アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:*妊娠・出産検診・手続き( 22 )

昨日に続いてパスポート申請の話ですが、勝手に日本編をおおくりします。

日本のパスポートは前回大将の時も問題なかったし、逆に
申請はある程度覚えているので問題なし!と思っていた私・・・・

またしても、やってしまいました・・・・。
今回は私のミスです・・・・。




これまた史上最強(我が家にとって)に近い事件が!!


というより、また、もり男に借りを作ってしまったというか、頭があがらないというか・・・。


日本のパスポートはロンドンにある大使館で発行してもらいます。
通常は申請してから5日後以降の受領なのですが、私のようなロンドンから離れて
住んでいるものは遠隔地サービス?といって朝の10時半までに大使館に出向い
て申請した場合、当日の15時半以降にパスポートを発行してくれるというありがたい
サービスが・・・・。ロンドンで前泊しても良いのですが、お金もかかるし・・・
日帰りできる距離ではあるので、早朝出発し、ロンドン大使館に向かうことにしました。
(まぁ、とにかくチビ連れて出向くわけなので、日帰りでも大変なのですが・・・)

で・今回、私やってしまいました・・・・。

何を???

あんなに確かめたのに、確かめたのに、確かめたのに


必要書類を1枚忘れたのです!!!


その書類とは・・・・
子どもの名前を非ヘボン式ローマ字表記希望の場合、
(例えば名前がビクトリアちゃんの場合、ヘボン式だとBikutoriaになってしまうので
Victoriaのスペルでパスポートに記載する方法)
この英語のスペルが公式であることを証明する書類です。
でパスポートに記載するためには必ず必要な書類です。
要は太陽の名前の英語のスペルが分かる公式書類(Birth certificate等)が必要なのです。


大将の時は申請書類が違ったので、よーーーく確認して、書類を忘れなかったのです
が、今回はやってしまいました。勝手に読み飛ばしていた私・・・・
とまだいい訳中の私・・・・


とにかく、何が何でもその書類がなければ当日発行は絶対無理とのこと。
友人夫婦がサインしてくれた写真唯一手元にあり、そこには太陽の英語の
スペルが手書きで書いてあったので、これでよいかと聞くと受付の女の子が
奥のいかにも外務省の頭かちんこちんの男!!!!!!に聞くも

首を横に降り、受付の女の子が申し訳なさそうに

「すみません、これでは公式書類にはなりません・・・・・」

とのこと。

誰かにFAXしてもらえないか?と言われても唯一の書類は遠く離れた
我が家の棚の中。家族総出で大使館に出てきているのに、誰がFAX
出来るといのでしょう・・・。もり男が何時までに書類を提出すれば、
当日受領できるのかと聞いたところ、おまけのおまけで、13時までに
提出できれば、今回は大おまけで、15時半にパスポートを発行してくれる
というのです。

13時までに提出は到底無理!
もう私の中では当日中のパスポート受領を諦めかけていたのですが、
なんと、もり男がまたバーミンガムの自宅に戻り、その書類をFAXするというのです。
片道2時間、混んでいれば2時間半の道のりをまた戻る!???
時間は10時半。大使館のある駅から車をとめた駐車場のある駅までは電車に
乗ること15分+徒歩。もうとにかくギリギリ、11時に車出発できたとしても
2時間後は約束の13時・・・・。2時間以内に到着するには、かなりスピードを
出さねば・・・・。
でも、それしか当日取得する方法はないとなり、もり男は一か八かで大将を連れて
自宅に戻り、授乳の必要な太陽と私が大使館に残ることに。


それもこれも、ぜーーーんぶ私の確認ミス・・・・。

自分でもこれには凹みました。(凹むけれど、すぐに立ち直って忘れて
しまうのよねぇ~・・・・苦笑)

ランチ以外は朝10時から15時半までの間ずっと大使館の中で過ごしました。
ランチはかろうじてロンドンで働く友人と久しぶりに会い、£20もする日本食のランチを食べましたが、まぁ、気が気でなく味もよく分からず・・・。
d0150199_0382277.jpg←大使館の中での太陽です。赤ちゃん抱えて、ロンドンをブラブラする勇気は私にはなし!!!まぁ、ある意味大使館の中は安全で、小さいけれど、トイレにはナッピーチェンジの場所はあるし、授乳はケープを使ってなんとか出来るので、とにかく太陽と二人大使館にこもっておりましたおっぱいとねんね時の要求以外は始終おとなしくしていてくれた太陽。ランチの時は寝ていたので、そのまま椅子に寝かせていました。本当に感謝!ただ・・・もり男からの連絡くるまでの間、生きた心地しませんでした・・・。戻ったところで約束の13時までにfax出来なかったら、戻った時間もガソリン代も体力もぜーーーんぶ無駄なわけですから・・・。




結果。。。。。。。。。。。




ぎりぎりでしたが、もり男は13時前にバーミンガムの家に到着することが出来大使館にその書類をスキャンしてメールで送信し、太陽(私)は無事にパスポート受領することが出来ました。




そんなこんなの私のミスで家族での日帰りロンドン旅行プランもかないませんでした。
にかく、大将の時はパスポート申請は何も問題なく、取得できたので
今回はパスポート申請がトラブル続きで、凹みます。

でも、ロンドン⇔バーミンガム間を2往復。約8時間運転してくれたもり男に
それに文句も言わずつきあった大将にひたすら感謝です。

翌日の今日は緊張がほぐれたようで、疲れがどっと出た私・・・・。
とにかくこんな大変な思いはもういや!!(ってこれはもり男のセリフか・・・)
こんな大変な思いして、取ったパスポートだもの、里帰りは楽しまなければ・・・。


ただ、まだ残っている、大将のアイルランドパスポート更新、さらにブリティツシュパスポートの
申請、問題なくスムーズにいってくれることを願うのみです・・・。

あーーー疲れたぁ~!!!
ってもり男が一番疲れたよね・・・ごめんなさい・・・
[PR]
by nachimama83 | 2011-09-21 20:20 | *妊娠・出産検診・手続き
10月1日から里帰りいたします。

今年は里帰りするつもりはなかったのに、もろもろの諸事情により
急遽、里帰りを決定。

7月生まれの太陽のパスポート取得は本当に、ギリギリです。

d0150199_19423010.jpg実は大将も太陽も日本・アイルランド・ブリティッシュパスポートの3ヶ国のパスポート(国籍)を21?22歳?までは所有することが出来ます。で、今回の里帰りに絶対必要なのは日本のパスポートではなく、アイルランドのパスポート、もしくはブルティッシュパスポートなのです。変な話ですが、日本里帰り時に日本への入国は日本のパスポートでなくても入国できるのですが、イギリスに戻った際、厳密に言うと日本のパスポートでは入国できません。それは大将・太陽の日本パスポートにはイギリスで生活するためのビザがないから。日本のパスポートで観光ビザで入ることも出来るといったら出来るかもしれませんが、基本的には税関で日本に戻るための帰国のフライトチケットを見せる必要があります。(聞かれなければいいですが)そんなチケットは持ってません。(だって、本当はイギリスに住んでいるんだもの)それでなくても、ロンドン・ヒースローの入国審査は厳しいので何を言われるか・・・。

本当に変な話ですが、日本に里帰りと言っても必要なのはあくまでこちらの
パスポートなのです。(アイルランドのパスポートを持っていれば同じEU圏なので
ビザはいりません)

そういうった理由から、とにかくアイルランドもしくはブリティッシュパスポートの
取得を急いだ私達。。。アイルランドのパスポート申請料金のほうが安いので
まずはアイルランドものを!

でも、今回は大将の時にはおき得なかった問題発生!
それは、誰も太陽のことを証明してくれる人がいなかったこと!

日本のパスポート申請時には必要のない、公的なサイン?第3者からの
サインというものがアイルランドパスポート、ブリティッシュパスポートには
必要になってきます。日本では本人が出向いてパスポート申請しますが、
ブリティッシュパスポートもアイルランドパスポートも郵送で申請し、
郵送で受領することが出来るのです。その代わりにパスポート申請書類また
証明写真が間違いなくその本人であるという証明を、両親や親族以外の
第3者が認めてサインをしなくてはならないのです。それがなければ、
もちろんパスポート申請は出来ません。
このサインは誰でも良いのではなく、できる人が限られており、政府関係の
役人の方?病院のDr、警察官、学校の先生等々です。サインをする際は
サインする人のパスポート番号も記載する必要があります。

友人の旦那さんは学校の先生なのですが、欲しいと思ったときには
ホリデー中でいない。
でも、大将の時同様、GPで有料でもいいからDr・サインをもらおうと
思っていたら、なんと今回はサイン拒否。そもそも、サインを書いてくれるDrは
太陽のことを一度も診たことがないから、証明が出来ないとのこと。
確かに言われればその通り。大将の時には6週検診があり、たまたまその後に
私たちがサインを依頼したので、Drは顔を大将の顔も確認していたので
スムーズにサインをもらえただけの話だったようで・・・。
1日でも早くパスポート申請をしたかった私たちは6週検診までは待っていられず。
このサインをもらうために、先生に会う予約を入れるということは病人ではないので
許可されず・・・。途方にくれる私達。そうだ!警察署に行こう!と翌日早朝に出かけるも
ここでも、結局上記と同じく拒否される・・・・。知り合いでもないから、その人であるという
ことは証明できないと・・・。


あてにしていた病院のDr.には断られ、
友人の旦那さん(学校の先生)はホリデー中でしばらく帰ってこない、
警察署にも断られ、もはや頼る人はいない、でも今申請しないと10月の里帰りには
間に合わない・・・・道端で途方にくれる私達・・・・・。

そもそも、私は日本人、旦那もアイリッシュ、この第3国でそんなに知り合いなんて
いない!しかも、限られた特殊な職種の方々なんて・・・ねぇ~。
途方にくれながら、憤りにも近いものを感じていたその時!

ピーーン!!!

とひらめいた私。

嘘のような本当の話なのですが・・・。

いつも仲良くしていただいている先輩ママさんのご主人が
警察官に転職されたのです。
ただ、彼女にもお会いしたいしたいと思っていても、半年に1回ほどしか
お会い出来ない状態なのに、そのご主人にお願いするのも。。。本当に
虫の良い話だとは思いましたが、もうお願いできる人が彼女しかいない!!

その場で彼女に連絡すると
非番で戻ってきたご主人が家にいるので、ご主人が起きたら
そのサインを引き受けてくださると。

もう、本当に本当に感謝でした。


今回お願いした、サインは大将・太陽のブリティッシュパスポートと2件分と
太陽のアイルランドのパスポート1件、大将のアイルランドパスポート更新が1件
(アイルランドのパスポートは子どもは3年ごとの申請のようで大将はもう今年、
再申請が必要)ということで計4つの書類&写真
d0150199_21181382.jpg書類と、写真の裏にサインをただ書いてもらうだけと思っていたら大間違い!!まぁ、色々と記入の仕方やらサインやら、決められており、やたら大変。しかも欄が小さかったり横の写真のように証明写真の裏にこの人が●●であることを証明しますというような英語をかなり小さい字で書かせられたりとまぁ、骨の折れること折れること・・・・。

そんなこととはつゆ知らず、お友達のご主人に4通もの書類と写真へのサインを
お願いしたので終わるまでに恐らく1時間くらいはかかりました。
もう、本当に申し訳なかった・・・・。

でも、それだけで終わりませんでした・・・・。

そのサインをもらい急いで郵送申請し、約1ヶ月強で受け取りが出来ると
web上で確認していたのですが、約束の期日になってもパスポートが送られてこない・・・。

そんな中、サインをしてくれた友人から連絡があり、な・なんと・
パスポートセンターから直接警察官の旦那さんに連絡があり、私たちのことや
彼が本当に警察官であるかどうか、確認されたとのこと。

ひょえぇ~~~~

サインだけでも本当時間をとって申し訳ないのに、お仕事中まで・・・・。
信じられない、どんだけ、私たちを疑っているのか~!!!!
(ちょっと被害妄想すぎますか?)
いずれにせよ、ものすごーーーく頭にきました。しかも発行期日は過ぎているっちゅうに!!!!

ただ、その確認連絡があった後、すぐにパスポートが発行されることになり(webで
確認できました)とにかく、頭にくるばかりでした。この後に及んで疑うなんて・・・。


アイルランドパスポートはこんな感じで里帰り前になんとかギリギリGETできそうです。


次回は日本パスポート取得編です、またしても姉さん事件ですぅうううう~

っていつの時代でしょう(笑)
[PR]
by nachimama83 | 2011-09-20 19:45 | *妊娠・出産検診・手続き
そういえば、先週になるけれど、大将はイギリスで新型インフルエンザのワクチンを
接種しました~。イギリスでは子どもでも1回接種で終了。
接種後、熱や、副作用が出ることなく(出たら本当に大変なんだけど・・)
普通に過ごしてこれて、何よりでした。


イギリスでは基本的にGP(かかりつけ医・病院)があらかじめ決まっていて
そこのGPからお知らせがきて、予防接種の予約となります。
でも、今回はそのお知らせがこなかった!イギリスでは、こういうこと、日常茶飯事
なので、びっくりしてはいけないのだけれど、私のGPはお知らせ関係は結構、
しっかりとやってくれているので、私も気が緩んでいたのは確かです。

今回はGPからのお知らせがくることもなく、たまたま違う地域に住んでいる友人が
GPからインフルエンザワクチンのお知らせがきたという情報を教えてくれたので、
私たちも急いで自分たちのGPに連絡したところ、
「はい、新型インフルエンザの予防接種やってます。予約は金曜日のみ。・・・」
みたいな流れで、あっという間に予防接種にこぎつけました。

良かったじゃない!?


はい、良かったのですが・・・。

何が言いたいかといいますと、私のGPからは何も連絡がなかったいうこと!
イギリスではこういうこと、当たり前の世界だけれど、実はその数ヶ月前に
私は予防接種の予約をしようと試みたのです。

というのも、イギリスが国をあげて、5歳以下の子どもに優先的に予防接種をするという
ニュースが流れたのです。その時にGPに連絡して、予防接種を受けたい旨を伝えると

大将は13ヶ月の予防接種を受けたばかりなので、念のため2-3週間あけてから
インフルエンザの予防接種をしたほうが良いといわれ、再度予約をとるように
言わました。

で、クリスマス後に予約のための連絡するも

「大将は予防接種を受けられる対象ではなくなりました。」
と言われ、予防接種ができないことに・・・・!私は意味がわからなくて、聞くも
「医師と相談したところ、大将には現在必要ないとの判断からです」

・・・・・・・・・・・。

なんだそれ?
国が5歳以下の子どもには優先的に予防接種すると言っておきながら
結局GP判断(裁量)のようで、接種できず。

それが2ヶ月が過ぎたころ、結局予防接種OKと、2転・3転するあたりが本当に
まどろっこしかったです、本当に。

まぁ、接種できたので、終わりよければすべてよしですかね・・。
イギリス生活していると、結果オーライとか終わりよければすべてよしとか、
そんな風になってくるんですよね・・・・。

3月は里帰り。日本ではずいぶん、この新型インフルエンザは終息したようですが、
私は副作用のリスクよりも、かかってしまうリスクと、その後の最悪の状態のことを
考えて、大将にはワクチン接種をと前から希望していたのです。

イギリスの医療関係のことは、本当、毎回腹立たしい!
日本のように3割自己負担でも良いので、自分な好きな病院に通いたいものです。

愚痴になっちゃいました~。

そうそう、イギリスには水疱瘡の予防接種はないので、大将は日本で接種予定です。
ただ、接種したからといって、水疱瘡にかからないわけではないそうです。
一番良いのは、水疱瘡の予防接種してから、水疱瘡の子どもの近くにいると
体内の免疫力がさらにあがって、かかりにくくなるそうです。そんなうまくいくのかな(笑)
とりあえず、日本で接種してきます!
[PR]
by nachimama83 | 2010-02-20 17:38 | *妊娠・出産検診・手続き

パスポートGET!

d0150199_3144234.jpgようやく、アイルランド・日本両国のパスポートが取得できました。特に日本のパスポートはロンドンまで本人・大将が受領しに行かないといけないので、やっかいでした。(手続きはさすが、日本大使館!お姉さまたちはお優しい!大使館のお姉さまの対応で癒される私:笑)


(バーミンガムは遠方扱いなので、1日で取得できるのですが、朝早くロンドンに到着
もしくは前日入りするのは我が家的には負担だったので、私一人で先にロンドンで
申請、受領日に大将連れてロンドンへ!)


実は大将はイギリスのパスポート取得権利もあるようなので、近いうちに取得したいなぁと。
もらえるものはもらっておきましょう!でも・・・手続きがなんとなく面倒くさいな・・・。
[PR]
by nachimama83 | 2009-03-06 08:59 | *妊娠・出産検診・手続き

予防接種 1回目

先週の木曜日、大将は初の予防接種にいってまいりました。
(※BCGは出産当日に受けています)

第1弾の予防接種ですが、何を打ったか答えられない、相変わらず
ダメな母ちゃんです・・・。

イギリスでの予防接種の内容・スケジュールについてはみかみかさんのHPで。


さてさて大将の反応はといいます、

「うぎゃぁ~」×2回と泣いて、はい終了。
(こちらでは両方の太ももに刺すので2回)
ちょっと驚きでした。日本でも太ももに刺すのかしら?

相変わらず大将だなと思うのは、1本注射打ち終わってあやしたら
笑った。さすがの母ちゃんもこれには苦笑い・・・。
大将、あともう1本あるのだ。

注射した数時間後、やはり熱が出ました。ここまでぐずった大将はひさびさに
みました。そこで登場!これぞイギリス!イギリスの三大名詞!?(笑)
はいCalpol↓を使用量の半分を2回ほど飲ませたら熱が下がりました。

d0150199_4312086.jpg



予防接種よりも、初Calpolを飲ませることで、あらためてイギリスで母ちゃんに
なったのだなぁ~と感じた1日でした(笑)

次の接種は2月。あらためてお知らせがGPから来るということです。
[PR]
by nachimama83 | 2008-12-17 03:16 | *妊娠・出産検診・手続き
大将にはどうやら3カ国のパスポートが取得できる権利があるようです。

・アイルランド(詳しくはこちら
・日本(詳しくはこちら
・イギリス(※現在、Home officeにて、取得可能確認済み)

d0150199_07140.jpg
現在のところアイルランドパスポートを取得済み。アイルランドパスポートを持っていれば、イギリス人とほぼ同じ権利が発生するため急いでイギリスパスポートを取得する必要はないのですが、今後イギリスのパスポートも一応取得しようと思っています。そして、日本のパスポート取得のための手続き中。(※出生届け提出済み、戸籍反映後、申請手続き開始予定。)



d0150199_044863.jpg大将が生まれる前から11月末にもり男のアイルランド出張・日本出張が立て続けに入っており、彼がイギリスを離れている間、私と大将は彼の実家にお世話になるということで急いでアイルランドパスポートの手続きをいたしました。(そして、現在アイルランドにおります^^;)

出産前から必要な書類を確認し、入手しておいたので、特に問題はなくスムーズに
受領することができました。

渡航が決まっている場合は、それに合わせて早めに必要書類等をそろえておくことが
大切だと思います。

*アイリッシュパスポート申請の流れ*
[PR]
by nachimama83 | 2008-11-29 00:12 | *妊娠・出産検診・手続き

産後の手続き諸々

イギリスでの産後の基本手続き・申請等は以下のようなものがあります。
(もれていたら、教えてください!)

ちょっと気になるのは・・・・・
ロンドンだと、生まれてすぐに学校などのウエィティングリストに入れておかないと
通いたい学校に通えないと聞いたことがありますが、バーミンガムではCouncilからレターが
送られてくるのを基本的に待てばよいそうです。本当にそれで大丈夫・・・?

Birth Certificate(日本でいう出生届け)住んでいる住所ではなく、出産した病院
により、申請場所が異なります。

Child benefit イギリス政府から育児援助金をもらうための申請。

☆ Tax credit 減税申請。(扶養控除にあたるようなもの)

上記の申請書・必要書類は基本的に出産病院にて配布されます。

☆ 日本への出生届け(海外出産の場合は出生から3ヶ月間のうちに提出。
日本戸籍を保持する場合は、その項目を見落とすこなく記入!)


☆ GP登録


~オプション~

☆ パスポート申請(必要な場合は)

☆ Child Trust Fund

※産休の有給申請などは出生予定日15日前までにしないといけないようです。
 (私は専業主婦なのでありませんが・・・)

日本での出産後の手続きをまったく知らない私。日本の場合とどう違うのかな・・・?
[PR]
by nachimama83 | 2008-11-18 03:03 | *妊娠・出産検診・手続き
イギリスでは産後自宅にMidwifeとHealth Visitorが来て
くれて、お母さん・赤ちゃんの健康チェック、お悩み相談などにのってくれます。
これはほとんどの方がありがたいシステムだと思っているのではないでしょうか?
私もしかり。

出産すると、出産した病院からMidwifeに連絡。その後Midwifeが自宅訪問。
我が家では退院翌日・翌々日・生後5日目・生後12日目・生後19日目(お願いして)
来てもらいました。スケジュールはアバウトで赤ちゃんやママに問題がなければ
このくらいかな?

そしてMidwifeからHealth Visitorへとチェンジ。(Midiwifeの訪問が終了と
同時にHealth Visitorに切り替わります。目安は生後2週目)
生後2週間目と生後4週目に自宅訪問。※生後3週目はMidwifeが来てくれたので
Health Visitorはお休み。
※問題があれば、それ以外にも訪問してくれます。

このMidwifeとHealth Visitorのサポートの流れはスムーズで
基本的にはこちらか何をするわけでもなく、むこうから連絡をくれて、アポをとって
くれます。イギリスらしからぬ!?英語のできない私でも流れにのっていけば
よいので、ありがたやありがたや。

GPのドクターよりも赤ちゃんのことをよーく知っているので頼りになる存在です。
[PR]
by nachimama83 | 2008-11-12 02:01 | *妊娠・出産検診・手続き
★私の実際の妊婦健診・出来事の流れ@バーミンガム★

   常々この記事をUPしないとなぁと思って早7ヶ月(笑)現時点までの記録です。
   ※基本の流れを簡単にまとめた日記はこちら→基本の流れ

 1 妊娠陽性検査報告@GPにて(2008/02/12 妊娠6週目)
  医者が妊娠検査薬で調べることもなく、内診等も一切なし
  12週までは流産の可能性も高いから自宅で様子を見てくださいとのこと。
  何か出血等問題あれば、GPに来るよう伝えられる。
  ・その日の日記はこちら→妊娠報告
  
   ※紹介状をドクターが地域の出産病院に書きそれが出産病院に到着すると
   12週のスキャンの予約をとりなさいという旨の出産病院からレターが自宅に
   届く。自分たちで出産病院へスキャン予約の電話連絡を入れ予約を確定する。


2  スキャン@プライベート病院(2008/03/02 妊娠9週目)
   NHSのスキャンは最低12週まで待たないといけないので、心音を確認したくて
   地域のプライベート病院でスキャンしてもらう。(実費支払い)
   ・その日の日記はこちら→初スキャン


3  個人的事情により出産病院を変更
   最初GPで紹介された(一応地域指定の)出産病院から自分が選んだ
   別の地域のNHS病院に変更。担当GPのお医者さんから再度、新しい
   出産病院に紹介状を書いてもらう必要があるためGPへ。
   ・その日の日記はこちら→病院変更


4 Midwifeとの対面@自宅にて(2008/03/18 妊娠11週目)
  ・Pregnancy Notes作成&インタビュー
  Midwifeから直接自宅に電話連絡が入り(10週頃)Midwife検診予約をとりつける。
  ただし、1回目の対面は自宅訪問。1回目の対面のときに母子手帳なる
  Pregnancy Notesをインタビューを受けながらMidwifeがこれを作成し、
  手渡される。これからは検診のときは必ずこれを持参する。
  ・その日の日記はこちら→Midwife自宅訪問

5 12週血液テスト・スキャン@出産病院(2008/04/08 妊娠14週目)
   NHSでは初めてのスキャン 
 スキャン通産:2回目  
 ※12週くらいで受けるはずの血液テスト・スキャン@病院は出産病院を
   変更したため、予約をあらためて取り直し。そのため予約が14週にずれこんだ。
   そして、12週で受ける血液検査と16週で受ける血液検査を同時に14週にして
   しまった。(というかされてしまった)
   14週に入っていれば16週に受ける血液検査もOKとのことだった。
   トリプルマーカーテストを希望していなかったことも、1回にまとめて血液検査
   できた理由のひとつ。

   
 ※私は受けなかったけれど(35歳までは任意。その後は強制と聞いてる)
    トリプルマーカーテスト(ダウン症の確率を調べる)
    を受けるのなら12週と16週の血液検査2回にわけて行われる模様。


  ※この時点で両親学級の申し込みをさせられる。(間際になって申し込みは
   混雑して予約がとれない可能性があるそう)


6  16週血液検査@病院はなし!
   上記の理由により、第2回目の16週血液検査なし。
   

7 20週スキャン@出産病院(2008/05/20 妊娠20週目)  
  14週時にスキャンをし、帰り際にはすで20週スキャンの予約が病院で
  入れられたので、約束日時に病院にいく。赤ちゃんが良く見えなかっため
  24週再スキャンの予約を入れられる。この時点で問題ない母子は、スキャン
  は終了。もうありません!
  スキャン通産:3回目


  14週の血液検査の結果→特に郵送されてくることもなく、20週目のスキャン時に
  Midwifeに検査結果を教えてくれるよう頼む。病院にて血液検査結果報告を受ける。
  ・その日の日記はこちら→20週スキャン  

8 24週スキャン@出産病院byイレギュラー対応(2008/06/13 妊娠24週目)
  前回赤ちゃんの位置がよくなかったので、再スキャン。性別がこの時にわかる。
  腎臓が標準より少し大きいと診断され、念のため専門医に診てもらう必要があるとの
  ことで、専門病院予約。
  スキャン通産:4回目

9 24週スキャン@専門病院byイレギュラー対応(2008/06/16 妊娠24週目)
  腎臓の件で検診に行ったと思ったら、障害がある可能性を突然示唆されて
  びっくり・凹む・泣く。(スキャンの結果可能性は低いとのこと・・・)
  腎臓は確かに標準より大きめなので、しばらく様子見。
  スキャン通産:5回目

10 24週Midwife健診@GP(2008/07/01 妊娠26週目)
   ※本来ならば24週健診なのだが、担当Midwifeが夏休みのため2週間ずれこむ。
   ・尿検査・子宮底長・心音確認・コンサルティング
   尿検査に使用するシリンダー事前に渡されていなかったので、当日病院で
   尿を摂取。ただでさえ頻尿のこの時期、出かける前にトイレをすませたので
   摂取できた尿の量がかなり少ない・・。しかも、このシリンダーは毎回
   同じものを洗って使う(苦笑)

11 28週血液検査@出産病院(2008/07/16 妊娠28週目)
   本来なら身体チェックもあるのか?私の場合は本当に血液採取だけ。
   結果は1週間以降GPの先生にも届くようになっているとのこと。
   GP確認でも、病院確認でもOKらしい・・・。

12 30週スキャン@出産病院byイレギュラー対応(2008/07/29 妊娠30週目)
   専門医が出産病院に出張健診。
   前回の腎臓肥大の件をチェック。相変わらず標準値よりも大きめとのこと。
   水腎症の疑い。何かあった時のために出産病院を専門医のいる総合病院に
   転院するよう伝えられる。さらにこの症状を追うために36週目に再スキャンの
   予約が入れられる。
   スキャン通産:6回目

13 32週Midwife健診@GP(2008/08/12 妊娠32週目)
   特に問題なし!と書きたいところだけれど、尿検査にて糖が+++が出てしまい
   出産病院にて、ブドウ糖負荷試験を受けるよう診察される。
   ベビの発育には今のところ(腎臓以外)問題なし。もう次はMidwife健診はしても
   しくてもよいという雰囲気だったので、とりあえず健診してもらうよう予約をとる。
   (普通は健診あるはずなのですが・・・なぜしなくてもよいというのかわからない・・)
   ・この日の日記はこちら→32週健診

14 ブドウ糖負荷試験@転院先出産病院(2008/08/15 妊娠33週目)  
   憂鬱ながらテストは受けてきました。この結果は問題があれば病院から連絡あり。
   問題なければ病院から連絡なし。
   ・その日の日記はこちら→ブドウ糖負荷テスト
   ・結果の日記はこちら→ブドウ糖負荷テストの結果


15 34週Midwife健診@自宅訪問(2008/08/26 妊娠34週目)
   2つの質問をMidwifeに投げかけ。予想外の対応に!?
   ・その日の日記はこちら→34週健診@自宅

16 36週スキャン@元の出産病院byイレギュラー対応(2008/09/09 妊娠36週目)
ベビの腎臓のその後をチェック。結果はやっぱり・・・という感じ。
  ・その日の日記はこちら→36週検診~水腎症のその後~
 

17 38週Midiwife健診@GP(2008/09/16 妊娠37週目)
   
    ※本来なら36週健診もあるのだが、病院で直接スキャンがあるため、Midwife
    訪問はしなてくよいとのこと。
    38週での予約をとるように言われたが実際、Midwifeが38週/39週はGPに
    いないことが判明。なんじゃそりゃぁ!ということで急遽37週で予約。
    ・その日の日記はこちら→37週健診@GP(問題発生)

18 39週Midwife健診@自宅(2008/10/01 妊娠39週目)
  Midwifeが我が家に来る予定だったのだが、約束を忘れる?もしくは私の聞き間違い
  いずれにしても、前日に彼女から連絡が入る。ちょうどおしるしがあったことを
  つげると、パイナップルを食べるように言われる。出産後また、訪問するといわれ
  この日の訪問はキャンセルに。

19 2008/10/4Midwife健診@自宅
退院した翌日にMidwifeがわが家に訪問。Babyと、私の健康状態チェック。
[PR]
by nachimama83 | 2008-09-17 22:18 | *妊娠・出産検診・手続き
通常、母子ともに問題なければもう36週でスキャンもないのだけれど
うちの場合は水腎症の疑いが強いので、誕生前もう一度最後のスキャン。

腎臓の発育状態をチェックするわけなので、スキャンでわが子との対面は
難しいだろうなぁと思っていたけど、はい、その通り。

映し出されるのは腎臓と、おなか周り、足の骨。

以上!(苦笑)

診察結果としては、
「It's not too bud」のみ・・・・・・・・・。
予約時間から1時間待たされて聞かされた担当医師の言葉はこれのみ。

この担当医師さん、バーミンガムでも有名?というか腕のいい?お医者さん
だそうだが、まぁ、いつも口数少ないというか・・・。何を考えているのか
ちょっと不明というか・・・。あなたのお仕事は説明することでしょう!と思う。
病状としては一番軽いもので、恐らく薬治療になるとは思うのだけれど
それも、私たちの想像のみ。結局生まれてきてからまた検査ね。



でもちょっとニヒルな感じで、どことなくフェロモンでて(いかん!わが子の
大事なスキャンでそんなこと思うなんて。隣には旦那もいるんだ!)
心を鬼にして、

「もうちょっと説明してよ!」
とくってかかりたいけど、その時間もなく、先生だけスキャン室から退出。

Midwife や 新人医師も彼のことを「He is mad」と形容するほど。
それでも、信頼はしている様子で、彼が何も言わない=大丈夫という雰囲気。

うーーついていけない。ちょっとでもニヒルな彼のフェロモン感じた私も罰当たり!

ということで、ベビたんが誕生してからの検査で、今後の治療内容が決められて
いきます。
[PR]
by nachimama83 | 2008-09-12 14:28 | *妊娠・出産検診・手続き