アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

子連れ フライト 3歳ジャスト + 生後2ヶ月強 同伴なしバージョン!

d0150199_2095273.jpg


いやぁ~よくぞ頑張りましたと。今回の里帰りはもともと、計画していたものではなくて
(両親が来英する予定だったのです)急遽、里帰りを勢いで決めてしまいました。
子ども二人を一人で日本まで連れて帰れるのか?という疑問を持つ前に、チケット
購入ボタンをポチンとした私。今回ももり男同伴なしのため、ロンドンヒースローから
の成田への直行便を選びました。

行き ヒースロー発 13;45 成田着     翌日09;30
帰り 成田発     11;30 ヒースロー着 同日15;55

実際、ヒースロー空港に到着し、もり男と別れる間際に始めて、今回の里帰り・・・
ちょっと無謀だったかも・・・どうしよう・・・・と後悔しても時すでに遅し・・・。
国際結婚していると、旦那なしで子ども二人連れて
もしくは頑張る方は3人連れての里帰りも珍しくはないし、もう行くしかないのじゃ!
と気合いで飛行機に乗り、またまたこちらに戻ってきた次第です。

今回は大将がちょうどトイレトレーニングの真っ最中ということもあって、そういう
意味では気が気じゃなかったのですが・・・。結果的には飛行場でも飛行機内でも
お漏らし等は一切ありませんでした。

もう一つの心配事としては、里帰り前に、またしても、私と大将が風邪。
大将に限っては喘息まで出てしまって・・・。なんとか、GPで吸引器を
GETして、飛行機に乗り込みました。

今回特に事前から準備したのは、大将への呼びかけ?をいくつしました。
①大前提としてフライトにはダディがいないから、ママのことを助けてくれないと
親子3人では日本に到着できないこと。
②特にヒースローの長い通路も抱っこと言わないで歩く。飛行機が到着して
眠たくても(時差のため日本到着もイギリス到着も彼にとっては深夜となるため)
抱っこと言わず、ダダをこねず、ちゃんと起きて歩くこと。
③トイレトレーニング中なので、トイレに行こうとママに言われたら必ず行くこと。
また、自分がトレイに行きたくなったら教えること。

事前にこれらのことを話して聞かせていたのは、とても有効的だったと思います。

それでも、物理的に、一人の大人で二人の子どもの面倒を見るというのは
狭い機内の中では結構大変。方や「おっぱい~」と泣くので授乳を始めると
「おしっこーー」とトイレコール。そうする間にmealが運ばれてきて・・・
寝かしつけて~ととにかく、12時間の中でこなす行事が多いこと、多いこと(笑)

覚えているかぎりで・・・・

大将の持ち物
・お絵かき帳&お絵かきペン
・お菓子
・ポータブルDVD
・トイトレ専用のナッピー
・万が一の時のためのズボンの着替え
・カルポール
・風邪薬

↑結局、お菓子以外は往復ともに出番がほとんどありませんでした。
大将は基本的に機内を歩きまわることもなく、通常通り、座席について
いるリモコンで遊び、機内で見れるアニメ等でほぼ時間をつぶしていました。

太陽の持ち物
・ナッピー(通常1日で使うプラス4枚)
・取替え用のbib 数枚
・タオル 数枚
・哺乳瓶 + MILK パック 1つ
・はおりもの
・ドーナッツ枕
・ブランケット

↑完全母乳のため、哺乳瓶もMILKも必要なかったものの、念のために持参。


今回お世話になったの航空会社はVirginさん。私の周りで評価は結構高いのですが、
私にとってはどうしてもなじめないところが多くて・・・。そりゃぁお金があったら日系で
帰りたいわぁ~というより、ANAさんにお世話になりたい!!でも、現実は・・・。
(もり男がいる場合はエールフランスもしくはKLMでバーミンガム空港から帰ることが多い)



今回はと言うと・・・。以前友人が大絶賛していた、男性のキャビンアテンダントが
乗っていました!!!あーー絶対この人だ!ってすぐ分かるほど、飛行機に乗るや
否や、すぐに声をかけてくださり、困ったことがあれば声をかけてくださいとのこと。
ただ、実際、私のシートの直接の担当ではなく、お世話になることは一度もなかった(涙)
私の座席担当のCAさんはブラック系の女性。可もなく不可もなくという感じで
ただ、ありがちで、こちらからお願いしなければ、絶対サービスは受けられないという
もの。

ただ、良い意味でびっくりしたことが二つほど。

① 13;45出発便で、GATEに着いたのが12時半過ぎ?12時45分?だったと思う
のだけれどGATEに着くや否や、名前呼ばれて、もう飛行機の中に通すことが出来る
ので準備が出来たらお通ししますと、今まで子連れでは最短の飛行機搭乗待ち時間。
と言うより、GATEに着いたらすぐ搭乗という感じ。待合い座席に荷物をどかっと下ろし、
大将のお菓子を取り出そうとしていたので、また荷物をまとめるのに慌てた私。
色々な規則で飛行機をつなぐトンネル?みたいな中までは荷物は持てないけれど、
その手前までは荷物まで持ってくれた。
(※子連れアテンダントサービスのようなものは、全くお願いしていませんでしたが)
前回大将と二人で乗った時はこんなサービスはなしでした。


② さらに驚いたのが、なんと、チーフみたいな方?キャビンアテンダントさんの中でも
恐らくリーダー的な方が、たまたま日本人女性の方だったのですが、ご丁寧の
座席までご挨拶に来てくれて、さらには小さい子どもがいるためか?2リットルのミネラル
ウォーターに、紙コップ、さらにはティッシュ箱までくださった!!
こんな対応は今まで受けたことないのだけれど、これって皆さんは普通なの!?!?!?

じゃぁ今回でVirginの株が上がった!?かというと・・・・


残念!!!!!

やっぱり無理ですから~こんな↓バシネットじゃぁ~~!
って昔、なんとか侍っていうお笑い芸人いましたよね・・・・そんなことはどうでもいいか。


とにかくこのタイプのものは使いにくかった!!次回はもう絶対これは乗らない!
って怒り狂ってましたが、我が家の怪獣姫はこの生後3ヶ月にして7kgありまして
このバシネット使用できるのは10kg未満の子どもなので、次は使いたいと言っても
向こうから拒否されるとのこと(苦笑)
d0150199_19563853.jpgd0150199_19565478.jpg

このバシネット、傾斜はフラットか、この角度かという2つしか選べず。
しかも傾斜を変更する際はなんと、頼んで変えてもらわないといけない。
しかも、バシネットに入れるときはベルトを必ず装着なんだけれど、寝付いた子どもを
バシネットになんとか入れてから、さらにベルトつけるのは至難の技。このベルトが
大変であたふたしている間に、子どもを起きます、必ず。
また、子どもの体のサイズと、枕というの?このヘッドレスト?の位置等がうまく
設定できないし、体は太陽が心地よく眠れるサイズの深さではないようで、
ようやく寝付いた太陽をこのバシネットに入れると、気持ち悪くて起きてしまう始末・・・。
見かけは皮製で、なんかリッチな感じだけれど、まぁ、本当に本当に使いにくかった(涙)
これも我が家だけなんだろうか?行きのフライトはなんとか、機内で配られる枕を太陽のお尻の下の入れ込むことで太陽が納得いく、フィット感と傾斜を作れたので、最終的にはバシネットで寝てくれたのだけれど帰りのフライトでは、体もやはり成長しているためか、行きと同じように枕を入れ込んでも何か違うらしく、12時間中、1回も1回たりともバシネットでは寝てくれませんでした。。。。




d0150199_1956233.jpg←私はこんな感じのただの箱型バシネットだと思っていたので、この中でうまく傾斜を作ろうと思って、ブランケットやミニ枕まで持参してきたわけですが、言うまでもなく必要がなかった・・・。大将は2歳になるまでの間に3回バシネットを使用したけれど、いずれも箱型タイプ。私は絶対こちらが良い派!!


結局・・・のところ・・・
d0150199_1949020.jpgd0150199_684096.jpg

帰りのフライトは空いていたので、横1列4席を私たち親子で使用させていただけました
(これが救いでした・・・)
それでもアームレストのバーが一番前の座席は上にあがらないため、こんな感じで
抱っこしたり、時々一人で座らせたりして、12時間しのぎました。座席がもらえなかったら
帰りのフライトはさらに死亡していたでしょう、私。

そして、何より最悪だったのが、帰りのフライトのトイレの故障!!
私たちの座席の目の前横がトイレだったのだけれど、そこのトイレが一番広くて
ナッピーチェンジできるシートも広いのに、そこが故障中とは・・・・(涙)
もう一つの横のトイレもナッピーチェンジできるシートはついているのだけれど
狭いったらありゃしない。親子3人で入るのはもう大変。でも、何度か入ったけどさ・・・・。
大人ならば後ろのトイレも使用できるのだけれど、ナッピーチェンジするとなると
唯一そこの、狭いトイレ一つだけだから、トイレが混みあう食後に、太陽がう●ちなんか
しちゃうと最悪・・・・。そういうえば、行きは事前にインターネットでchild mealを
お願いしていたけれど、なぜかそのリクエストも通っていなかった・・・。
(帰りはインターネット+電話連絡で確認しましたよ・・・)



d0150199_19491387.jpgとにかく、行きはよいよい、帰りは怖い~というフライトでした。でも、機内での子どもたちはとにかく、いい子にしていてくれましたし、大将が随分と助けてくれることもあったり、一人でシートで待っていてくれたりとお兄ちゃんにもなったので、そういう意味では、子どもたちに助けられたフライトでした。じゃぁまた二人の子ども連れて、日本に3人で帰る~?と聞かれたら、しばらくはもういいかな。恐らくまた忘れた頃に里帰りしたくなるのでしょう、いつもみたいに。

そうそう、今回初めてですよ、機内でお酒飲まなかったのは!!!(えっ!あなた授乳中でしょ!当たり前!という突っ込みは無視です・・・)アルコールなんか摂取しちゃったら、絶対寝てしまう自信があったので。飲まなくても今回うとうとすること2回、大将に「ママ~~」と起されました。




いずれにせよ、こうしてイギリスに戻ってこれたのですから、良しとしましょう。
次の里帰りは太陽が1歳すぎてよちよち歩くようになっているので、一番
問題だなぁ・・・。どうしましょうかねぇ~
[PR]
by nachimama83 | 2011-11-24 06:58 | *子連れ フライト