アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

2013年 02月 09日 ( 1 )

Nurseryでの大将の様子

ターム毎にNUrseryで子どもがどんな様子なのかを知らせてくれる、お知らせ会のようなものがあります。ここでは面談はなく、子どもたちの様子が詳細にファイルに記録されており、こんな働きがけをすると、大将が「●●」と言った。●●をしたなど、その様子がファイリングされています。先日はそのお知らせ会に参加してきました。時間にすれば30分間設けてありますが、実際は10分くらい、子どもと二人、イスに腰掛け、一緒にこのファイルを見て、その時の様子を聞いたり、本人が説明したり。そこに先生が巡廻しているので、質問があれば、直接先生に聞くという感じです。個人面談は入学当初の1回きりですが、現時点では私はあまり問題がありません。

基本的に大将が楽しく通っていれば、もうそれで90点なので、これまで先生方にどうして欲しいとかといった要求や、また相談は何もしてきませんでした。ただ、下記のように具体的に彼がNurseryで過ごしている様子が分かるのはやはり親としては嬉しいことです。

~~先生と話て初めて知ったこと~~

*英語のサウンドをクリスマス後から習い始めているようで、少しお友達の名前が読めるようになってきた。(家では全く何もしていません)
*数字の見積もりのことをまだ言われる。私としてはもう十分出来るようになってきたと思っていて、というより、ある程度は大事だけれど・・・・。次は10のかたまり、要は3と7 とか2と8とか 1と9というような
10の分解の理解提示された。
*毎日刺激があって、楽しそうに通っているということを伝えると、やはり先生方も大将に対して刺激を与えるのが大変と言っていた(苦笑)彼の興味を持つようなことをしてあげないと、やはりつまらなさそうというか、とにかく常に刺激を求めてますとも説明される。先生方が仕事中、それにくっついて回ることもしばしばで、彼に対しては、お仕事として、他の子を助ける役回りなども与えているよう・・・・。いずれにしても先生方の力によって、家では満たしきれない彼の知的好奇心だったり欲求を満たしてくれているのは、とてもありがたいなと。

自画像                            形を学ぶ
d0150199_220211.jpgd0150199_8331663.jpg

問題解決                           遠足時
d0150199_2211642.jpgd0150199_2214461.jpg

お絵かき                        コスプレデー
d0150199_2223392.jpgd0150199_63372.jpg

数に対して
d0150199_2285753.jpg

これは良く分からないのですが・・・先生自身も説明しにくいので、今度は写真入で説明しますとのことでした。旦那が見ても良く分からないらしい・・・。現時点ではもう少しさらに出来るようになっているとのこと。私の感覚としては、英語と日本語だと、日本語を使用しながらの数感覚のほうが高いと思う。でも、これでもそれほど心配しておらず。最終的には頭の中で、数感覚が高められ、見積もりだの、計算の答えが出ればいいと思っているので・・・・。ただ、この理解度は明らかに日本語で算数の問題をしているときよりかは低いなと。

ロールプレイ(BABY CLINICの先生役)
d0150199_2204393.jpg入学してから1ヶ月ほど経った時に、先生に別室に呼ばれ・・・・「つかぬことをお伺いしますが・・・・そんなことはないと思うのでですが・・・・大将君にお兄さんって亡くなられていますか?」と質問されたことがあります。まさに、このロールプレイをしていた時だと思うのですが、最初は作り話だと思っていた先生ですが、あまりにも信憑性のある話に・・・それも毎回その話が出てくるので、私に確かめたかったようで・・・。もちろん大将が第1子で、兄はおらず、大将が生まれてきてから、「死」に直面したことは未だなく、(日本に住んでいるひいばぁが他界しまいましたが、記憶にはあらず)この「死」ということを用いてロールプレイし続けたようです。昔から、イマジネーションに富んでいるということはpre school時代も指摘を受けたことなのですが、今回はさらに拍車がかかって、先生を信じ込ませてしまったんだなぁと(苦笑)架空のお話しが好きだったり、自分で物語が作るのが好きなようです。悪いほうには流れていってほしくないですね、狼少年のように・・・。でも、基本的には素晴らしいことだなぁと思ってます。
やはり、こういう力は相手の痛みだったり、相手の立場を慮る力につなげていって欲しいと思います。


以前、大将の第1言語は日本語として認定され、それを補うために、毎日無料でNurseryに通えるサポートを受けたとき、複雑な気持ちでしたが、今や、もう本当に良かった良かった、Nursery様様といったところです。
また月~水で学んだことを、木・金で復習できるため、彼の英語力向上にもなっているようで、(他の完全ネィティブちゃんに比べると・・・どうなんだろう・・・と思ってはいますが)Nurseryに助けてもらっています。
親としてはこのNurseryが1年で終わってしまうのが、本当に残念です。




来週はお父さん・叔父さん・おじいちゃんweekということで、ダディとNurseryで朝食、遠足に行く予定です。
[PR]
by nachimama83 | 2013-02-09 18:01