アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2010年 10月 17日 ( 2 )

☆pre school選び・決定☆

pre school関連の記事が続きますが・・・
何故、pre school行きを決定し、現在通わせているpre schoolに
したのか?その経緯を改めて記事にしたいと思います。

pre schoolに2歳ジャストから通わせたかった強い理由は
適切な場所・環境で大将のあふれ余るエネルギー、
エナジーを適切に消費させたかった

その思いに尽きます。

もうちょっと分かりやすく説明しますと、彼のありあまるエネルギーと大人も舌を巻く
好奇心は家の中では処理しきれない状態になっていました。
彼のエネルギーや興味を正しい方向に向かわせてあげることが必要と
感じたのです。それは家庭だけで出来ないのか?という問いもあるかと
思いますが、私も子育て中の母兼主婦ですので、彼が起きている間
14時間片時も目を離さず、そばにというのは不可能で・・・・
彼は彼で知能も体力もどんどん向上・・・・ママ一人では大将のお相手は
give up寸前。give upできないのが辛いですよね(苦笑)
彼のPOWERがありあまると、いたずらが想像もつかないほどの大事に
なったり、家の中を駆け回るだけでは気が済まず、non stopで私の頭を
よじ登るなどとにかくPOWERFULの一言に尽きます。
うちの母がskypeでその様子の映像を見ながら、家で面倒みると言っても、
ママの頭をよじ登ってればいいってわけではないわよねぇ~と一言。


私の周りで働いていないお母さんで2歳ジャストから通わせた方は
ほとんどいません。知っていて二人くらいかな。(child minderさんを除く)
多くの方が早くても2歳半、もしくはそれ以降に思います。

我が家はどう考えても、2歳スタートでなければ私も大将も
悪循環の中家で過ごすことが容易に想像でき、夫婦で即決一致の
2歳ジャストスタートということに致しました。

そのような中、ナーサリーを考えるにあたって、まずシティセンターの
図書館で私たちの住んでいる地域のナーサリーはじめpre school
トドラーグループなど、かなり多くの情報を入手、(インターネットでは
出てないところも多数)通園可能なところをpick upしました。
もっとも車で運転すればどこでも通わせられるのですが、
出来れば車なしの徒歩で行けるところが希望。



選択肢A;我が家から子どもと歩いても5分ほどの距離。
      近さが魅力的!しかも保育時間が長いというのもかなりお得な感じ!
      週1回からでの通園okだが慣れるためにみ、望ましいのは2日からとのこと。
      →電話問い合わせのみ、見学せず。

      午前保育;8:50-11:50 (£9)
    1日保育;8:50-15:00(£18)

※午後のみ保育があるかどうか問い合わせしてません。

選択肢B;車なら5分以内。徒歩なら大人で15分の距離。
      現在通わせているところです。何と言ってもお値段が魅力的!
      週何日からでも通園ok.
      (1歳の誕生日後にwating listに登録)
      →7月に見学

       午前保育;9:15-12:00(£6)
       1日保育;9:15-14:30(£11.5)

※午後のみ保育なし


選択肢C
;2歳半からOKというところがもう1件(ただし、3歳児優先入園で
      空きがあれば、2歳半でも通園ok。また最低週2日か通わすという条件あり)
      徒歩で10分ほどの距離。(1歳の誕生日後にwating listに登録)
      実際の保育時間中の見学をしたことはなく、play and stay
      (親子同伴のプレイグループ)時に建物と施設・おもちゃ等を拝見した際、
      親としてはここには通わせたくないと判断。
 
      午前保育9:30-12:00(£8)
      午後保育;12;30-15;00(£8)


選択肢D;学校併設のナーサリー→3歳から通園可能。



Aの存在はBのpre school見学後に知りました。夫婦でほぼBでokという決断を
くだしていました。なので、最終的にちゃんと見学したのはAのみ。

私たちの望みは大将が思いっきりエナジーを発散でき、楽しめることだったのですが
Aはその要望にほぼ答えてくれるであろう、見込みがありました。
というのも、いつもよくしただいている先輩ママさんがBを強くお勧めしてくれたからです。
彼女は二人のお子さんのママで二人ともBに通わせていました。上のお子さんに限って
Bに2歳から通わせ、3歳からは学校併設のナーサリーに通わせたそうです。
その結果、学校が始まるまでBで良いとの判断をされたそうです。そして、下のお子さん
の時もpreschool生活に慣れないお子さんをstaffのcareや見守る態度が非常に
素晴らしかったといって、ここのBを大絶賛されていました。我が家の大将の成長の様子
を見てBなら絶対楽しめるはずと自信を持ってお勧めしてくださり、人気なので、
行かせる行かせないは後でも判断できるから、とりあえずwating listに名前を載せる
だけはしておいたほうが良いと教えてくださったのです。その後押しは非常に心強いもの
でもありました。

ただいくら、良いと言われても、実際自分たちの目で見て確かめる必要はあるので
見学に行きました。場所は教会の一室を使用している状態なので、幼稚園・保育園専用
として建物が建てられているわけではありませんが、20人前後が遊ぶには十分な
スペースがありました。また見学当日、遊んでいる子どもたちの雰囲気(態度や服装など
までチェック)先生の対応の仕方など見ていて、自然体が気に入りました。
また白人の方が多く住むエリアながら、ここに通っている子どもたちの人種はほどよく
mixされており、それも心地よさを感じました。
※残念ながらイギリスでは住んでいる地域によって、生活格差があり、それは
残念ながら人間の質(レベル)とでも言うのでしょうぁか・・・基本的な人間を作るベースの部分で
はっきりと差がでてしまうのです。普通ならいいのです、普通なら。小学校とは異なり
住んでいる地域に関係なく通園できるのがナーサリーなので、一応そういうところも
最低限意識しました。


また見学している際、大将がすっーと園児や先生に混じって遊んだ姿も、私たち夫婦に
ここで良いと判断させた理由です。先輩ママさんがお勧めしていた理由が分かったような
気もしました。
(でも実際通わせ出したら、尚のこと、先輩ママさんが言っていた意味が分かりました)


安全が確保され、子どもの可能性を信じているstaffのもと子どもが心から
楽しめる場所、それを見つけた感じがしました。

あとは費用!これも大きいですね。どこよりも安い。見学した結果、このクオリティーで
このお値段はかなりお得と思いました。
ここは、支払い方もその家庭それぞれでよいので、かなりFlexibilに対応してくれます。
我が家は1週間分の保育料を1週間の終わり(金曜日)に小切手、もしくは現金で
お支払いしてます。例えば、子どもの体調不良など、pre schoolをお休みした際は
その分はお支払いしなくてもokとのこと。また、我が家のように1年に数回、アイルランド
もしくは日本などの里帰りで長期お休みする場合は、保育料なしで籍をおいておくことが
出来ます。けして、お金に余裕がある我が家ではないので、この柔軟な!?
対応も非常にありがたいのです。逆に今日はお昼以降もお預けしたいということで
あれば追加金を支払えばokとのこと。素敵です(笑)


早期幼児教育に興味ある私ですが、その点に関してはあまり重要視しませんでした。
不思議に思われる方も多いかと思いますが、しつこいようですが、第1の目的は
大将が適正な場所で、適正な方向に向かって最大限エナジーを発散できることです。

もちろん、そういった教育的な刺激があればあれで良いですが、2歳スタートですし
そういうった関係はまだまだ家が基本という思いがあったので、あまり重要視
しませんでした。

た・だ 現在通っているpre schoolにはインプットタイムというのがあり
数のカウントや、アルファベットの読み方、日付や曜日等子どもが学んで
いくようです。我が家では英語関係に関しては私はノータッチですし、もり男も
平日は仕事、そこまでインプットが出来るわけではないので、ありがたいなと
思います。このお値段でここまでしていだけるのはありがたいなと。
ただ、このインプットタイムに強制力はなく、どうしても参加したくない子どもは
他のところで遊んでいたりしますが、それもokとされています。

学校併設のナーサリーだと、時間的にすることがきっちり決まっており
また、その集団行動についていけないと、注意されるなど度々耳にしますが
大将が通っているところは、学校併設のナーサリーではありませんし、
集団行動を厳守!というようなほど厳しくありません。2歳スタートなので
そういうとこともありがたいです。(もちろん、グループ活動等決められて
いる時間はあります)

ただ、やはり少し目をつぶる部分はあります。
①教会の一室の利用なので、外で遊べるスペースはなし。
(その代わり目の前が大きな公園なので、時々お散歩はあるようです)
②なんとofstedの評価はsaticfactoryで4段階評価の内下から2番目。
でもこの評価も何を基準にしているかはあまり分かりません。私が通わせたくない
選択Cは評価はGood上から2番目です。でも、私は雰囲気的に絶対に行かせたくないのです。
(古いのはよいのですが、教室が半地下で薄暗い、おもちゃ等大切に子どもたちが
管理している雰囲気がない・・・外のスペースはない+内側のスペースも狭い等)
なのでofstedの評価はあくまで参考程度にとどめております。

通わせて2週目ですが、思った以上にstaffの対応のよさや遊ぶ環境が
工夫されていて、本当にこちらに通わせてよかったなと感じています。
pre schoolからしつけ等もされてくるようで、挨拶や食べ方などにも変化が
出てきています。


最初の時点で80%納得した状態で通園が始まり現時点では90%の
満足度です。この満足%がさらにあがるか、逆に下がるかはこれからの大将の
様子次第といったところです。

ただ、ここだけということではなく、2歳半・3歳になるとさらに通えるナーサリー
preschoolの選択肢は増えるので、もしかしたら、転校することもありえます。
そこらへんはそこれそflexibileに考えています。
例えば新しい家族が増えたら、家の近くで完全に徒歩で行ける距離で
保育時間が長い選択肢Aが魅力的かもしれません。

また、そういった生活環境に変化があり、現在のpre schoolに通うことが
厳しくなったら考えようと思っております。

まずは今は何より、大将が心からpre schoolを楽しめるようになること、
それが先決です。
親の役目は子どもになるべくあった(楽しめて学べるなら尚良し)
場所を探してあげることなんだと感じています。今のpre schoolが
大将にとって、本当に良い場所になるかどうか、なるとほぼ確信はして
おりますが様子見です。


といいながら・・・今日ローカルのママさんと話をしていて、そろそろ
学校のことも考えていかないと・・・という思いもあります。
(日本とは通うシステムが異なるので、色々な意味で早くから動く必要が
あるのです・・・これは、またいつか記事にしたいと思います)
[PR]
by nachimama83 | 2010-10-17 06:13 | *保育園・学校関係
pre school 2週目が終わりました。
1週目は本当に、感情的になっていた自分がちょっと恥ずかしいですが
あくまでも、これは親子の成長記録なので、あえてその時の日記も
残しておこうと思います。

d0150199_2573733.jpg(写真大将がpre schoolで作成してきたもの)2週目ははっきりとpre schoolがどんなところかが分かり、「明日 幼稚園に行く?」と聞くと即答で「NO!」と返事が返ってきました。これはいかん!と思って、あえて聞かないようにしていたのですが、
突然大将が
「DING DONG お兄ちゃん(pre schoolのことです) 行く?」と
私に聞いてきました。母と離れるのは寂しいけれど、やはり行けば行くで刺激があるようです。

毎回、朝のお別れと、お迎えは大将は恒例の涙のお別れに涙の再会ですが
泣き方も以前とは異なり、すすり泣きのようになり、弱まってきた感じがします。


火曜日の様子(通産4日目)
朝;pre schoolに向かう道中、かなり緊張している様子で、寝ているのか?
というほど無口で(今までこんなことはなかった!)pre schoolに到着。
部屋に入る足取りは重いものの、嫌だ!といって入り口付近でじたばたはしない。
大将の名札を探し一緒にポストへ投函(これが出席記録となります)
その後、スー先生に引渡し「ママ~」という泣き声とともに一時お別れ。

お迎え;お迎えの時間2分くらい遅刻してしまったママ。早くもこんな風になって
しまう自分を反省。わが子の泣き声は聞こえず。でも、やはりママを待つ最後の
一人となっていた。私の顔を見るなら「ママー」という泣きべそをかくものの、涙も
出てなきゃりあ5秒でそれも終了。スー先生から「今日は一郎さんの牧場で~♪
(英語版)の歌を彼は楽しんでました」と報告され、牛・豚・犬・あひる・猫の人形
を見せられそれぞれ、英語でひとつずつ名前を誇らしげに答える大将。なんと
も頼もしい。そして、歌を歌い終わったらその中の好きな動物を書いたらしく、
大将はあひるの絵を書いた模様。

帰り際、「今日は何して遊んだの?」と聞くと「しゃんしゃん(歌を歌う)イーアイ
イーイアイオー」と答えてくれました。この歌は以前から好きで、この日はこの歌ばかり
私は歌わされるはめとなる。

でも、なんとなくpre schoolで楽しんでいた様子が伝わった1日。

木曜日の様子(通産5日目)

朝;この日の朝はpre schoolに向かう最中、少し話しをしていたけれど
やはり緊張している面持ち。そりゃぁまだ2週目だもの。しょうがないよね。
部屋に入ると今日はお砂場遊び(イギリスではこうして室内でお砂場遊びもあります)が
用意されていて、ちょっと砂場が気になる大将。自分の名札をポストに入れるも
やはり涙・・・。砂場も気になるけれど、やはり「ママ~」スー先生に引き渡す。

お迎え;通常運動不足解消のために往復ともに徒歩だけれど、今日は用事があるため
バスでpre schoolにお迎え。通常のお迎え時間15分前に到着。待合室で待つと
突然、大将の泣き声が。ただ、ママーというものではなく、ヒステリックに叫んでいる
のが分かる。家でもこれまで聞いたことのないような、激しい怒りを含んだ泣き方で
じたんだ踏んでいるのが分かる。あまりにもひどい泣き方で、早くお迎えに来たことを
逆に今日は悔いる。遅れるのもいけないけれど、わが子のこのような泣き叫びは
聞きたくなかった。何か、彼が納得できないことがpre school内で起こっているのは
確かだった。すぐにその理由が判明。ママがいないpre schoolでは唯一頼りにしている
スー先生が大将を他の先生に託し、他の子どもたちの手を引いて、トイレの引率で
室外に出なければならない事態に、離れ離れにされるのが大将的には嫌だったらしく、
かなりヒステリックに叫んでいた模様。

お迎えの時間になり扉が開くと、ヒステリックを起して少々疲れきった大将の姿が。
ただ、スー先生の報告によれば、今日もそれなりに過ごしていた様子。
ただ、スナック時間は断固、ハンガーストライキを起こして、トーストもMILKも
大好物のはずのレーズンにも手を出さないとのこと。家から、大将のボトルに
MILKなど彼の好きなドリンクを持ってきてくださいとの指示あり。

(この日はこの後、そのまま、友人宅に行き、同年代の子どもたちと遊び
興奮し、最後は自分の大好きなお兄ちゃんにも会えたことで、とにかく始終HAPPY。
昼寝することなく、18;45まで起きており、大将人生初!昼寝なしの1日となる。)

金曜日の様子(通産6日目)
朝;この日の朝はpre schoolに向かう途中、大好きなBUSや
TRUCKを見て何度も叫んでいたので、ちょっと元気。pre schoolに
向かっていることはわかっていたようで、ちょうどpre schoolに到着
するときに自ら建物を指して「ここ!」と言ったことに驚く。
部屋に入り、毎度のことながら、自分の名札をポストに投函。すでに涙。
スー先生に引き渡そうかなと思っていると、いつもはもう少し大きい子担当の
Jane先生が大将の手を引いて、遊びに参加させる感じ。
昨日のことがあって、少しスー先生以外の人にも慣れさせたほうがよい?という
判断だったのかな・・・と思ったり。

お迎え;お迎え時間ジャストくらいに到着するも、今日はpre school側が
時間を押している様子でなかなか扉が開かず。ただ、大将の泣き声も聞こえず。
最後の最後にDOORが開く瞬間、「ママ~」という大将の声が。
今日はなんとお散歩に連れていってもらったらしく、ご機嫌そうな大将の様子。
すかさず、スー先生が「今日は11時くらいからバギーに乗せて外に散歩
出かけたのだけれど、大将君、ものすごくおしゃべりしてましたよ~」
との報告。この日も午後から用事があり、駐車場まで歩くも、大将が
お店を指さしながら、「shop open」お花屋さんの花々を
「flower!flower!」と喜んで指差している姿を見て、恐らく、お散歩のときに
先生がしてくれたことを自分で真似ているんだろうなと思ったり。
Good moodで2週目終了。

~~2週目が終了して~~

d0150199_25333100.jpg(写真;pre schoolで作成した帽子で楽しみ大将)たった2週間、計6回の通園にも関わらず、大将の変化成長は驚くほどで自分のことは自分でしてみようという気持ちも強くなったように思います。そして、言葉、英語のほうは間違いなくインプットされ、スポンジのように吸収してきます。




私のほうはといいます・・・大将がいない2時間半、とにかく家事や雑用を休む暇
なくこなすので、確かに集中してことは進むのですが、逆に大将と一緒の時よりも
働き過ぎて疲れてしまい、この2週間はバテバテでした(笑)まだペースがつかめて
おりません。これも、もう少しすれば落ち着いてくると思うものの・・・・ゆったりとソファー
に座ってコーヒーなんて時間がもったいない?つくづく貧乏性だなぁって思います。

一つ確実にいいことがありました!昨年車を購入して以来、めっきり歩き移動が減った
私は塵も積もればで・・・1年で2kg増えてしまいました。出産前からの体重では+3kg
食事制限や食べ方・食べ合わせを工夫しても全く落ちなかった体重がこの2週間の
送り迎えで1kg減!これはありがたいです。往復30分×送り迎えの2回で約60分を
週3回ということで、結構効き目があるようです。というより、それだけ運動不足なんで
すよねぇ。もう1kgくらい落ちてくれないかなぁと期待してます。


3週目に続きます・・・・
[PR]
by nachimama83 | 2010-10-17 03:05 | *保育園・学校関係