里帰りです。
日本の夏は子どもたちは初体験なのですが、私自身も、イギリスに来て以来、初めて夏に戻るということなので、体力的に皆元気で過ごすことが出来るのか心配ですが・・・。旦那は最初の2週間弱を一緒に過ごすことになります。今回はJapan rail passを使って、陸路で、横浜→新潟→札幌→横浜と友人を訪ねの旅行もすることにしています。時間はかかるけれど、家族4人で日本国内旅行をするのには、子ども料金がかからない今が行き時でもあります。(※実際、座席が一つ欲しいので子ども分のJapan rail passを購入するつもりですが)とにもかくにも、今回は家族で上信越、東北、そして北海道移動、頑張ります!



それはさておき、里帰りに心が躍る私ですが、その前にもっとBIGイベント?と5月に義妹の結婚式がアイルランドで行われます。義妹はオーストラリアに移住しており、(旦那さんになる人もアイルランド人ですが、一緒にオーストラリアに移住している状態)、結婚式のためにアイルランドに戻ってきます。そんなわけで、私達が住んでいる、イギリス内で1泊2日ほど結婚式のために家族が集まるというより、1週間ほど結婚式前後に親族が集まり、お祝いする形になります。旦那の親族は、半分は海外移住している状態で、イギリス、オーストラリア(義妹以外でも)オランダと、各地から集まってきます。そういうわけで、結婚式は日曜日ですが、1週間強ほどアイルランドに戻ります。

ここで問題です。大将は学校を休ませることになり、昨年の9月からイギリスでは、学校期間中に学校を休むことが認められないという法律が出来ました。罰金も課される場合もあります。そもそも、日本人からすると、学校期間中に、ホリデー旅行のために、学校を休ませるということはありえないのでしょうが、ここイギリスはついこの前までは正当に認められていたのです。

以前もちょっとこの件は書いたのですが、国際結婚している私達のような人にとっては、こちらのイースターホリデー(2週間)と+αして、2週間ほど学校を休ませ、計1ヶ月日本に里帰りというのも以前は可能だったのですが、今では難しくなっています。ただ、実際、この判断は学校側に任せられているので、私の周りの友人たちは今年も、イースター休み+2週間の休みを学校側に申請し(※ホリデーという名目ではなく、日本の幼稚園や学校に通わせるという名目で)学校側からもOKをもらっている人もけっこういるのが現状で、私としては冠婚葬祭での休みだから、必ず受理されると思っていたのです。

が、が、が、が、が、

大将の通う学校では、私達の結婚式で休むという理由は認められませんでした。先日、保護者面談があり、そのついでに校長先生と直接お話しする機会があったので、旦那とともに、お願いしたのですが、校長先生の答えをようやくするとこうでした。

「個人的にはその結婚式に大将が参加することは、非常に大事だと思うし、素敵なことだと思います。ただ、学校側として、その休みをOKとすることは出来ません。最近は政府側の取り締まりも非常に厳しく、あくまで人が亡くなって葬儀のために休みということ以外は認められないのです」という答えでした。

へっ!??!?!?!?!っていう感じ。

ただ、罰金に関しては100%のことは言えませんが、罰金は課されないと思いますとも校長先生はおっしゃいました。?????????学校側は認めないけれど、罰金は課されない?課されないのはありがたいですが、なんとも変な感じ。私は、どうで学校休んでいくのなら、ちゃんと学校側に受理されていきたかったのですが、それは無理なようです。

そんなこともあって、今年はもうすでに結婚式で学校を休ませるので、これ以上日本里帰りで学校を休ませることは出来ないということもあって、夏の里帰りとなりました。

でも・・・・こんなことがあると、来年以降、夏休み以外の里帰りはかなり困難だろうな・・・。


あーーーーーーーーーーー

むかむか。
[PR]
by nachimama83 | 2014-03-27 04:58 | 日本里帰り
日本里帰りのことを細かくUPするのはなかなか時間が割けないのですが・・・実は行く前に覚書のようなものをメモしていたので、その振り返りという意味で、少しだけ振り返っております。ここに載せている以外にも活動としては色々ありましたが、とりあえず、自分の覚書に対する結果ということで・・・


 今回の里帰りは期間も7週間、投入する資金も過去最大ということ自分たちに目標をかして、有意義なものにしたいなと思っていました。それで書いてみたものですが・・・・。こちらに帰国してきた今、振り返ってみると。9割方は達成したけれど・・・・うーー、かたちだけで中身が伴わなかったものも・・・あったりします。

とりあえず、自分なりに振り返って、反省し、次に生かせたらと思います。


・カタカナを読み書き完璧に!(ツ シ ン 以外は全部読めていたのに、しばらく放置していたら、また読めなくなっておりました)→カタカナに触れる時間は全くなし。


・日本語読みのレベルをあげる。うーーーんプリンとは毎日しているので、進度自体は進んでいるのですが、今いち音読レベルがプリントレベルに追いついていないので、プリントの進度はあまり進ませず、音読練習を繰返して、音読力をあげる→KUMONの国語プリントも休むことはほんとんどなく、読みの練習はよく出来たと思います。以前に比べたら音読力は少しあがったかな。


・花見初体験!日本の桜を愛でてもらう→今年は開花が早く、到着した日には横浜ではもう散り始めていましたが、到着その日に車を走らせ花見に。本物の桜を見て、桜が何かを知る。

d0150199_0231276.jpg・じぃじと恒例の新幹線ツアー→(東京⇔小田原間)+ロマンスカーの展望車一番前座席で日帰り旅行を楽しみ→おととし同様、ママなしで、じぃじと二人、遠足を実施。じぃじが一生懸命チケットをとってくれたロマンスカーの展望席からの景色がとても良かったようで、良い思い出に。毎回行く博物館、今年はマンモス?が心にヒットした模様(前回は恐竜の骨)


・いつもは出来ない理科系・社会系の話を遊びを通じて1日一つ彼が理解していけるようにする。
毎日ということではなかったけれど、彼が不思議に思ったこと、質問してきたことは出来るだけ答えるようにして、分からないことは調べて返答。(※日本・イギリス所在地にあまり関係なし)


・泳ぎ、特にクロールのフォームをただし、綺麗に泳げるようにする(※まずは伏し浮きと手のかきなしの背泳ぎを向上される)→通産、8回?くらいプールに連れて行き、直接泳ぎの指導をするも、大将が練習するにが深すぎるプールで練習という意味ではなかなか難しかった。ただ、本人的には日本滞在の中で、公園の砂遊びとこのママ独占で二人でプールに行けたということが、一番楽しかったらしく、伏し浮きやキック練習は楽しく練習していた。イギリス帰国後、少し、彼のキック力があがったかな?という程度だけれど、親子共々プールで楽しい時間を過ごせたということは◎!

d0150199_026363.jpg・日本での同じ年くらいの子と遊ぶ!(※幼稚園に通わせることも真剣に検討したのですが、4月は午前保育がほとんどということで・・・それなら・・・他に自分たちで連れていきたいということで、幼稚園体験はなしに)→もう少し欲を言えば、同じお友達に数回会えたらよかったかなぁ。でも、今年の大将は公園でも、プレイエリアでも自分から自己紹介して、お兄ちゃんやお姉ちゃんたちに仲間に入れてもらって遊ぶことが多々あり。日本語で躊躇するということは1度もなかったように思う。マンションの管理人さんとも、私の知らない間に知り合いとなったり、同じマンションのご夫婦とお知りあいになったりしていて、私がびっくり。これからも、臆せずどんどん日本語を使って出会いを広げてほしいと痛烈に感じた日々。

d0150199_0264676.jpg・日本の温泉施設に行く(西洋人にとっては、裸で見知らぬ人とお風呂をともにするのを敬遠する人も多いため、我が子にはこの文化に慣れてもらいたい)→わりかし、お風呂が好きな大将なので、心配はしていなかったのですが、下の太陽のほうが、最初は泣いて大変でした。結局、4回ほど、ファミリー温泉みたいなところに行き、家族共々満足でした。恐らく、こちらも毎年いけたらなぁと。※写真は実家のお風呂。太陽はこのお風呂に慣れるのに20日間泣き続き、ようやくこの笑顔に・・・。

d0150199_0272020.jpg(写真;上海の静安寺にて)・上海の地で、英語・日本語以外の言葉・文化に触れ、4歳児ながらの考えでよいので何かを感じてもらえたら・・・触れる。(※私が中国を話すところを見せておく→バイリンガルに留まらず、将来的には他の言語にも興味を持ってもらえれば・・・)→中国語の響きがおもしろいらしく、イギリスに戻ってきても、中国語を耳にすると真似してしゃべろうとすることも。4歳児ながら、世界には色々な国があるということを理解している感じ。上海ではtaxiを乗り回せたことがかなり嬉しかったよう。(※taxiが安価なため)


・あんぱんとカレーパンを一緒に食べる→ようやく、あんぱんを口にし、大好物に。あんぱんマンの意味を本当の意味で分かった模様。ようかんも大好き、たいやきも大好きに♪カレーパンは食べるチャンスがなかった!それから、お寿司はかっぱ巻きと、鉄火巻きが好きに♪回転寿司も気に入ったよう(以前も行っていたけれど記憶にあまりなかった模様)

・日本の図書館に行き、本を借りる→2回ほど行ったけれど、借りた本を全部読みきることは出来なかった!残念!

・大将、ミ●タードーナッツに行き、日本語で自分の好きなドーナッツを買い物する→自分の欲しいドーナツの名前をかろうじてカタカナで読めた。注文はレジ台が高すぎて出来なかったので、代わりに私が注文。

・日本でもKUMONを頑張っているお友達の姿を見て、刺激を受ける(これは母の希望)→KUMONを学習している子と一緒に勉強して、他の子も勉強しているということが分かった模様。

・キッザニア再びということで、今年はさらに自信を持って、参加し、日本語でのやりとりを親なしで前回以上に頑張る。
d0150199_0423327.jpgd0150199_043827.jpg
→今年は慣れたもので、親がいなくても、全く動じず、自分のしたいお仕事をこなしておりました。消防士・獣医・ハンバーガーSHOP・警備員・パイロットを経験。これからの里帰りもキッザニアは毎年足を運ぶ予定。聞いてはいたが、キッザニア初体験の旦那も、感動していた模様。日本語を頑張っているからこそ、自分のしたいお仕事をここで出来(お金も稼いで、貯金できたり、欲しいものが購入出来る仕組みも素敵)とにかく日本語学習継続させるための一番のモチベーションはこのキッザニア。キッザニアさまさまです。d0150199_0462354.jpgd0150199_047162.jpg




d0150199_0315155.jpgd0150199_0321776.jpg

日本の友人の結婚式にリングBOYとして参列。日本の結婚式を体験する→リハーサルではまさかの大ブレーキをおこし、恥ずかしがって、指輪を新郎新婦に運べないという大惨事!何のためにイギリスから来たの!という母の涙の抗議を理解したのか?本番ではばっちりきめてくれた大将です。ほっとしました~。


d0150199_0502059.jpg日本のキャラクター文化に触れ合おう!?(笑)→ばぁばが七五三のお祝いということで、アンバサダーホテルのシェフミッキーのお食事を招待してくれました。予約とるのが本当に大変でしたが、生のミッキーミニーちゃんたちが遊びにきてくれ、家族で幸せな気持ちに(※太陽は怖がって泣いていましたが・・・)

結婚式に次ぐ重要案件!七五三の記念写真を撮る→予算のこともあるので、そんな贅沢なことは言ってられず近所のスタジオアリスで和装姿で撮ってきました。妹の太陽も和装で、家族写真も撮ることができ、それなりに満足!最初は3枚でよいと思っていたのに、結果プレゼントも含めて8枚の写真を現像!


7週間という里帰りはかなり長かったのですが、その分吸収できることも多かったかな?ただ、やはり我が家にとっては3週間~4週間というのが金銭的にも、精神的にもちょうどよい里帰り期間ということが、今回は判明しました。特に旦那の合流が6週目からということもあり、旦那なしの最初の5週間はやはり厳しかったぁ。楽しかったけれど、実家でのストレスで、私は蕁麻疹が出て、病院通いということもありました(苦笑)毎日毎日出歩くという日々で、刺激が強いせいか、太陽の夜泣きもかなりひどいものでした。体の弱い母もやはり疲労で参ってしまうことも・・・。

良いことも悪いことも含めて、2013年の里帰りは終了いたしました。


いずれにしても、この9月からは大将が学校が始まるので4週間以上の里帰りはそうそうできるものでもないので、長期の里帰りは最初で最後となりそうです。
[PR]
by nachimama83 | 2013-06-15 05:35 | 日本里帰り
今回の日本滞在の3週間もあっという間でした。大将が3歳になったということもあり、
色々と大将の記憶に残ることを日本でしたいという思いが強かった里帰り。
帰国して1週間は子どもたちが風邪に倒れ、私も耳鼻科や乳腺科など、自分の
気になるhealthチェック等の病院通いでほぼ終了。それでも、なんとか
計画していたイベントも無事終了することが出来て、ほっとしております。


箱根旅行・・・ケーブルカーや遊覧船といった乗り物を乗せてあげたい
というじぃじ・ばぁばからの企画。小湧園グループの格安ホテルに宿泊。
一泊¥2500円のシングルルームに家族一人ひとりが寝泊するというスタイル。
私たち親子らしい企画だわ(笑)私はシングルベッドに横にして、ソファーくっつけて
子ども二人と私の3人で気合いで寝ました。大将も太陽も温泉は気に入った模様。
翌日はユネッサンで水遊び~。太陽は初のプールデビュー!
d0150199_6564874.jpgd0150199_732529.jpg


新幹線・・・じぃじと大将の二人だけのデート。日本を代表する新幹線に
乗せたいというじぃじの熱い希望で実現された企画!とはいっても・・・
新幹線の中はつまらない・・・と寝てしまった大将。品川→小田原間で十分だった模様。
小田原では博物館に立ち寄り、恐竜の骨の展示を見て帰ってくる。
d0150199_705836.jpgd0150199_711612.jpg


ディズニーランド・・・トイレトレーニングのご褒美としての企画!初めてミッキーに
会った大将はただただ呆然とするばかり。写真を撮るのに、ミッキーを見つめてしまい
なかなか写真が撮れず、係りのお姉さんに催促される。
太陽も生後3ヶ月でこの騒がしいツアーをよく乗り切ったと思います。帰宅後、あまりに
疲れてギャン泣きが止まらなかったのは無理もない・・・。生後3ヶ月でディズニーランド
デビューとは恐れ入りました。
d0150199_714549.jpgd0150199_774821.jpg


キッザニア東京・・・これは予定外の訪問!知り合いから無料招待状を
もらったので行ってみたら思ってた以上に良かった良かった!
(ということで、これはまた今後記事でUPしたいと思います)
写真は消防士体験と、黒ネコやまとの宅急便~!!のお仕事。ここでも思わぬ
大将の変化成長が!3歳からということだけれど、今月3歳になったばかりの
大将がどこまで出来るか(親と離れて)心配でしたが、ふたをあければ、
なんと、ワークホーリック!?状態で6個の職業を経験した大将さんでした。
d0150199_79246.jpgd0150199_792942.jpg


ズーラシア・・・実家近くの動物園。昨年に続き今回も訪れることに。
動物を見ている様子は全くなく、付属の公園で遊ぶことが前回も今回も気に入って
いた様子。でも、いつも、また動物園に行こう~と誘ってくるので不思議です。
園の自慢の動物さんはオカピ。しまうまと、きりんの混血?ということですが、何度見ても
気持ち悪いの一言の私・・・・。

誕生日会・・・3歳の誕生日の日に日本に到着。誕生日会は私の兄一家に来て
もらって家族でお祝い。ちょうど、この日アイルランドに仕事で出張し、実家にSTAY
しているもり男+アイルランドの家族ともSKYPE中継でお祝いしようとするも、
アイルランド側のネット不具合で実現出来ず・・・。かなりテンション下がる私・・・・。
ちなみに・・・この特大ケーキ、コストコのものなんですが、なんと48人分ケーキです。
食べきれるわけもなく、おすそ分けしてもしても、まだまだ残るケーキでした。
もう当分はこれは食べたくないです。コストコのチーズケーキはおいしいらしい・・・。
そちらが良かったよ・・・(涙)
d0150199_7161349.jpgd0150199_7164665.jpg


ひいばぁとのご対面・再会・・・正直毎回里帰りする度に今回で最後かもしれない・・
という思いに駆られる私。前々回の里帰り後すぐに、やはり父方の祖母、大将にとっては
ひいばぁが風邪をこじらせ、あっという間に亡くなりました。今残っている、この祖母といつ
お別れを向かえてもおかしくはない・・・・。太陽は6人目のひ孫となります。
見せられて良かったなぁ~でも、この写真の太陽、明らかに大きすぎ・・・育ちすぎだわ・・・・
d0150199_7463476.jpgd0150199_7474123.jpg


友人たちとの再会・・・高校の同級生だったり、留学時代の仲間や
元職場の同期だったりといつも変わらず温かく迎えてくれるし、会えばすぐに
当時に戻れるというのが不思議。
でも、結婚や子どもたちが生まれていて、確実に時は経っているのよね~。
日本に戻ってもこうやって毎回待っていてくれる家族・友人たちがいるというのが
海外生活している私にとっての最大の宝でもあります。また大将も家族以外の人と日本語を使う貴重な機会だったりします。これもリアルな日本、そして日本語を感じてもらう瞬間かも。
d0150199_6163276.jpgd0150199_616519.jpg


これ以外に予定していた、アンパンマンミュージアム&ボーネルンドは諸事情で行かれず。。。。
私自身もものすごく楽しみにしていたんだけれど・・・。来年?さ来年は是非行きたいなぁ~
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-10 06:32 | 日本里帰り