アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:*習い事*( 11 )

先日、イギリスでは学校内でバイオリンを習えるチャンスがあると書きましたが・・・。
今日はその10週間コース終了のmini発表会がありました。本当に、ただ、弦をはじいて
音をだしたり、hot cross banといってこちらではおなじみの子どもの簡単な童謡を
弾いて終るものでした。
d0150199_3394335.jpg

十数人での演奏でしたが、たかが10週ですが、練習してきている子と
恐らく家でしていないであろう子の弾き方・音色ははっきりと分かる感じで
本当に意気込みというか、各家庭それぞれの習わせ方なんだなと感じたり。


大将はそれなりに、よく音が出せていたと思います。練習してきただけのことは
あったかなと。


そんな中で・・・・


思いもよらない事態発生。


冬休み明けはまたバイオリンのレッスンを学校内で受けられると思っていたのですが、なんと10週の今回で終わり。この10週というのはお試し期間のようで、他の生徒にもチャンスをということで、休み明けはまた違う生徒たちがこの10週のトライアルコースを受けるようです。

year2からは年間通じてレッスンをしてくれるようですが・・・。私としてはせっかく、大将が毎日練習する癖がついてきたのに、ここでSTOPしてはもったいないという気持ちで一杯なのです。バイオリニストになってほしいとか、音楽で奨学金を狙うとか、そういうことは考えていないのですが、もう始めた以上は、この練習する癖を手放し、また来年から始めるというのは、正直しんどい。現時点では練習している内容はものすごく簡単なのですが、毎日練習する癖をつけるといのは親子で苦労したので、これを0に戻すのは・・・。それもしんどい。

来年の9月からの新コースを待つのか、それともプライベートでバイオリンを通わせるのか・・・本人としてはバイオリン継続は希望だそうですが、プライベートレッスンとなると、バイオリンを購入する必要もあるでしょうし(※貸し出しもしてくれますが、それもお金がかかるので・・・)なんといってもお値段が・・・。1回のレッスン代が学校で習う3回分以上のレッスン代に・・・。そんなどうしましょう・・・。もうちょっと色々調べてはみたいと思いますが、確実にレッスン代が上がり、送り迎えが必要な習い事、そして・・・バイオリンを購入かもという事態にに・・・。

いやぁ~、悩みが増えました。
[PR]
by nachimama83 | 2014-12-13 03:41 | *習い事*

バイオリン始めました。

スポーツ一筋の大将ですが・・・私の希望もあり・・・
バイオリンを学校のクラブで始めました。日本ではバイオリンを習うなんて敷居が高く思われがちですが、サッカーを習わすのと、変らない感じです。何故なら、学校の時間内に、外部から先生が来てレッスンしてくれるのでわざわざお稽古事として放課後連れていく必要なし!なのです。(もちろん、プライベートで習いたい人は外でも習えます)
d0150199_7254234.jpg


音楽は毎日練習して何ぼの世界なので、毎日練習できないなら辞めるという親子の約束のもと、9月から始めました。でも、その毎日の練習時間をとるというのが、最初は大変で・・・。親子で練習を忘れ、レッスン前日になって急いで練習する日が続きました。その様子を見ていて、夫は練習しないのであれば、「辞めなさい」との警告。大将と二人、学校から帰ってきて、おやつを食べ終わったらKUMONではなく、まずはバイオリンの練習という約束をもとに、なんとかここのところ、練習時間を確保しつつあります。

本人はやはりやり始めたら辞めたくないらしく、なんとか練習をこなしています。さて・・・どこまで続いていくかな・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2014-12-09 07:26 | *習い事*
大将がbabyの時から、通わせてみたかった習い事を増やしました。Tumbletotsです。日本でも最近はあるみたいですね。

d0150199_7211575.jpgお転婆さかりの太陽には上ってジャンプして、でんぐり返しして・・・と、もってこいではないか?と常々考えておりました。またこちらの冬場は特にお天気が悪く外遊びできないので、室内でも発散できるようなところがあれば・・・・と。で、ようやく連れていってみました。(大将の時から連れていってみたかったのですが、お昼寝の時間とうまく合わず、結局1度も参加したことがありませんでした)


d0150199_7214756.jpg本人はまんざらでもなさそうですが・・・。私としては75点くらいかなぁ~。これはお稽古事というより、器具を借りて遊ばせているという感覚に近いです。将来的には体操(器械体操)できるような感じにつながっていくらしいのですが・・・。KUMONをのぞき、お稽古事の中では1回の単価が一番高いのです・・・。年会費もいるし・・・その割には・・・なんかちょっとお得感やら、習い事感が感じられないのは・・・おそらくインストラクターがただ、器具の補助をしていて、5分間くらい一緒に歌を歌っての45分間。充実感が今ひとつ足りない・・・感じ・・・とぶつぶつ言っている私ですが・・・。とりあえず、今タームは通わせ、里帰り時はお休み予定。で、こちらに戻ってきたら、やはり未だに気になっているBaby Sensoryのほうに連れていってみようかな・・・と。(※それに比べて最近のRhythem timeはリニューアルしたようで、なんだかいい感じですって、私だけかな・・・?そう感じているのは。)


でも、もうこれで、子どもの習い事はSTOP!送り迎えに時間の都合つけなど、これ以上は私には出来ません。太陽が(リズムタイム・tumble tots・Baby swimming)大将が(ダンスレッスン・サッカー・プール)これ以外にKUMONということで、しばらくは習い事は増やさないというより、もうお財布的にも時間的にも厳しいかなと。どれが最終的に残っていくかな・・・・?
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-01 07:28 | *習い事*
またしてもブログ終了の危機!(苦笑)
2012年の11月から年末・そして今年の年始にかけて、人生史上一番
忙しく、食べまくり、遊びまくりの日々で・・・なんとか育児放棄しないものの・・・

ブログにまでは手が回らずの日々でした。


新年のご挨拶もまだでした。新年明けましておめでとうございます。
今年は、昨年以上にブログ更新はスローダウンするかもしれませんが、
やはり下の太陽の成長記録も残さねば・・・という想いもあり、ブログ終了に踏み切れず
だらだらと不定期更新していきたいと思います。


2013年の初めの記事は・・・

その後のプールレッスンについてです。


大将の通うプールでは FIRST STROK(3歳ー5歳)HAPPY STROK(4歳以上)と別れており、若干年齢が重なっています。大将はBABY SWIMINGから3歳になってFIRST STROK(3歳ー5歳)に移り、その中で15M?を浮き具いさっいなしに背泳ぎができる、また顔付けしながら伏し浮きプラスキックが出来る、プールサイドから補助なしで飛び込めるということで、4歳の誕生日を境にHAPPY STROK(4歳以上)を上げても良いと先生からは言われていました。

が、まず、親の私がいくつかの点でしりごみを・・・。

・FIRST STROKとHAPPY STROKのクラス別けに実際レベルの差はあまりないよう見受けられる。

・HAPPY STROKは4;15からと学校終了後の生徒がなだれ込んでくるため、駐車場から観覧席まで場所の確保が大変。クラスも定員の10人満員御礼率高し。(それでなくてもちょろちょろする太陽を連れての、移動は大変なのです・・涙)

・なんといってもHAPPY STROKはインストラクターは入水せず、プールサイドからの指導(これが一番気に食わない)

・大将が現時点のFIRST STROKに留まり、生徒が3人ということで、ほぼマンツーマンで今のクラスで直接指導してもらったほうが、より上達するのでは?

などの私の思惑もあり、上のクラスに行くことをしり込み。

大将自身も、通いなれた時間とお友達から離れたくないということで、上のクラスに行くことをほぼ拒否。当時、大将を指導してたインストラクター(現在、出産で育児休暇中)に、どうしたらいいか相談するも、上のクラスでも今のクラスでもそこまで大きな差はないから、大将が現時点のクラスに留まりたいなら、それでもOKという話だったのです。

そんなこんなで、結局1学期間はFIRST STROKに留まることに決めました。

その間に、もともとのインストラクターが出産ということで、代わりの指導者が入り、これまた、この方がベテランおばちゃんインストラクターで、大将がBABYスイムからお世話になっている方でした。Kimは大将をより泳げるよように直接指導してくれたのですが・・・学期最後に「この子はやはり上のクラスに行ったほうが、より泳げるようになると思う」とアドバイスをくれたのです。

正直、私もこのアドバイスをもらう前の週あたりから、大将の泳ぎのレベルが伸び悩んでいるというのが、見て分かるものがあり・・・やはりクラスをあげたほうがいいのか・・考えたところでした。

次のクラスに行くことを嫌がる大将をよそに、旦那と相談した結果、年明けからやはり一つ上のクラスへ。想像していた通り、クラスは定員いっぱいで、イモ洗い状態・・・。そして、インストラクターは前回同様Kimなのですが、もちろん入水せずの指導。ただ、大将は自らインストラクターに泳ぎの指導を受けるため、質問したりしているようなので、なんとかかんとか・・・ですが、他の子は遊びにしか見えない・・・


本当にこんなんでいいのでしょうか・・・・?



背泳ぎの見本をするようにと、いきなり先生に言われ、親はビクビクしましたが、大将は15Mなんとかデモンストレーションをこなしたようで、初回はなんとかクリアです。先生も自分がこのクラスに声をかけたという意識があるのかないのか、毎回大将には声がけ(指示)を出してフォーム作りの練習をさせているようです。ただ、直接入水し、子どもの手をとり、足をとりという指導ではないので、子どもはなかなかコツをつかみにくいようです。


繰り返しになりますが・・・彼をオリンピック選手にしたいとか、選手コースに早くから通わせたいとか、そういうことではけしてないのですが・・・。私の中での習い事というのは、まず本人が楽しい!ということが大前提。それをクリアした上で、通うのであれば・・・年齢に関係なく、少しずつ上達していくことが出来る環境が大切だと思います。親から見ていると・・・うーーん、正直厳しい!こういうことをいうと、結局、マンツーマン授業をつけるということなんでしょうが、大将は正直、そこまでのレッスンを受ける技量はまだありません。本当に、行き詰まりって感じです、現在。



ということで・・・里帰りしたら、週2回、地元の温水プールに通います!やはりこの時期は手取り足取り、直接、水を掻く感覚だったり、キック指導だったりしてやりたいです。水着は買ったが、結局一度もこちらではプールに連れていってやれていないのです、懺悔ぇ~!!!


今年は去年以上に、日本で頑張りたいことがありますが、やはりなんといっても水泳です。自分が良い指導者なんては一ミクロンとも思っていませんが、集中的に直接泳ぎを教わって上達するということは絶対あると思うので、親子で、この泳ぎ上達を一番の目標に、プールに通いたいと思います。
[PR]
by nachimama83 | 2013-01-18 07:04 | *習い事*

教育費について・・・

あーー先輩ママが言っていたことが、どんどん現実に・・・。子どもが成長するに連れて、やはり教育費がかかってきますねぇ~。

教育費を捻出することが、これまで以上に大変に・・・。現在大将はpre school費の保育費以外に、3つの習い事費が発生。(水泳のレッスン、サッカークラブ(今月末から開始)DANCE CLASS)下の太陽は2つ(水泳とrythem time)に通います。太陽は別として、大将の習い事は本人がやりたいかどうかを一度確認し、毎回タームごとに継続希望かどうかを本人質問しています。(こちらとしても習わせるものは、彼が興味がありそうなものを選んでいるつもりですが)それ以外に習い事ではないものの、日本語習得に必要な学習プリントや本の購入だったりと習い事以外にも教育費の出費は0ではないです。年齢がさらに上がれば、お友達との交際費だとか給食費だとか、どんどん出ていくので、安くなることはない気が・・・。

一家の収入に対する教育費の割合ってどれくらいが健全なんでしょうか(笑)出来るなら、本人たちがやりたいと思うものはやらせてあげたいとは思うものの、正直、予算は限られているわけで・・・。家計から教育費に捻出するため、家計簿とにらめっこです。

ただ、一ついえるのは、どんなに大変といっても、日本のお稽古事よりは、イギリスの習い事のほうが敷居が低く、月謝も安い(1回£4.5~£6くらい 現時点のレート 円換算で600円弱~780円くらいかな・・?)ので、なんとか通わせることが出来ています。これが日本だったら、厳しいだろうな・・。

冷静に考えてそういうベネフィットが高いので、私達一家がイギリスに根付きつつあるのも確かです。日本であれば、私達の収入でこれだけの習い事をさせるのは厳しい、無理だと・・・。
イギリスでの子育てでつくづく思うのは、日本でいう習い事よりも、もっーと楽ちん(気軽)で習うというより、遊びの延長で、楽しむためにあるという感じ。この雰囲気は基本的に大好きです。ただ、何事も高みを目指していこうとすると、そういう指導技術を持ったきちっとした教室を探していかないといけないのだなぁと思います。

また・・教育費が1番頭が痛いですが、習い事をさせればさせるほど、送り迎えのスケジュール調整も発生してきます。子どもが増えれば増えるほど、スケジュールは多忙化していきますね。


この金銭的にも肉体的にも精神的に、いっそうハードとなっていくこの子育て修行(笑)楽になる日はくるのか?なつかしく思える日にはすっかりおばぁちゃんとなっているんだろうな・・・。

あーーー自分だけに時間もお金も使えていた時代が懐かしい反面、家族で生きていくってこういうこと!と強く実感する今日この頃でしたぁ。宝くじ!!あたって欲しいなぁ~(笑)
[PR]
by nachimama83 | 2012-09-13 00:55 | *習い事*

スイミング その3

5M泳げるようになってから、あれよという間に10Mにも泳げるようになり
バッジをいただきました(ってまたしても有料にママは正直欲しくなかったり・・・苦笑)
d0150199_2573276.jpg

(なんつぅ格好でしょう・・・下着姿にゴーグルです;笑)

親から見ていても、背泳ぎはそれなりに泳いでおりますが、おなかをしたにして顔付けをする、日本でいう伏し浮き?キックはもう、それは芋虫がおぼれている様、そのものです・・・(涙)どうしたらよいものか・・・。こんな状態では息つぎなんて絶対無理よ・・・・


ということで、母も重い腰をあげることにしました。決意しました。
わが子をプールに連れていき、直接指導することにします。もうこれ以上はフォームをほっておくことが出来ず・・・。
d0150199_2333087.jpgで、ふと自分の競泳用の水着を試着したところ、ゴムが伸びきってしまい、XXL状態に(笑)市民プールで手持ちのビキニを着る勇気はなし(ってビーチだとOKなのでは何故?日本の海じゃないから?)とりあえず、SALEに行き、バカンス用ではない水着を購入・・・(痛い出費だわ・・・)これを購入した以上は、市民プールに連れていかなくては・・・・。頑張りまーす。
[PR]
by nachimama83 | 2012-09-08 02:58 | *習い事*

スイミング その2

先日水に顔つけが出来るようなった大将。そこからぐぐぐと泳ぐということに対してさらに自信をつけたようで・・・。

8月に入ってから、浮き具一切なしで、急に泳ぎ始めました。恐らく、顔が水面につけられることで、体が水中の中で水平となり浮きやすくなったようです。(※顔が上に上がっていると、どうしても腰の位置が下に下がり犬掻き状態では長く浮いていられないので)背泳ぎに関しても浮き具なしで泳いでます。これにはちょっとびっくり。

d0150199_113089.jpgd0150199_12187.jpg



↑5m立たずに泳げたという賞状。(←でもこれもらうのに有料でママは嬉しくなかったり;苦笑)先日コーチと話した時にやはり大将は赤ちゃんの頃からレッスンに通っていたので、水慣れが出来ており、泳ぐ感覚がすでについているので、他の子と比べると浮き具をとれる時期が早かったとのこと。大将は確かに浮き具がとれるのは早かったわけですが、イギリスは日本と比べて浮き具をとる時期が圧倒的に早く、5歳児クラスでは基本的に浮き具一切なしで子どもたちが泳いでいます。(でも犬掻きのような。。。半分おぼれているような・・・)

以前も書いたように、日本のように本当の意味での泳ぐための基本練習(バタ足であったり、水のかき方だったり)がほとんどないレッスン。(口頭だけの指示で子どもたちが自分なりに手を動かしたり、足を動かしたりする)このまま続けさせていて良いのか・・・。正直、5歳児クラスと見ていても、私の感覚からすると、普通に泳げている子が少ない・・・。悪い癖がつかないうちに、なんとかしたいというのが本音。

そもそもイギリスの水泳指導と、日本の水泳指導は目指している根本的なものが違うようで、イギリスの場合大前提として、万が一の場合おぼれなければよいことに対して、日本の場合は立たずに無駄のない綺麗なフォームで泳ぐ→早く泳ぐことを目指しているので無理があるのかな・・・と。

私自身、息子を競泳の選手にしたいと思っているわけではありません。あくまで、基本的なことと思っているのですが、もかしたら、この先わが子は犬掻きスタイルのようなフォームで泳ぎはじめるのかと思う・・・とそれはちょっといやだな・・・。

一番良いのは自分と大将で1週間に1度市営のプールにでも行って遊びながらもうちょっと基礎練習が出来るといいのだけれど、太陽が居ては無理。週末は週末で太陽のスイミングと買出しだぁなんだと、時間が割ける状態ではない・・・。これまでは大将がこのレッスンが好きということ、また水慣れというつもりで通わせていましたが、いざ、顔つけて浮くようになった今、ここのレッスンを続けさせるかどうか、真剣に考え中・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2012-08-14 17:43 | *習い事*

AWARD

先週末にKUMONの表彰式がありました。
d0150199_4505366.jpg




算数の部門でSilver賞をいただきました。(表彰者の中では1番おちびだったと思います)
このトロフィーもらうために、ひたすら2時間半おなしく座って待っていた息子でした。
親ながら、よく辛抱強く自分の番まで待てたなぁ~と。
d0150199_4511256.jpg

d0150199_4513333.jpg

来年は目指せ!Gold賞。もちろん息子が頑張ってきたわけで、息子が讃えられるのは
当たり前なのですが、でも、それを影で支えている、親が讃えられる日でも実はあったり
するのです。涙もろい私は、息子が壇上に上がった姿を見て、号泣(笑)
まさか、自分がこの立場になろうとは・・・。

また、1年、頑張ります!次は目指せ、金トロフィー!
[PR]
by nachimama83 | 2012-05-11 04:52 | *習い事*

初 太陽の習い事

このままではいかんな・・・と思っているうちに太陽も8ヶ月に突入、そしてもう9ヶ月
になってしまう!

d0150199_0382472.jpg

(まさかり担いだ~金太郎~さ~んみたいな風貌になっておりまする)

旦那にも、swimming lesson以外にも、そろそろ連れていったほうが・・・(言うが易しよねぇ~)
と指摘され(大将はもうこの時点でrhythmtimeに参加していたので)
近くのChild Centreで開かれていた
Baby Sensory
のお試し版全5回に参加してきましたが、これがなかなか良い
感じで、大将にはrhythm timeというものを通わせていましたが(本人は今もこの
レッスンは大好きです)太陽にはBaby Sensoryのほうを正式に通わせようかと思ってます。
何がrhythm timeと違うかというと、rhythm timeは音楽や打楽器などを通じて
子どもたちの発達を促していくわけですが、Baby Sensoryは音楽だけでなく
視覚だったり、触覚からだのあらゆる部分を、色々なものや道具で刺激したり、
体験したりして、プログラムが充実しています。(プログラムにマンネリがないのが
親としては参加していて毎回新鮮ですが、子どもにとってはrhythm timeのように
繰り返し同じことをすることも、本当は楽しいのかな・・・?)
時間もrhythmtimeは30分ですが、Baby Sensoryは約1時間のセッションと倍です。
もちろん、コース費用も高くなりますが、これは
価値がありそう。この団体は色々とawardももらっているみたいですね。

太陽はここに通いだしてから、急に赤ちゃん語を一気に話し始め、音楽にのってリズムを
とることも始めました。何かしら、彼女に作用しているのは確かです。
インストラクターいわく、さらに1歳児以降のtoddler クラスは内容も濃く、楽しいようです。

本当は大将が月曜日13;40に通うrhythm timeの一つ前の時間帯にBABYクラスが
あるので、そこに太陽もくっつけて通わせてしまうほうが、いっぺんに事が終了するので
楽は楽なのですがやはり良いものを体験してしまうと・・・・
少しくらい、太陽に時間を削ってあげてもいいですよね。

頑張って、本当のコースに通ってみようかと思ってます。。。。

でも、未だ予約の連絡をしていない私・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2012-04-02 00:41 | *習い事*

プールレッスンについて

ここのところ、考えていることがあります。

それは、大将の習い事の一つのプール。
生後半年から現在まで特別な用事がないかぎりほぼ毎週プールレッスンに
通っております。3歳になってからはBABY SWIM(親と同伴)を卒業し
親なしで子どもたちとインストラクターだけのレッスンになりました。
d0150199_1944962.gif

私は小さな頃からプールが大好きで大好きで2歳の頃にはうき具一切なしで
プールに飛び込んでいたような子どもだったので、5歳の頃には浮き具なしで
泳いでいた覚えがあります。(母も祖母もそれなり水泳の出来る人でした)
小学校時代は腰を痛めるまではswimmingに週2回通い、競泳選手には
ならないものの、学生時代はアルバイトで子どもに水泳を教えていたこともありました。

そんな流れもあって、息子にプール・泳ぎの楽しさを知ってもらえたら・・・と
思って(旦那もそれには大賛成だったので)近くのプールレッスンに参加してました。
イギリスの子どもの習い事って日本とは違ってかなり垣根が低いんです。
1回レッスンいくらという感じで参加できるものも多く、入会金なしのところも多いです。
大将のスクールも入会金なしの、参加した分だけ支払えば良いというのも行きやす
かったのですが・・・・。

3歳になって、本格的な泳ぎのレッスンが始まりました。まぁ本格的とは言っても
水慣れの延長、泳ぐのための基礎練習。
ただ・・・・うすうすは気がついていたのですが・・・・

泳ぎの指導が日本とは全く異なる!

まず浮き具からして、腕につけるアームヘルパーなんです。
アームヘルパーで泳ごうとすると腕があがる分、腰・お尻が下がってしまい
本来の泳ぐ姿勢が出来ない。それなのに、そのお尻が下がった状態で
キックの練習をさせるので、足が必要以上に曲がる曲がる。そしてちゃんと
水をけれていない・・・。(私は絶対腰につけるヘルパーが必要だと思うのです)
犬掻きみたいな感じです。
友人が言うには日本でもまだ小さいと、腰ヘルパーとアームヘルパーの
双方をつけてレッスンするところもあるそうです。まだそれならいいのですが、
アームヘルパーのみの泳ぎの練習は、私にとっては意味がないというより
悪い泳ぎの姿勢をつけるようにさえ見受けられるのです・・・。

また、日本ではよく見られる光景ですが、プールサイドに座ってのバタ足の練習
なんてありません。(私は基本中の基本だと思ってましたが・・・)

ビート板を使ってキック練習がないのですから、1・2・3ぱっ!という顔付けの練習も
なく、あって水中にあるフラフープを顔をつけてくぐるくらい?
ようやく、本日ビート板登場!両手をそろえておいてキックの練習かと
思いきや、このビート板はミニビート板で、2枚手渡され、両脇の下に挟んで
キック練習。。。。。腕にアームヘルパーついているのに、さらに脇の下にビート板
はさむものだから、泳ぎの姿勢もあったもんじゃない。

親が言うのもなんですが、現在大将は腕輪をつけながらも、バックストロークは
おなかがぐっと上に持ち上がって、頭が水面につかり、それなりの泳ぎをしている
のですが、本日このビート版をおなかでもたされ(ラッコみたいな感じ)
泳ぎの練習がありました。あーーーーせっかく出来ている泳ぎの姿勢を崩さないでぇ~
と吠えたくなりました。

私が基本の基本と思っている練習は一つも含まれていないのです。

友人と話をしていて思いだしたのは、日本で使用する赤い台(足が届かない子ども
のために)を使用して、水なれさせることも一切なし!アームヘルパーつけて
ドボンです(苦笑)
そうそう、クラスわけもまだ、この時点では年齢別なのですが、3歳・4歳児のクラスで
レベルの開きも大きいです。


私は大将のレッスンにあまり高い技術習得ということは何も求めていません。
(でも、どこかでやはり期待しているのでしょうか・・・?そんなことはないと思うのですが)
楽しく水なれが出来て、有り余る体力が発散できれば!という思いでレッスンに
連れていっていますが、下手な泳ぎの癖をつけてしまうのはどうかとかなり案じているのです。

大将のレッスンと同じ時間帯に小4くらいの子がプライベートレッスン(上級という意味で)
受けているのですが、私には彼女の泳ぎが半分、おぼれているようにさえ見えます。
これで上級・・・?!という感じの泳ぐ姿勢?こんなんで本当にいいの・・・?
泳いではいるけれど(というより浮いてはいるけれど)こんな泳ぎ方では、タイムは
よくならないでしょう。。。。

オリンピックなどでイギリスの国の選手がメダルをとることって少ないのは
絶対こうしたことがあるからなんですねぇ~
普通と思っていた日本のプールレッスン、やはり競泳が強い日本になる
だけのことはあると思います。


自分が直接大将をプールに連れていって指導したほうが、よほどいいだろうと
思いながら、太陽を抱っこベルトにいれてプールサイドから見守る日々が続きます。
(でも、私の性格上、すぐにスパルタになってしまいそうなので・・・・それが1番怖いです)
レッスン料が安いからといって、本当にこのままでいいのだろうか・・・。
でも、体力は発散してもらいたいのよねぇ・・・。サッカーレッスンが近くにあったら
そっちに切り替えたほうがよほどいいでしょう・・・。



歯がゆい思いです。でもとりあえず、ダディなしの
プールレッスンをようやく楽しみ始めた大将なので、それは救いですね。
様子見ですが、もうちょっと考えてみますが、大将の泳ぎにこれ以上ひどい癖が
ついてしまいそうだったら、通うのはSTOPしようとは思ってます。

習い事も色々と難しいなぁ・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2011-12-03 07:39 | *習い事*