アイリッシュと国際結婚。イギリスバーミンガムでの出産・育児を記録していきたいと思います。6歳男児と3歳女児を育児中!


by nachimama83
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イギリス 乳腺炎物語・・・ その後

乳腺炎の続き・・・・


土曜日・・・金曜日の夜からなんとなく、胸の痛みにちく・ちく・ちくというものが
       増えてきた気が・・・・。乳腺が通ってきたということなのか。
       朝になると、なんとなく、張る痛みは軽減してきて、頭痛も消えて
       いるけれど、胸の赤みはそのまま残っており、しこりもかなり大きく
       残る。このまま、あと二日抗生物質が終了してしまうのは、あまりにも
       怖くWALK IN(予約なしでも当日診てくれる診療所)のGPへと行って
       セカンドオピニオンを仰ぐ。
       そこのDr,曰く、私の飲んでいる抗生物質はとても良いもので、胸の赤みは
       残っているものの、炎症自体は治まってきており、もう数日経てばもっと
       良くなるはずとのこと、よって、膿みを抽出する必要もなしとのこと。
       しこりは今後、赤ちゃんの授乳することで小さくしていきなさいとのこと。
       念のため、さらに3日分の抗生物質を処方してもらい、それでも、悪くなるよう
       だったら、抗生物質を変更しましょうとの指示。

       確かにこの日から、体が随分と楽になり、昨日まであった頭痛がなくなり
       熱も完全に下がり、胸の痛みがかなり落ち着いてきた。
       この日から、太陽は異様なほどおっぱいをたくさん飲みたがった。おいしく
       なったのだろうか?

日曜日・・・最初に処方された抗生物質服用最後の日。実は金曜日あたりから、
       太陽の様子がおかしく、
       便の出方が悪く、おなかがはってむずがり、通常よりも大きな声でとにかく
       泣くことが多くなった。もり男が抱っこしても泣き止まず、私以外の人間しか
       駄目で、とにかく夜も抱っこでなければ寝てくれず、とにかく様子がおかしく
       なった。インターネットで調べてみると、同じ抗生物質を服用しているママも
       同じ悩みを抱えているようで、やはり薬の影響らしい。やはり、影響が出て
       しまった・・・。

       おっぱいの痛みは随分とよくなり、大きな塊だったしこりが、細分化?され
       5~6個の小さなしこりとなる。赤みもかなり薄くなっている。
       太陽の様子を見ていると、もうこれ以上抗生物質を服用するのは可愛そう
       最初に処方された5日分が終わったら、飲み続けるのはやめようと思う。
       これからはしこりとの戦いのようだ・・・。
       とにかく、峠は越えたことは確か。でも、再発したくないよ・・・。

月曜日・・・今日からは薬なしでとにかく、太陽におっぱいを飲んでもらってしこりを
       小さく、なくしていきたい。昨晩で抗生物質も終了し、薬の混じっていない
       おっぱいをおいしそうに飲む太陽を久々に見た気が。そして、何より昨日
       までは太陽がかなりイライラして、気が立っているように見えたが、
       今日はいつもの太陽に戻り、リラックスしながらごくごくとおっぱいを
       吸っているように感じる。
       私のおっぱい状態は痛みはないものの、しこりはしっかり残っているので
       いつまた再発してもおかしくない感じ・・・・。痛みがひいたのは本当に
       ありがたいけれど再発の恐怖と戦いながらの生活が続きそう。
       

乳腺炎発症から1週間、本当に辛かったけれど、とりあえず、沈静化した模様です・・・。
もう二度と患いたくないものです。一旦これにて、リポート終了いたします。
[PR]
by nachimama83 | 2011-08-09 04:55 | 二人目ちゃん妊娠・出産