アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

2008年 02月 29日 ( 2 )

病院変更

とある個人的な事情により出産する病院を変更することになりました。

以前紹介されたBirmingham Womens Hospitalといえば、人気で
しかも、出生数もダントツ一位の病院です。病院の評価は地元では
悪くありません。


今回の理由は個人的なことなので、詳細については書き込めませんが
けして、最初に紹介された病院側に不満があるからということではありません。
通えるものなら、通いたいのです。もし、もし2人目妊娠時にまだこちらの
住んでいる場合は、個人的事情が解消されていれば、
Birmingham Womens Hospitalで出産したいと思います。


ロンドンでは・・・・紹介された病院が気に食わない場合はやはり、
行きたい先の病院が受け入れてくれるのであれば、変更できるという多くの
例を聞いたことがあります。やはり、皆さん人気の産婦人科に通いたいですもんね。

バーミンガムの場合はロンドンのように、病院がいくつもあるわけではなく
その地域に一つという感じで、よっぽどのことがない限り、紹介された病院に
みな自動的に通うのではないかな・・・・?と病院数を見ると思います。

それにも関わらず、変更をしたのは、すごいことだなぁと思いました。

変更するには、もう一度GPで新しい病院への紹介状を主治医に書いてもらわないと
いけません。(事前に新しい病院にも、変更したい旨を伝えてはあるものの、
紹介状がないと、何も始まらないとのこと)

先日、GPに再度出向き、主治医に変更したい旨を伝えなんとか紹介状を書いて
もらいました。個人的理由だけで詳しく変更理由を話す必要義務はないのですが
やはり、主治医も、ミッドワイフも変更する患者は初めてのようだったので
理由を詳しく聞こうとしてきました。

「個人的理由」

ということだけをもう一度伝えると、それ以降は特に質問はありませんでした。


現段階では新しい病院に、私のデータが届き、予約受付できる体制になるのを
待っています。
[PR]
by nachimama83 | 2008-02-29 02:25 | 妊娠2ヶ月・3ヶ月

友人より

姉から(といっても血のちながりはないけど、親族のように思っている)荷物が
届いた。未だ、両親以外に妊娠報告をしていない私にとっては、唯一最近
出産した、先輩ママである。

そんな彼女が日本から送ってくれた数々。

つわりがひどくてキッチンに立てない日はもり男にこのレトルト食品で
自炊してもらおう!

ロンドンに住んでいた頃は、ちょっとセンターにでてこうした
レトルト食品もちょちょいと購入できていたけど、今は勝手が異なるもんね。

非常にありがたい!

しかも!!!

こちらの日本食材ではちょっと手に入らないような、こじゃれた!?
レトルトの数々、そして日本のお菓子に癒されます。
d0150199_2124820.jpg


そして私の体と、心を想い送ってくれたこちらにも涙がでます。
本とノンカフェインのコーヒーに妊婦さんようのハーブティ!
d0150199_2134065.jpg


こちらの人形は会津のものだそうで、起き上がり小師といって、家族の人数+1で
飾っておくものだそうです。うちはもり男と私の二人だから3つでいいのに・・・
なんて考えていたら、姉ちゃんはベビたんの分までちゃんとカウントしてくれていたのです。またまた泣けてきます・・・。
d0150199_2182461.jpg


おなかのところで調整できるタイツ。
d0150199_2192580.jpg


とにかく、数々の心温まる品々を見ては涙が止まらない私です。
出産を経験している人はこうやって、色々なことがわかるんだなぁと思いました。

海外で妊娠・出産と自分で決めたことだけど、やっぱり不安はつきもので・・。
そういう時の姉ちゃんからの差し入れ、私に勇気を与えてくれたよ!!

頑張ります!
[PR]
by nachimama83 | 2008-02-29 02:02 | *妊婦・ママグッズ・情報